悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

cookieとは? 基本から分かりやすく解説!

cookieandcoffee

「cookie(クッキー)の受け入れを許可しますか?」
普段PCやスマホを使っている中で、このようなアラートを目にしたことはありませんか。
いきなり「クッキー」と聞いて戸惑われた方も多いのでは?
今回はそんなcookie(クッキー)について、基礎的な知識からマーケティングにおけるcookieの役割、自分のPCでcookieを削除する方法まで徹底解説します。

cookie(クッキー)とは?

cookieってそもそも何?

cookie(クッキー)の概念を理解するには、病院の診察券や会員証をイメージすると分かりやすいかもしれません。
病院では初診、2回目、3回目と前回の診療の内容を引き継いで病気の治療を行っていきますが、これは診察券によって患者の情報を管理し、病状や治療の進み具合の記録を参照できるからです。
同じように、cookieもユーザーの情報を一定の期間保存し、ユーザーが再度Webページを訪れた時に、サイト訪問回数や前回のサイト内での行動の情報をサーバーに渡します。

正確に言うと、cookieとはWebサーバーからユーザーのwebブラウザに送られる、ユーザーのデータを保存しておくためのファイルのことです。
私たちがWebサイトにアクセスしたとき、サーバーがユーザーのアクセス回数やサイト内での行動を認識してcookieを発行します。それが一定期間ユーザーのブラウザに保存されて次回以降のアクセス時にcookieのデータが利用されることになります。

多くのショッピングサイトでは、ユーザーのIDやカートの情報をcookieで保存しています。これにより、一回サイトを離れてしまったユーザーがまたサイトを訪れた時に、いちいちIDを打ち込んだり商品をカートに入れ直したりすることなく、スムーズにショッピングの続きができます。

cookie_explanation

cookieの起源

cookieを開発したのは、ルー・モントゥリ(Lou Montulli)という人物です。彼はMIT(マサチューセッツ工科大学)の「Innovators under 35(35歳以下のイノベーター35人)」に選ばれた人物であり、90年代のアメリカのIT業界で大活躍しました。

90年代初頭には現在のWWW(ワールド・ワイド・ウェブ)の技術のもととなるLynxを開発したり、ウェブページを作るのに必要なHTML言語の発展に貢献しました。1994年にネットスケープ社のエンジニアになったモントゥリは商用ウェブアプリケーションの開発を担当し、そこでcookieを開発しました。
はじめはネットスケープ社のウェブサイトを訪れたユーザーが、すでに訪問したことがあるかどうかを識別するのにcookieが使われていましたが、その後より詳細なユーザー情報が取得できるように発展してきました。

なんでcookieっていう名前になったの?

最初にcookieと聞いたとき、「えっ?お菓子のこと?」と思われた方もいるでしょう。調べてみると、cookieの語源は「マジッククッキー」であると言われています。マジッククッキーとは、フォーチュンクッキーとも呼ばれる、中に秘密のメッセージが入ったクッキーのことです。秘密のメッセージを入れるというところがユーザーの情報をやり取りする役割と重なり、cookieと名づけられたのです。

magic_cookie

cookieの使用目的

さて、ここまでcookieとはどういうものかを見てきましたが、今度は実際にcookieがどのように利用されているかをご紹介します。
cookieが使用される目的は大きく次の二つです。

  1. Webサイトでユーザー情報を保存し、利便性を向上する
  2. ユーザー情報を取得し、広告配信に利用する

ユーザーの利便性の向上

先ほどもご紹介した通り、cookieの役割として、ユーザーのIDやサイトでの行動履歴を一時的に保存する、というものがあります。
ユーザーが初めてWebウェブサイトを訪問した時、cookieに単一のユーザーIDのようなものが割り振られ、情報がWebブラウザに保存されます。2回目にサイト訪問した時に、その情報が取り出されます。SNSなどID・パスワードが必要なWebページでも、cookieを利用していればログインが簡単になります。

ただし、cookieはブラウザごとに保存されるため、初回はChromeでログインしたSNSにInternet Explorerで2回目のアクセスをしても、IDやパスワードは保存されていません。また、デバイスをまたいで同じcookieを使うこともできないので、PC/タブレットなど複数の端末でWebサイトを使う場合には別々のcookieが発行されることになります。

広告配信に利用

主に広告配信のターゲティングなどに利用されます。
ショッピングサイトでTシャツを検索していたら、その後訪れた違うページでも同じTシャツの広告が出てきた…そんな経験をしたことはありませんか?実はcookieがその広告に関わっているのです。

例えばショッピングサイトでは、ユーザーが閲覧した商品の情報をcookieに保存し、別のサイトを訪れた際にcookieから情報を読み出して過去に閲覧した商品の広告を出す「リターゲティング」と呼ばれる手法が使われています。
また、Webページで広告をクリックした場合も、どんな広告がクリックされたかがcookieに蓄積され、別のページでも同じ広告を出すようなこともされています。
ユーザーが普段見ているサイトの情報がcookieに保存されていれば、ユーザーの年齢や性別を推測して、それをターゲットに広告を配信することもできるのです。

cookieの種類

ここまでcookieがどのように利用されるか見てきましたが、cookieにはファーストパーティーとサードパーティーの2種類があり、それぞれの使われ方も違います。
ここでは、これら2種類のcookieについて見ていきましょう。

ファーストパーティーcookie

ファーストパーティーcookieとは、ユーザーがアクセスしているドメインが発行しているcookieのことです。例えば、ユーザーが靴のショッピングサイトにアクセスしたとき、そのショッピングサイトがユーザーIDやお買い物情報を保存するために発行するcookieがファーストパーティーcookieにあたります。
ファーストパーティーcookieはドメインをまたいだ使用はできません。つまり、そのサイト内でのみユーザーの情報を取得し保存することが可能だということです。

サードパーティーcookie

サードパーティーcookieはファーストパーティーcookieと対になる言葉です。ファーストパーティーcookieは訪問しているサイトのドメインから発行されると言いましたが、サードパーティーはその逆で、ユーザーが訪問しているサイトのドメイン以外から発行されたものです。

「セカンドパーティーcookie」もありそうですが、発行者が「ブラウザで表示されているページのドメイン名」か「そうでない」かの二択なので、必ずファーストパーティーかサードパーティのどちらかになります。もともとサードパーティーとは「第三者」を意味する言葉なので、「発行ドメインが第三者か、そのサイトものか」という区別をすると良いでしょう。

サードパーティーcookieはファーストパーティーcookieと異なり、複数のドメイン間で共有することができます。先ほど紹介した広告のcookieの多くはサードパーティーであり、複数サイトにまたがってユーザーの興味や行動を収集し、どのような広告を出せばユーザーの興味にマッチするかを知るために使われます。
例えば、cookieを利用してあるユーザーがサッカーのニュース記事やテニス選手のインタビュー記事を読んでいることが分かった場合、そのユーザーはスポーツに興味関心がある、ということが推測できます。そのようなユーザーの興味に合わせて、スポーツ用品やスポーツイベントの広告を出す、といったことが行われています。

cookieのメリット、デメリット

cookieを使うメリット

cookieを使うメリットは、ログイン情報やカートの中身を保存できて便利だということ。
メール、SNS、ネットショッピング、ブラウジング…毎日使う様々なWebページで、IDやパスワードを毎回毎回打ち込むのは面倒ですよね。先ほども紹介しましたが、cookieの使用を許可すれば、多くのWebページではID、パスワードやショッピングカートの中身を保存し、次に来た時はすぐにログインすることができます。

cookieを使うデメリット

ただ、cookieの使用については、気を付けなければいけない点もあります。それは、共用パソコンで個人情報を流出してしまうことです。
cookieは利用者のIDやパスワードを保存します。学校のパソコンやネットカフェなど他の人も使えるパソコンで自分のショッピングサイトなどにログインする場合、自分のIDやパスワードが他人に知られないようにcookieを無効にするか、削除する必要があります。

実際にcookieを有効/無効にしてみよう

ここまでcookieの役割についてお話してきましたが、やはり自分の情報が知らないうちに取られているのはイヤだ…と思う方もいるでしょう。ということで、ここではブラウザでcookieを有効化/無効化/削除する方法をご紹介します。

iPhone(Safari)でcookieを有効化/無効化/削除する

iPhone(Safari)でcookie設定を変更する方法は、以下の2ステップです。

  1. ホーム画面から「設定」→「Safari」を選択します。
  2. iphone_cookie_control1

  3. 「すべてのcookieをブロック」からcookieをブロックする/しないを設定できます。
  4. iphone_cookie_control2

iPhone(Safari)でcookieを削除する方法は、以下の3ステップです。

  1. ホーム画面から「設定」→「Safari」を選択します。
  2. iphone_cookie_delete1

  3. 「履歴とWebサイトデータ消去」をタップします。
  4. iphone_cookie_delete2

  5. 「履歴とデータを消去」を選択します。
  6. iphone_cookie_delete3

Chromeでcookieを有効化/無効化/削除する

Chromeのcookie設定を変更する方法は、以下の5ステップです。

  1. Chrome右上のメニューボタンをクリック、「設定」を選択します。
  2. chrome_cookie_control1

  3. ページ下部に出てくる「詳細設定」をクリックします。
  4. chrome_cookie_control2

  5. 「コンテンツの設定」をクリックします。
  6. chrome_cookie_control3

  7. 「cookie」を選択します。
  8. chrome_cookie_control4

  9. cookieを見たり、ブロック/有効の設定をすることができます。
  10. chrome_cookie_control5

Chromeでcookieを削除する方法は、以下の6ステップです。

  1. Chrome右上のメニューボタンをクリック、「設定」を選択します。
  2. chrome_cookie_delete1

  3. ページ下部に出てくる「詳細設定」をクリックします。
  4. chrome_cookie_delete2

  5. 「コンテンツの設定」をクリックします。
  6. chrome_cookie_delete3

  7. 「cookie」を選択します。
  8. chrome_cookie_delete4

  9. 「すべてのcookieとサイトデータを表示」をクリックします。
  10. chrome_cookie_delete5

  11. 「すべて削除」を選択します。「すべてクリア」で削除できます。
  12. chrome_cookie_delete6

Internet Explorer(バージョン11)でcookieを有効化/無効化/削除する

Internet Explorerでcookie設定を変更する方法は、以下の5ステップです。

  1. Internet Explorer右上の設定ボタンをクリックします。
  2. ie_cookie_control1

  3. 「インターネットオプション」をクリックします。
  4. ie_cookie_control2

  5. 「プライバシー」タブを選択し、「詳細選択」をクリックします。
  6. ie_cookie_control3

  7. ブロック/許可したいcookieを選び、チェックを入れます。
  8. ie_cookie_control4

  9. 「OK」をクリックすると設定完了です。

Internet Explorerでcookieを削除する方法は、以下の3ステップです。

  1. Internet Explorer右上の設定ボタンをクリックします。
  2. ie_cookie_delete1

  3. 「セーフティ」から「閲覧履歴の削除」をクリックします。
  4. ie_cookie_delete2

  5. 「クッキーとWebサイトデータ」をチェックして「削除」をクリックするとcookieが削除できます。
  6. ie_cookie_delete3

まとめ

ユーザーの情報を保存したり、広告配信にデータを活用したりと、cookieのはたらきについて理解していただけたかと思います。普段何気なくWebページを見ているときにも知らぬ間に自分の情報が取られ、広告に使われているとは知らなかった…と驚かれた方もいるかもしれません。現代のオンラインマーケティングにおいて、cookieが重要な役割を果たしていることは間違いありませんね。

近年ではインターネット空間の拡大に伴い個人情報保護が叫ばれており、cookieに対する見方も変わってきています。特にEUでは個人情報保護を「基本的人権」と位置づけ、IT企業に対して規制を強化する方向に動いています。2018年5月25日に施行が始まった欧州データ保護規則(通称GDPR)はcookieの使用に関しても個人情報保護の観点を強化しており、前文30条では次のような記述がされています。

Natural persons may be associated with online identifiers provided by their devices, applications, tools and protocols, such as internet protocol addresses, cookie identifiers or other identifiers such as radio frequency identification tags.(筆者訳:自然人はIPアドレスやcookieの識別子、RFIDのタグなど、デバイスやアプリ、ツール、プロトコルから供給されるインターネット上の識別子と関連付けられる。)
参照元:https://gdpr-info.eu/recitals/no-30/

つまり、インターネット上の個人は、匿名であっても個人として認識され、cookieのデータも明確に個人情報とみなされるようになったということです。
また、もう一つのプライバシー保護法案であるePrivacy規則もcookieの使用を制限する方向に働いており、cookieの使用に関してユーザーの許可が必要であり、いつでもその使用を制限できるようにしなければならなくなりました。
このように、プライバシーに対する考えが変化する中で、cookieをめぐっても議論が起きているのです。普段ブラウジングしているときは「広告を連れてくる邪魔なヤツ」かもしれませんが、マーケティングの視点で見るとユーザーの志向や属性の判断を助けてくれる、重要な情報源なのです。

関連記事