悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

AMP

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、「モバイルページを高速に表示させるための手法」のことです。2015年10月、GoogleやTwitterなどがモバイル端末でのユーザー体験向上を目的として、オープンソースプロジェクトを立ち上げました。当初はプロジェクトの名前として「AMP」は使われていましたが、「AMP HTML」というフレームワークを自体を指す場合も多いです。

AMPの規格を守ったページを作成すると、読みこみの負荷が少ないページを作成することになるので、結果的に表示速度が向上します。
また、AMP規格のページは、GoogleやTwitterがAMPページをキャッシュしてくれます。検索結果などからAMPページがクリックされた場合、Googleらはあらかじめキャッシュしておいたページを表示するので、コンテンツの表示速度が上がるという仕組みになっています。

適切な運用・対策できてますか? 無料診断5点セット Google広告アカウント Yahoo!広告アカウント SEO webサイト LP 申し込みはこちら