悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

パンダアップデートを正しく理解しよう!検索順位が上がらなくて悩んでいるあなたへ 

pexels-photo-1123765

サイトの検索順位が思ったほど上がらないといったことはありませんか?
Googleからの評価を上げるためには、その評価基準を正しく理解することが重要です。
その評価基準の中にはたくさんの要素がありますが、そのなかでも大きなウェイトを占めるのはサイトコンテンツの質と考えられます。この記事では、Googleがより良いコンテンツが正しく評価されるためにおこなったパンダアップデートというものについて解説していきます。

パンダアップデートとは何か

This update is designed to reduce rankings for low-quality sites—sites which are low-value add for users, copy content from other websites or sites that are just not very useful.

「このアップデートは、低品質のサイト、ユーザーにとっては付加価値の低いサイト、それほど有用ではない他のWebサイトやサイトのコンテンツをコピーするサイトのランキングを減らすように設計されています。」

https://googleblog.blogspot.com/2011/02/finding-more-high-quality-sites-in.html

2011年2月に、Googleはパンダアップデート実施を発表しました。
パンダアップデートとは、Googleが行うアルゴリズムのアップデートの名称の1つです。
このアップデートでは主にコンテンツの質にフォーカスされ、低品質なサイトの評価を下げることで、高品質なサイトが上位に表示されるようになっています

なぜアップデートが行われたのか

パンダアップデートが実施された背景には、ペンギンアップデートと同様にユーザーファーストでないコンテンツの増加が考えられます。まだGoogleのアルゴリズムが未発達であった時は、低品質なコンテンツをたくさん含んだコンテンツファームやコピーを張り付けただけのサイトが、検索結果の上位に表示されていました。

これらの多くは、サイト訪問者に伴う広告料を増やす目的があるとされ、ユーザーには全くの無利益でした。パンダアップデートは、このユーザーにとって無益なSEO目的のコンテンツが放置されている問題を解決すべく実施されたというわけです。

どういった点に注意すればいいのか

Googleは、アルゴリズムで用いているランキングシグナルを公開していません。
ただし、品質を評価する際に参考となる情報を、ウェブマスター向け公式ブログに掲載しています。
評価を落とすポイントや質が高いとされるポイントを、以下にまとめてみました。

評価を落とすポイント

Googleのアルゴリズムによって評価が落ちるとされるポイントが存在します。
その中でも重要とされるものをいくつかピックアップしました。

  • コンテンツの自動生成
    検索順位を上げるために、プログラムなどで自動生成されたもの等を指します。プログラムとしてはキーワードが認識されますが、人が読むと支離滅裂なものが多いです。
  • 無断複製されたコンテンツ
    他のサイトのコピーを集めただけのサイトを指します。
    検索結果に同じ内容が並んでも、ユーザーにとって有益であるとはいえません。
    付加価値を付けることが求められます。
  • 適切でない広告を含むサイト
    内容が薄く広告のためだけにあるようなサイトや、過剰な広告が掲載されたサイトを指します。広告を載せること全てが悪いわけではないので、適切な形を考えることが必要です。

質が高いとされるポイント

明記はされていませんが、ウェブマスター向けブログで公開されている25の要素から次のようなポイントが評価を高めると考えられます。

・独自の価値を提供している

・多面的な分析が含まれている

・全体のまとめ等、コンテンツの内容をわかりやすくする内容

・細部まで配慮が施されているか

これらの要素が複雑に組み合わさることによって、検索順位の変動が起こっています。
共通することは、ユーザーにとって有益であるかどうかです。検索結果に同じような内容ばかりコンテンツや、わかりにくいサイトが上位表示されていることは、ユーザーにとって好ましくはありません。
また、このようにGoogleが明確な評価基準でなく、ヒントのような問いを公開しているのは、ユーザーのことを第一に考えたコンテンツを作り上げてほしというメッセージの表れかもしれません

ペナルティを受けたらどうすればいいか?

コンテンツの質が低いとされるサイトに対しては、Googleからペナルティを受け、検索順位が大きく下がることになります。
万が一ペナルティを受けて順位が下落してしまった時は、原因の特定よりもユーザーファーストに立ち返った修正を行いましょう。
なぜなら、ペナルティを受けた際の通知がないからです。以前は手動更新によってペナルティが与えられていました。そのため検索順位の下落に伴ってペナルティの通知が来れば、パンダアップデートが原因であると特定することが可能でした。
しかし、2013年にアルゴリズムが自動化されペナルティをうけたとしても通知が来なくなったので、検索順位が落ちた原因を特定することが難しくなったというわけです。

まとめ

パンダアップデートの経緯から対策まで、解説してきました。
ペンギンアップデートの記事でもお伝えしましたが、何よりも大切なのは「ユーザーに焦点を当てたサイトであるかどうか」というGoogleの理念です

Our goal is simple: to give people the most relevant answers to their queries as quickly as possible.

「我々の目標はシンプルである。最も関連した検索結果を人々にできるだけ早く届けることだ」

https://googleblog.blogspot.com/2011/02/finding-more-high-quality-sites-in.html

これはGoogleの公式ブログに掲載されている言葉です。なによりもユーザーを第一に考えた検索エンジンを作る、という思いが込められていると感じます。小手策のテクニックだけに頼るのではなく、ユーザーにとって有益かどうかを考えたうえで、良質なコンテンツを作り上げていきましょう。

パンダアップデート4.2始動!その影響と過去のパンダアップデート総まとめ

Hirokazu Udagawa

19内定者インターンの宇田川です。
野球を初めて13年目。
生まれは東京都北区赤羽。居酒屋を愛しています。

関連記事