悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

Google for Jobsが日本にもやってくる!~求人業界を変える新機能~

icat

こんにちは。
既に多くの国で導入されている「Google for Jobs」がテスト的にではありますが、日本にもやってきました。このニュースは昨年末、日経でも報道されています。
本格的な実装はまだ先になりそうですが、日本でも本実装となれば非常に大きなインパクトをもたらす可能性のある機能です。
今回はその「Google for Jobs」について、概念的な部分から実際に求人情報を載せるための方法まで、幅広く紹介したいと思います。

Google for Jobs とは

「Google for Jobs」は、求人情報を探しているユーザーに対して、Googleがそのユーザーに適した情報を提示する機能です。
最初にアメリカで2017年6月に実装され、その後南米や中東、アフリカ地域など多くの国で実装されました。

Google for Jobs の機能

これまでユーザーが求人情報を探すためには、数多く存在するメディアの中から探し出すしかありませんでした。
この方法では、他のメディアにしか掲載されていない情報や、検索の方法によって取り除かれた情報を見落としてしまいます。

しかし、「Google for Jobs」では、
Googleの検索ボックスにキーワードを入力するだけで、ユーザーのニーズに合致した求人情報が表示されるようになります。

Google for jobs検索結果画面
上記が「Google for Jobs」が表示されている際の検索結果画面になります。
これまでと同様に、リスティング広告は一番上に表示され、「Google for Jobs」による求人情報は、このリスティング広告と自然検索の間に表示されます。
ここに表示される求人情報は、Googleが機械学習や独自のアルゴリズムを使用してあらゆるネットワークから導き出したものであるため、ユーザーは自分のニーズに合致した情報を今までより容易に探し出すことができます。

Google for Jobsによってもたらされる変化

では、「Google for Jobs」の登場により、具体的にどういった変化がもたらされるのでしょうか。

これまではSEOか広告で上位に表示されていれば、ユーザーが自ずとサイトに来訪してきてくれました。
しかし、今後は検索結果画面に「Google for Jobs」の個別求人内容が掲載される可能性があるため、
たとえSEO上位にいても来訪者数が減ってしまう可能性があります。

実際に旅行業界では、検索結果画面にホテルの予約結果や航空券の空席状況が表示されるようになり、
各所に対策が迫られています。
エクスペディア CEO「Googleは、我々にとって最大のライバル」 ブロックチェーン技術の導入等で差別化図る

 

Google for Jobsに求人を表示させる方法

では、具体的にどうすれば求人情報が「Google for Jobs」に表示されるようになるのでしょうか。
Googleが公式に掲示している方法を参考に説明いたします。

1.Googlebot が(robots.txt ファイルや robots メタタグで保護されていない)求人情報のウェブページをクロールできることを確認します。
2.ホストの負荷の設定で頻繁なクロールが許容されていることを確認します。
3.Google のガイドラインに準拠していることを確認します。
4.求人情報の構造化データをウェブページに追加します。
5.別の URL でホストされているサイトに同じ求人情報のコピーを掲載する場合は、ページの各コピーで正規 URL を使用します。
6.構造化データをテスト、プレビューします。
7.次のいずれかの操作を行い、Google に情報を提供し続けます。
(引用:Google 求人情報を作成する
https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting?hl=ja
難しそうにも見えますが、実際にはそうでもありません。

まずは、Googleが求人情報の載っているページを正確にクロール出来るかの確認作業になります。
少し理解しづらいのは 4.の「構造化データの追加」になりますが、それが出来てしまえばそのデータをテスト、プレビューするだけです。

では、その「構造化データ」の作成について簡単に説明します。

構造化データの記述方法

人間は、文字を読むだけで何について書かれているのかを理解することができますが、
検索エンジンがそれらを理解するためには、いくつかのルールに沿ったデータを記述しなければなりません
それが、「構造化データ」になります。

属性の解説

プロパティ 必要度 説明
@context 必須 “http://schema.org/”を指定
@type 必須 “JobPosting”を指定
baseSalary 推奨 実際の基本給(概算額ではない)。
unitText には、次のいずれかの値(大文字と小文字を区別)を使用します。
“HOUR”(時給)
“DAY”(日給)
“WEEK”(週給)
“MONTH”(月給)
“YEAR”(年給)
datePosted 必須 求人情報が公開された日
description 必須 HTML形式で求人に関する詳細な説明を記載します
改行には <br>、<p> 、\nを使用
その他の使用可能なHTMLタグ<ul>、<li>、<h1>~<h5>、<strong>、<em>
employmentType 推奨 雇用形態は以下の8つから指定。

“FULL_TIME”
“PART_TIME”
“CONTRACTOR”
“TEMPORARY”
“INTERN”
“VOLUNTEER”
“PER_DIEM”
“OTHER”

複数の雇用形態を指定することも可能です。

hiringOrganization 必須 求人を出している企業に関する情報
identifier 推奨 求人情報を掲載している組織側の識別子
jobLocation 必須 被雇用者がメインで働く場所に関する情報です。できるだけ多くのフィールドを指定するほど、ユーザーに提供する求人情報の質が高くなります。

複数のjobLocationを指定することも可能で、Googleが検索クエリに応じて最適なjobLocationを選択します。
在宅業務の場合は、jobLocationTypeを指定し、jobLocationは使用しません。

jobLocationType 推奨 業務時間中、自宅など本人が選択した場所で常にリモートワークする求人の場合、このフィールドにTELECOMMUTE を設定します。
jobLocationType を追加するのに加えて、その求人が完全にリモートワークであることを求人情報に明記する必要があります。
求人が完全にリモートワークである場合、jobLocationType プロパティは必須です。
Title 必須 職種の名称を入力します。
validThrough 必須 求人情報が期限切れになる日付。

(いつ期限切れになるかわからない場合は、このプロパティは必要ありません。)

 

以上を、間違いがないよう記入していきます。
リモートワークの求人要件の場合、記述が一部変わりますのでご注意ください。

まとめ

これまで日本への導入が待望されてきた「Google for Jobs」について、紹介させていただきました。
再三申し上げた通り、今までの求人業界の常識を変えうる可能性を持った機能です。

もし日本でも本格的な実装となった場合には、活用してみてはいかかでしょうか。

弊社では「Google for Jobs」の導入支援も行っておりますので、お困りの方はぜひお問い合わせください!

関連記事