悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

【Google】2021年5月からCore Web Vitalsがランキング要因になると発表!

CWV_Google

2021年5月より「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」を、ページエクスペリエンスシグナルに追加することを発表しました。ページエクスペリエンスシグナルはユーザー体験を図るランキング要因です。

つまり、2021年5月から、Core Web Vitalsの各指標が、ランキング要因になります。

ここではCore Web Vitalsを中心に、ページエクスペリエンスシグナルの概要・重要性とそれに基づく変更点をご紹介します。

また、改善点についても確認していきましょう。

>>【大好評】SEOの課題を可視化する独自の診断実施中!無料SEO診断はこちらから

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)とは?

Googleは様々な要因からランキングを決定していますが、2020年5月ごろ、自社のブログを通じて、ユーザー体験の向上のため、下記の3つをランキング要因に追加することを予告しました。

  • ページの表示速度を測る「LCP」
  • ユーザーとの対話性を測定する「FID」
  • コンテンツの移動を示す「CLS」

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)
画像引用:Web.dev

各指標の詳しくは下記記事をご覧ください。
【Google】ユーザー体験を向上させるための「Core Web Vitals」がランキング要因に!|デジタルアイデンティティブログ

2021年5月よりCore Web Vitalsがランキング要因に

Core Web Vitals 導入の際の事前アナウンスとして、「2021年5月」よりCore Web Vitalsをランキング要因として導入することが発表されました

Core Web Vitalsはユーザー体験を図るランキングのページエクスペリエンスシグナルに追加されます。
ランキングのページエクスペリエンスシグナルは、Core Web Vitalsの他、すでに下記の4つのシグナルも存在しています。

  • モバイルフレンドリー
  • セーフブラウジング
  • HTTPS対応
  • インタースティシャル

ランキング要因 ユーザー体験

画像引用:Google Webmaster Central Blog

これらは、ユーザーがサイトに訪れたときにに得る体験を、よりよいものにするための指標です

Googleによると、ページエクスペリエンスシグナルを確認するためのツールである「Lighthouse」や「Pagespeed Insights」の利用ユーザー数は、ここ数ヶ月で非常に増加しているとのこと。この指標に対するウェブサイト管理者・ウェブ担当者からの注目度が非常に高いことがうかがえます。

参考:Timing for bringing page experience to Google Search| Webmaster Central Blog

>>【大好評】SEOの課題を可視化する独自の診断実施中!無料SEO診断はこちらから

Core Web Vitalsに基づく2つの変更点

そのほか、Core Web Vitalsに関連したいくつかの発表がありました。一部は、今回初めて発表されたものです。

トップストーリーに掲載されるためのAMPは不要

モバイル版のGoogleで表示される「トップストーリー」では、AMP形式に対応していることが掲載の条件でしたが、Core Web Vitalsの各指標が良好であり、Googleニュースのコンテンツポリシーを満たしている場合には、AMP形式に対応していなくてもトップニュースに掲載されます

※このアップデートはもともと告知されていましたが、Core Web Vitals導入時期の発表にともない、このアップデートの導入時期も明言されました。

参考:Googleニュースのコンテンツポリシー

優れたUXのサイトにフラグがつき、ユーザーから認識可能に

こちらは今回の発表に合わせて、新たに告知された内容です。

ページエクスペリエンスシグナルのすべてにおいて基準を満たしているページは、検索結果画面にてそれが認識できるための強調表示フラグがされます

どのような見た目になるかは未発表ですが、Googleではテストを予定しているとのことです。

Core Web Vitalsの改善について

Core Web Vitalsを含む、ページエクスペリエンスシグナルはランキング要因のなかでとても強い影響力を持つとは言えません。
しかし、評価が同じくらいのコンテンツ同士にランキングを決定する場合には、大きく関係すると考えられます
Googleがランキング要因として正式に採用したということは、それだけの重要性があると言えるでしょう。

GoogleはCore Web Vitalsに最適化させるための支援ツールを提供しています。
いくつかありますが、代表的なものとしては下記の2つが挙げられます。

  • Search Console
  • PageSpeed Insights

詳しくは下記の記事をご覧ください。
【Google】ユーザー体験を向上させるための「Core Web Vitals」がランキング要因に!|デジタルアイデンティティブログ

まとめ

Googleは2021年5月より、「Core Web Vitals」をページエクスペリエンスシグナルに追加することを発表しました。

「Core Web Vitals」はLCP・FID・CLSの3つの指標で数値化されます。ユーザー体験(UX)向上により、ユーザーの離脱率の低下やランキングにも関わることとなってきますので、はやめに改善を進めていきましょう。

>>【大好評】SEOの課題を可視化する独自の診断実施中!無料SEO診断はこちらから

当サイトではこの他にもWebに関するお役立ち情報を多数ご紹介しています。
Web担当者の方、デジタルマーケティングに興味がある方はぜひご覧ください。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

関連記事