ホームからサービスからSEOから近年のSEOトレンド

サービス

SEO

近年のSEOトレンド

SEOとは検索エンジン最適化( Search Engine Optimization )の略称で、その名の通り、検索エンジンに対して、ウェブサイトを正しく認識して貰える様、最適化することを言います。

検索エンジンから訪問するユーザーは自ら商品やサービスの情報を探して、特定のキーワードで検索を行っている為、成果に結びつきやすく、SEO対策はインターネットを活用したプロモーションを考える上で非常に有効な手段となっています。

その一方で、リンクファームや類似コンテンツの量産等、SEOの本質とはずれた「ブラックSEO」「検索エンジンスパム」と呼ばれるものが横行し、世間ではネガティブイメージが強くなってきているのも事実です。

一昔前の検索エンジンであれば、小手先のSEOテクニックだけでも検索結果の上位に表示させる事ができた為、それらの行為がSEOとして広く認識される事となりましたが、 Googleのアルゴリズムは年々高度化が進み、現在ではそれらの手法が全く意味を持たないどころか、スパムと認識され、検索結果から排除される危険すらあります。

「ブラックSEO」「検索エンジンスパム」

Googleの基本アルゴリズム概念は「ユーザーにとって有益な情報を提供する」事であり、第一にユーザー中心のサイトを設計し、有益な情報、優良なコンテンツを作成し続ける事が最良のSEOと言えます。

検索エンジンに好かれる要素 確認すべき項目 改善のための必要作業
「ユーザーが使いやすい」サイト サイトやページのテーマが統一されているか
  • TDK(Title、Description、Keyword)の変更
  • ページ内KW比率の調整
  • サイト内のリンク調整
  • サイトマップ(一覧ページ)の作成
  • カテゴリの構造強化
サイト内の情報が適切か、豊富か
サイト内の移動がスムーズに可能か
「ユーザーに評価されている」サイト 他のサイトからのリンクが多いか
  • 外部リンクの追加
  • 競合他社の外部リンク調査と登録
  • 自然なリンク・シェアが発生するコンテンツ制作
大手ディレクトリサイトに登録されているか
検索エンジンから
「アクセスしやすい」サイト
ページは静的か
  • TDK(Title、Description、Keyword)の変更
  • サマリーコントロール
  • コンテンツコントロール
  • カテゴリの構造強化
  • 動的コンテンツの静的化
サイトの説明文は適切か
適切なページが表示されるか
「ルールを守っている」サイト HTMLソースの書き方は適切か
  • ページ内KW比率の調整
  • HTML記述の修正
  • カテゴリの構造強化
サイトの構造は適切か

又、近年ではGoogleのパーソナライズ化やソーシャル化が進み、同じキーワードで検索をしても、 ユーザー毎に検索結果が変化するようになっています。

Googleのパーソナライズ化やソーシャル化

そのため、個別のキーワードだけを見るSEOでは強みが薄れているのが現状です。

上位表示されれば、必ずユーザーが流入して、成果に至ってくれる訳ではありません。 ユーザーを成果に導くためには、特定キーワードでの上位表示だけでなく、ロングテールキーワードでの集客や、サイト内部の遷移・構造といった要素も改善する必要があります。

弊社では、特定キーワードだけでなく、サイト全体を改善し、多数のキーワードで上位表示を実現、PV数やCV数を獲得するためのコンサルティング要素を含んだSEO対策をご提案させて頂いております。

その他、成果につながるキーワードが決まっている場合は、特定キーワードの順位保証など幅広く対応可能となっております。

お問い合わせ

関連サービス

Services & Solutions

Official Account

プレミア Google Partner