悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

Googleサイトリンク完全ガイド!仕組みから設定・表示まで

sitelink

こんにちは。
今回は、Googleの検索結果で一部のサイトの下部に表示されるリンク「サイトリンク」についてご紹介します。

ブランド名や社名などで検索すると、ページタイトルの下にこのようなものが現れるときがあります。

「株式会社デジタルアイデンティティ」の検索結果

ページタイトルの下に、サイト内ページへのリンクが6つ並んでいます。
これを、サイトリンクと呼びます。

検索する人にとっては、自分の行きたいページへのショートカットがあるのでより便利に検索エンジンを使うことができますし、ウェブマスター側にとっても、ユーザーに遷移してほしいページを目立たせることができるのでメリットとなりますよね。

また、よくご質問を頂く内容でもあるため、今回ブログにまとめたいと思います。

サイトリンクってどういう仕組みなの?

まず、サイトリンクがどういう仕組みになっているのか、という部分についてご説明します。

サイトリンクは、主に「株式会社デジタルアイデンティティ」等のいわゆる「指名検索」時に表示されます。一般的なワード(例えば「検索エンジン」「Webマーケティング」等)での検索時にはほぼ表示されません。

また、サイトリンクはユーザーの役に立つと Google が判断した検索結果についてのみ表示されます。
表示されるページの傾向としては、

  • サイト来訪者によくアクセスされているページ
  • グローバルナビの項目等、そのサイトの主要なページ

などは、比較的よくサイトリンクに表示されているようです。

そして、一番重要なのが、アルゴリズムによって自動生成されているという点です。
リスティング広告を運用している方は、「サイトリンク広告表示オプション」として、現在キャンペーン中のページや、サイト内で目立たせたいコンテンツを設定しているかと思います。
しかし、自然検索上のサイトリンクは、Googleのアルゴリズムによって自動生成されているため、サイト運営者側が自由に設定することができないのです。

時々、弊社のクライアント様から

うちの会社名で検索した時に出るアレ、今表示されてるやつじゃなくて、もっと他のページにしたいんだけど。

と依頼を頂くときがありますが、残念ながらサイトリンク広告表示オプションのように自由に設定ができないため、私どもも心苦しいながらも「すみません、Googleのアルゴリズムが変更になることを祈っていてください。」とお答えするしかないのです…。

とは言っても、やはり指名検索時などに表示されるものですから、ブランディングの観点からもできれば適切なサイトリンクが表示されていてほしいですよね。
そこで、サイトリンクを適切なものにするために出来ることをいくつかご紹介したいと思います。

サイトリンクを適切なものにするために出来ることとは?

サイトリンクの表示法則から探る

サイトリンクはGoogleのアルゴリズムから自動的に選択されていることは先ほどお話しました。
しかし、検索結果をよく観察してみると、ある一定の法則に従って選択されていることが分かります。
下記の画像をご覧ください。

Googleでの「デジタルアイデンティティ」の検索結果

こちらの画像は、弊社指名キーワード「デジタルアイデンティティ」で検索した際に表示されるサイトリンクです。

Googleでの「site:digitalidentity.co.jp デジタルアイデンティティ」の検索結果

一方こちらの画像は、「site:digitalidentity.co.jp デジタルアイデンティティ」と、サイトコロンで検索した際の検索結果です。
(「site:」コマンドについては「Googleの「Site:」コマンドのオプション25個 SEOmoz」で詳しく説明しています。)

どうでしょうか。ほぼ同じ順番で並んでいますよね。
このことから、サイトリンクに表示されるページは、「site:」コマンドを使いサイトのルートドメイン+キーワードで検索した際の並び順とほぼ同じになる、ということが分かります。

ということは、サイトリンクに表示させたいページがある場合は、この「site:」コマンドの検索結果で上位に表示されるようにすればいい、と考えることが出来ます。

「site:」の検索結果で上位に表示させるためには?

この「site:」で検索すると、入力したキーワードに関連したページであることに加え、サイト内で多く言及されているページ(=多くの内部リンクがあり、重要度の高いページ)や、比較的浅いディレクトリ階層にいるページなどが上位に表示されます。
サイトリンクが「ユーザーの役に立つとGoogleが判断した検索結果」で表示されることを考えると、しっくりきますよね。
このことから、「site:」の検索結果で上位に表示させるためには、「このページはサイト内において重要なページですよ」と、検索エンジンに分かってもらう必要がある、ということが分かります。

具体的には、

  • グローバルナビに導線を設置する
  • ページ自体はなるべく浅い階層に設置する

等が考えられます。

もちろん、上記は一例です。それに、あまりにも不自然な形で行うのも、本質からかけ離れてしまいます。
あくまで自然に、ユーザーファーストになるよう心がけた結果、そのようになるのがベストです。

グローバルナビにスキーマタグを設置するのもひとつの手

サイト内で重要なページをひとまとめにして、どのページからでも遷移できるように設置するグローバルナビですが、ただ単に

 

タグで囲っただけでは、検索エンジンから見るとただのリンクの羅列にしか見えないかもしれません。
これはグローバルナビゲーションなんだ、ということを検索エンジンに伝える記述を併せて行うことで、そのページの重要性を検索エンジンに伝えることが出来るかもしれません。
(スキーマタグに関しては「埋め込んだYouTube動画にはスキーマタグをマークアップすべきか?」で簡単にご説明しています)

以下に、グローバルナビゲーションに設置するスキーマタグの一例をご紹介します。
スキーマタグには、SiteNavigationElementというものを使用します。

SiteNavigationElement設置前】

<ul>
<li><a href="/company/">会社概要</a></li>
<li><a href="/service/">サービスのご紹介</a></li></ul>

SiteNavigationElement設置後】

<ul itemscope itemtype="http://schema.org/SiteNavigationElement">
<li itemprop="name"><a href="/company/" itemprop="url">会社概要</a></li>
<li itemprop="name"><a href="/service/" itemprop="url">サービスのご紹介</a></li></ul>

品質を高めるためにもalt属性は確実に設置しよう

また、サイトリンクに表示されるリンク文言は、ページ内リンクで使われているものが主に採用されます。
そのため、画像リンクなどでalt属性が設置されていない場合だと、近くにあるプレーンテキストを拾ってきてしまうなど、あまり適切な形で表示されない可能性があります。

サイトリンクの品質を高めるためにも、画像のalt属性は適切な文言で、確実に設置するようにしましょう。

それに、alt属性を適切に付与することで、ページとキーワードの関連性も伝えることができますよね。

表示されたくないページがサイトリンク上に表示されてしまっている…

追記:2016年10月17日

現在、この「サイトリンク」の項目はサーチコンソール上から削除されています。
海外のSEO情報ブログである「SearchEngineLand」でも紹介されています。
Google Search Console removes sitelinks demotion feature

記事内では、

Googleはよりユーザーニーズに適った情報をユーザーに提供できるように進化している。サイトリンク機能もそのうちの一つ。そのため、このような機能はいらないと判断し、削除した。
もしユーザーに表示させたくないページがあるのであれば、そのページ自体を削除するか、noindexタグを設置するのがよい。

といったことが書いてありました。(かなり意訳しています)

この機能がなくなったので、もしサイトリンクから削除したいページがあるのであれば、物理的にそのページを削除するか、noindexタグを設置するしかないようです。

もしくは、上記で説明したような、構造化マークアップを行うことが重要となってきそうです。

サイトリンクは自動生成されているため、会員限定ページや消し忘れてしまったHTMLファイルなど、本来表示されてはいけないページが表示されてしまうことも時々あります。
サイト運営者側で追加や変更のできないサイトリンクですが、サイトリンク上に表示されたくないページを設定することは可能です。
(※ただ、あくまでサイトリンクの「順位を下げる」だけなので、完全に表示されない保障がある、というわけではありません。)

まず、ウェブマスターツールの検索のデザイン > サイトリンクを選択します。

ウェブマスターツール「サイトリンク」ページの説明

「検索結果のURL:」と書かれたボックスには、表示されたくないページが表示されている検索結果のURLを入力します。下記画像の赤枠の部分を右クリックして、「リンクアドレスをコピー」をクリックすると、検索結果のURLが取得できます(Google Chromeの場合)。
「検索結果のURL」には、この赤枠部分のリンクURLを貼り付けます

また、「このサイトリンク URL の順位を下げる:」と書かれたボックスには、非表示にしたいページのURLを入力します。

例えば、弊社ウェブサイトの「企業情報」の順位を下げたい場合は、ボックスには下記のように入力します。
ウェブマスターツール「サイトリンク」入力一例

この状態で「順位を下げる」を選択すると、そのページのサイトリンクの順位が下がります。
ただし、すぐに反映されるわけではなく、反映までには時間が掛かるようです。
また、サイトリンク順位下げツールの使用を行ったことで、そのページの順位自体が下落したという事例も報告されています。使用の際は十分注意するようにしましょう。
いずれにせよ、Googleがユーザーにとって有益だと判断したコンテンツしかサイトリンク上には表示されないわけですから、それを否認すると言うことは、それなりに意味のある行為になってしまいますよね。

まとめ

  • サイトリンクはアルゴリズムによって生成されているので制御不能
  • 「site:」コマンドでサイトルートドメイン+キーワードで検索した時に上位に表示されているページが採用される場合が多い
  • 表示させたくないページを指定することもできるがネガティブに働く可能性もある

いかがでしたでしょうか。サイトリンクに関して、少しでも認識を深めていただけていれば幸いです。

関連記事