悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

【Pardot】オートメーションルールの使用法&使用例

【Pardot】オートメーションルールの使用法&使用例

日々の煩雑な業務や案件の成約までを自動化する便利な仕組み「マーケティングオートメーション(MA)」。今回は、MAツールの中でも大人気のPardotの機能「オートメーションルール」について解説します。

まだPardotやMAに馴染みが薄い方は、ぜひ下記の記事をご覧ください。
MAの概要からPardotでできることなど、基礎的な内容をご紹介しています。

Salesforce Pardotとは?マーケティングオートメーションツールの決定版

オートメーションルールとは?

オートメーションルールとは、Pardotでの自動化を実現する際に用いられるツールの一つです。
Pardotで利用できる自動化ツールには主に下記の4つが挙げられます。

  • オートメーションルール
  • ダイナミックリスト
  • 完了アクション
  • セグメンテーションルール

オートメーションルールでは、指定した条件に基づいて自動的にプロスペクトを抽出し、様々なアクションを実行することができます。ちなみにアクションの種類には以下のようなものがあります。

  • リスト・タグ・Salesforceキャンペーンの追加/削除
  • プロスペクト項目値・割り当てユーザー・スコア・プロファイルの変更
  • メールの送信

また、オートメーションルールには下記のような特徴があります。

  • ルールの条件に一致するプロスペクトを継続的に抽出する
  • リストに追加するだけでなく、各種アクションも実行可能
  • 条件に一度だけ一致したプロスペクトにのみ適用される
  • 過去にさかのぼって適用される

このように、オートメーションルールは過去にさかのぼって大枠でアクションを実行する、大変強力なルールです。抜け漏れなく一斉にアクションを適用させたい場合などにピッタリの機能でしょう。

オートメーションルールの作成方法

オートメションルールを作成するには、以下のようなステップ進めていきます。

Step1.

ダッシュボードの左カラムから、[マーケティング]>[オートメーション]>[オートメーションルール]を選択します。

automationrule

または、Lightningアプリケーションの[Pardot設定]のタブを選択したのち、[オートメーション設定]>[オートメーションルール]でも作成画面に遷移することができます。

Step2.

遷移先の画面から[+オートメーションルールを追加]を選択しましょう。

Step3.

オートメーションルールを作成する画面に変わるので、ページの内容に従って作成するルールに関する情報を入力していきましょう。
記入する内容は、

  • 作成するオートメーションルールの名前
  • フォルダの選択
  • 作成するオートメションルールの説明
  • タグの追加

などがあります。
ルールの一致項目やアクションの追加は、画面下部の[+新しいルールを追加][+新しいグループを追加][+新しいアクションを追加]などから設定してください。

また、[ルールの繰り返し]のチェックボックスからはプロスペクトにルールを照合する回数を制御することができます。
[ルール]からは、[すべて一致][いずれか一致]のチェックボタンが選べますが、この二つの条件には下記のような違いがあります。

  • すべて一致…すべての条件を満たしたプロスペクトが一致
  • いずれか一致…少なくとも一つのルールを満たしたプロスペクトが一致

Step4.

すべての項目を記入したら[オートメーションルールを作成]をクリックして作成完です。

作成したオートメーションルールは編集することも可能です。
まずは適用する前にプレビュー機能を使って、アクションが発動するか確認してみましょう。

オートメーションルールに関するQ&A

Pardotを導入し、オートメーションルールの設定を思い立ったものの「使ってみると以外に分からないことが…」とお悩みの方も多いでしょう。
今回はそんな、Pardotのオートメーションルールに関するQ&Aをまとめました。ぜひご参考ください。

Q1. [リアルタイムで実行]って何?設定した方がいいの?

A.この設定をすると、作成したオートメーションルールがリアルタイムで反映されるようになります。
ただし、この機能を用いるとフォームやランディングページの読み込みに遅延が発生する場合があるため、基本的には設定をしないことをおすすめします。

Q2.オートメーションルールが適用されない…原因はなに?

A.オートメーションルールが適用されない場合、下記のような項目を改めてチェックしてみましょう。

  • ルールが最後まで実行されたことはあるか?
  • すでにオートメーションルール適用済じゃないか?
  • 同一のメールアドレスを持つプロスペクトを照合していないか?
  • フォームの状況にあった適切な設定がなされているか?
  • プロスペクトが作成した条件を全て満たしているか?

ほとんどの場合、上記5項目を確認すれば原因が分かるはずです。
それぞれの項目に関する詳しい内容は下記を参考にしてみてください。

これまでに、ルールが最後まで実行されたことがあるか?

すべてのオートメーションルールは常に実行されており、更新されたプロスペクトを探し、できる限り速く照合しようとします。また、アカウントが初めて作られたときや更新されたときに、オートメーションルールはアカウントをひととおり探します。最初の実行がまだ完了していない場合は、ルールに合致するプロスペクトがまだ照合されていない可能性があります。

ルールがすでにこのプロスペクトを照合していないか?

オートメーションルールがプロスペクトを照合するのは、1 回のみです。ルールがすでにそのプロスペクトを照合していて、アクションが適用され、その後編集された場合、条件やアクションが異なっていても、編集されたルールは 2 回目の照合を行いません。これを解決するには、ルールをコピーして一意の名前を付けます。この新しいルールにより、あらためてアカウントがひととおり確認されます。

ルールがすでに同じメールアドレスを持つプロスペクトを照合していないか?

アカウントに同じメールアドレスのプロスペクトレコードが複数あり、そのすべてがルールに一致する場合でも、ルールのアクションはルールが最初に見つけたプロスペクトにのみ適用されます (必ずしも最新の [最新アクティビティ] があるプロスペクトではありません)。アクションが適用されなかった他のレコードには、タイムスタンプではなく、[割り当てられたユーザー] の列に [適用対象外: 重複メール] と表示されます。

フォームかランディングページか?

オートメーションルールがフォームの入力をしたプロスペクトを探している場合、探す場所をわかっていることを確認します。

フォームが Pardot のランディングページにある場合:

フォームが Pardot のランディングページでホストされている場合、ルールはランディングページ周辺を基本にする必要があります。

[プロスペクトのランディングページ] | ランディングページを選択 | [was completed successfully]
[プロスペクトのランディングページ] | ランディングページを選択 | [was viewed]

フォームが外部ページにある場合:

フォームが外部ページ (自分でホストしているページ) でホストされている場合、ルールはフォーム周辺を基本にする必要があります。
[プロスペクトのフォーム] | フォームを選択 | [was completed successfully]
[プロスペクトのフォーム] | フォームを選択 | [was viewed
レポートモジュール内ではフォームとランディングページに同じ方法でアプローチする必要があります。フォームが Pardot のランディングページにある場合、ユニークビューとコンバージョンの実績はランディングページが受け取ります。フォームが外部ページにある場合、ユニークビューとコンバージョンの実績はフォームが受け取ります。

プロスペクトは適切に合致しているか?

これは単純なようですが、そのプロスペクトは本当に合致するすべての条件を備えていますか?プロスペクトのアクティビティを確認して、フォームやランディングページがあるか確かめます。アクティビティとしてある場合は、ルールのロジックを確認します。複合ルールグループと「いずれか」または「すべて」の一致種別の矛盾でプロスペクトがルールの条件に合致しなくなっている可能性があります。

メモ

割り当てアクションでは、すでに所有者が割り当てられているプロスペクトの再割り当ては行われません。「レビュー済み」のプロスペクトのみが割り当ての対象となります。
オートメーションルールはさかのぼって機能するため、選択した条件を満たすプロスペクトにも影響があります。たとえば、オートメーションルールが「フォーム B」を送信したプロスペクトを検索する場合、今までに「フォーム B」を送信したことがあるすべてのプロスペクトがこのルールに合致します。
オートメーションルールを削除すると実行が停止しますが、以前のアクションは取り消されません。ルールは、削除した後にごみ箱から元に戻すと、再開されます。

(引用:オートメーションルールが機能しないのはなぜですか?)

Q3. オートメーションルールがプロスペクトに適用されるまでにどれくらい時間がかかりますか?

A.適用するプロスペクトの数によっても変化します。
10分程度で済むケースから1時間程の時間が掛かるケースもあります。

Q4. オートメーションルールの内容を変更したけど、変更前のルールに適用された見込み客にも適用される?

A.オートメーションルールでは、「ルール作成時」「ルールの条件変更時」「ルール開始時」にプロスペクトの中から該当するユーザーを検出します。
しかし、条件変更によってルールが合致しない状態になっても、すでにルールが適用されたプロスペクトはそのままの状態で保たれます。

Q5.削除したオートメーションルールもう一度取り戻すためには?

A.削除したオートメーションルールは、[管理]>[ゴミ箱]から復元することができます。

今回はPardotのオートメーションルールについて解説しました。
オートメーションルールはPardotを使う上で欠かせない機能です。Pardotを使う際には、ぜひ機能を理解して、実際に触れてみてくださいね。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

この筆者は他にもこんな記事を書いています。

masamichi.takabayashi

株式会社デジタルアイデンティティ SEO Div.所属。Salesforce認定Pardotスペシャリスト。
SEOを中心にしたサイト改善のお手伝いとメディア運営・ライターの二足のわらじを履いています。SEOやWebに詳しくない方でも「初見で分かる読みやすい記事作り」を目指して奮闘中。
お役立て頂けたら幸いです。

関連記事