悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

Indeed広告の掲載方法や無料掲載との違い、料金システムを徹底解説!

Indeed広告

最近、テレビで「仕事探しはIndeed(インディード)、チャッチャッ♪」というCMを見かけることが多いですよね。今回はこのCMで有名な「Indeed」が提供している「Indeed広告」についてご紹介します。
「Indeedが求人関連のサービスを行っていることは知ってるけど、具体的に何をやっているの?」という方や「Indeedで求人掲載したいけど、どうすればいいか分からない」という方、「Indeedに掲載する場合、費用や支払方法はどうなってるの?」という方はぜひご覧ください。

Indeedとは

「そもそもIndeedって何なの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?
Indeedとは採用・求人情報専門の検索エンジンサイトです。企業名や職種などのキーワードと、勤務地を入力して求人情報を検索することができます。
リクナビやマイナビは求人情報サイトであり、各サイト上に企業が求人情報を掲載しています。それに対して、Indeedはリクナビやマイナビなどの求人情報サイトや、各企業のオフィシャルサイトなどに掲載されている採用・求人情報をまとめて検索できるサイトで、毎月370万件以上の求人情報が追加されています。
リクナビやマイナビで採用・求人情報を探しているユーザーは、リクナビやマイナビに掲載されている採用・求人情報の中で仕事探しを行うことになります。しかし、Indeedを利用すればリクナビやマイナビに限らず、あらゆる採用・求人情報から仕事探しを行うことができるため、選択の幅を広げることや情報収集の時間と手間を省けます。また、企業側にとってもより多くのユーザーにアプローチを行うことができるというメリットがあります。

Indeed広告

Indeed広告とは

Indeedは採用・求人情報を専門にした検索エンジンサイトとして、GoogleやYahoo!のように掲載枠が大きく分けて2種類あります。1つが無料で掲載ができるオーガニック求人、2つ目が有料掲載となるスポンサー求人です。Indeed広告とはこのスポンサー求人のことです。

「無料で求人情報を掲載できるなら、わざわざ有料の広告を出す必要なんてない」と考える方もいるとは思いますが、Indeedでは有料掲載が無料掲載よりも上位に表示されているため、クリック率が高く、場合によっては最大で5倍のクリック数を獲得することもあるので、より多くの求職者にアプローチするにはIndeed広告が必須になると考えられます。

Indeed

Indeed広告の4つの特徴

Indeed広告を運用していくうえで、覚えておきたい4つの特徴をご紹介します。
Indeed広告の特徴を紹介するうえで、リスティング広告との比較をしているので、「リスティング広告ってよくわからない」という方はリスティング広告とはいったい何?-仕組みや強みをご紹介-をご覧ください。

クリック課金型

Indeed広告はリスティング広告と同様に、クリック課金型の広告です。広告がクリックされたときのみ費用が発生するので、広告がサイト上に表示されただけでは費用は掛かりません。
また、GoogleやYahoo!のリスティング広告のクリック単価に比べ、Indeed広告のクリック単価は非常に安くなっており、一般的に30円~70円ほどとなっています。

データをもとに広告効果改善が行える

Indeedには、「求人アナリティクス」「Indeedアナリティクス」の2つの分析ツールがあります。CPA、CPC、CVRといった広告効果を分析する際に必要となる数値を見ることや、PCとモバイルなどデバイスごとに数値を細かく分析することもできます。

Indeed広告では求人原稿内容が重要

Indeed広告ではリスティング広告のようにキーワードを登録をして広告を表示させることができません。これはIndeed側で「この求人情報にはこのキーワードが検索されたら表示させよう」といったように決められているからです。広告をより多く表示させるには、求人原稿内容に注力する必要があります。

Indeed内の時間設定が米国時間に合わせられている

Indeed内では米国に合わせた時間設定となっています。Indeed内で表示される時間は日本時間より14時間遅れています。Indeed内で前日のレポートを作成したい場合は、日本時間で一昨日の14時から昨日の14時までのレポートが出力されます。翌日の広告配信を停止したければ、翌日の14時から2日後の14時までの配信を停止する必要があります。

Indeed広告の料金システムと支払方法

クリック課金型の広告で上限クリック単価は15~1000円のなかで自由に設定できる

Indeed広告はクリック課金制を採用しています。上限のクリック単価は15円~1000円の中で広告主が自由に設定することができます。上限クリック単価を低く設定することで、広告費用を安く抑えることが可能です。

支払方法はチャージ制を採用

Indeed広告では支払方法としてチャージ制を採用しています。例えば5か月間で60万円の広告費を使用する場合、先に60万円をIndeed側にチャージします。半年間における広告費の割り振りは広告主が自由に決めることができ、「3か月目までは毎月10万円広告配信をして、残り2か月は15万円分配信する」というような自由な設定が可能です。
また、メールや電話で広告費の変更が可能です。

Indeed広告掲載で利用できる「注目の求人」

注目の求人

Indeedでは「注目の求人」というスポンサー求人やオーガニック求人とは異なる掲載枠が存在します。
サイトの右側のスペースに表示され、会社のロゴマーク、会社紹介、求人内容を表示できます。
広告主について検索された場合や、広告主のスポンサー広告が表示されるたびに、この広告は表示されます。
オーガニック求人やスポンサー求人がクリックされた場合、各企業の簡単な応募ページにつながります。

Indeed

「注目の求人」では「企業ページ」(2.企業ページで解説します)につながるので、企業のブランド力の強化や企業認知度の向上を図れます。

Indeed

企業ページ

「企業ページ」「注目の求人」のリンク先として設定されます。
写真や動画、SNSアカウント、ロゴマークなどを自由に盛り込むことができ、企業認知度の向上やブランド力の強化が図れます。フォローボタンを設置することもでき、最新の求人情報をフォロワーに配信することで、より求職者にアプローチすることが可能です。企業レビューを掲載することで、より志望度の高い求職者を集めることができます。

Indeed広告

掲載基準

「注目の求人」の掲載枠を利用するには条件が存在します。前月の平均案件求人数によって、「注目の求人」の掲載基準金額が決められています。
前月に決定した掲載基準金額以上消費をしていた場合、翌月1か月間は注目の求人掲載が可能となります。

注目の求人に掲載したければ、スポンサー求人で広告費を消費する必要があり、オーガニック求人だけでは掲載できません

まとめ

Indeed広告について理解できたでしょうか?

これまで「採用強化をしたいけど、いくつもの求人サイトに採用・求人情報を掲載する時間も費用もない」という悩みがあった中、すべての求人を一括して掲載できるIndeedには、大きな注目が集まっています。

Indeed広告で「採用・求人情報の内容をどうしたらいいか分からない」、「広告を配信しているけどなかなか採用・求人情報が上位で表示されない」とお困りの方はぜひ

お問い合わせフォーム

からご相談ください。

taiyo teshima

19卒内定者インターンの手嶋太陽です。
web広告を勉強する毎日を過ごしています。
趣味はサッカー、アニメ、漫画です。
よろしくお願いします!!

関連記事