悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

ウェブマスターツールの新機能「検索アナリティクス」の便利な使い方

googlesearchanalytics1

こんにちは。
今回は、先日一般公開された、ウェブマスターツールの検索クエリに代わる新機能「検索アナリティクス(ベータ版)」について。

SEOエンジニアがウェブマスターツールで一番良く見るであろう、検索クエリ部分が5月にリニューアル。「検索アナリティクス」という名称に変更になりました。

googlesearchanalytics2
これにより、デバイズ別の絞込みなど、更に詳細に自然検索経由での流入についての分析を行えるようになってますよ。
具体的には、フィルタ機能が強化され、デバイスやページ、クエリをフィルタリングしながら、クリック数や表示回数といった指標を確認することが出来るよようになってます。

googlesearchanalytics1

とはいえ、個人的にはクエリ数をロングテールSEOにおけるKPIとして見ていたサイトもあり、それが一目でわからないのは不便だなと思っていたり。。
そんな人には、3ヵ月間だけですが、旧「検索クエリ」も使えるようになっています。
検索アナリティクスのページにある「従来の「検索クエリ」レポートに戻ります」からアクセス可能です。

ただし、「検索アナリティクス」には便利な新機能や使い方もあるので、今回は「検索アナリティクス」の便利な使い方をご紹介いたします。

PCとモバイルでの掲載順位を比較して、モバイルフレンドリーアップデートの影響をチェック!

まずは最近みんなが気になっているモバイルフレンドリーの影響!!
あんなに騒いだ割に、そんなに影響が出ていない状況ですが、サイトによっても違うと思うので、ココは要チェック。

方法は簡単で、指標軸を「掲載順位」にし、「デバイス」より「デバイスの比較」を選択します。
そして「モバイル」と「PC」を選択して比較ボタンを押すだけ。
googlesearchanalytics3
簡単に、日別による「PC」と「モバイル」での掲載順位の違いを確認することができます。
デバイスの比較では、この方法の応用で、「PC」と「モバイル」においてCTRやクリック数に差があるのか、といったことも比較できますよ!
googlesearchanalytics4

表示回数が多くCTRが低いページの洗い出して、TDを見直そう!

これ、地味ですが、まじめにSEOやってる会社さんであれば確認してるであろう部分ですw

指標軸を「表示回数」と「CTR」を選び、フィルタを「ページ」に設定します。
そこから、CTR昇順で並べ替えることで、表示回数が多いのにCTRが低いページを洗い出すことが出来ます。
googlesearchanalytics5

表示回数が多いにも関わらず、CTRが低いページ、つまり検索結果には多く表示されてるのに、クリックしてくれる人があんまりいない場合、タイトルやディスクリプションがイマイチな場合もあるので、見直しをお勧めします。

googlesearchanalytics6

この辺の問題抽出&改善は、「検索クエリ」レポートでも出来ていた内容が多いですが、SEOでの注目ポイントになると思います。

「検索アナリティクス」を使って、サイト内のコンテンツ改良に勤めていきたいですね。

Yoshiaki Kaneko

株式会社デジタルアイデンティティ SEO Div. シニアアナリスト。
デジタルアイデンティティ新卒1期生として、SEO Div.に配属されました。いつも明るく楽しいSEOチームが大好きです。
好きなHTMLタグは「link rel="canonical"」、嫌いなCSSは「text-indent: -9999px」です。
分かりやすく、本質をとらえた、かゆいところに手が届く解説を、このブログでお届けしたいと思います!

関連記事

適切な運用・対策できてますか? 無料診断5点セット Google広告アカウント Yahoo!広告アカウント SEO webサイト LP 申し込みはこちら