悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

Googleモバイル検索「他の人はこちらも検索」に変化が!?

StockSnap_JB1GNB5RC3

こんにちは、SEO担当の齊藤です。
1月19日に、Googleの「他の人はこちらも検索」という表示が、検索結果の目立つ場所に出るようになりました。
突然の実装、かつ非常に目立つ表示に、驚かれた方も多いのではないでしょうか。
そこで、Googleの「他の人はこちらも検索」の機能と変化についてまとめました。

【無料プレゼント】基礎からわかる!SEOの教科書
ダウンロードはこちらから!
また、弊社では無料のSEO個別セミナーを実施しております!
事前にサイトを診断した結果に基づく個別セミナーなので大好評!詳細は下記URLから
https://digitalidentity.co.jp/service/seo/seminar.html

「他の人はこちらも検索」とは?

新しく確認された「他の人はこちらも検索」の表示形式

今回確認された新形式の「他の人は~」機能。どこが変わったのか見ていきましょう。
other_sample_0
最初に検索した時には出ていなかった「他の人はこちらも検索」。
サムネイル画像が表示されるのにもすっかり慣れて、おなじみの検索画面です。

other_sample01
しかし、検索結果のひとつをクリックして戻ってくると…「他の人はこちらも検索」が。
検索画面に戻ってきた瞬間に勢いよくスライドしてきます。かなり目立ちます。
結果をクリックし、戻ってきたタイミングで表示される仕様のようです。

「他の人はこちらも検索」自体は既に実装されており、検索結果に表示されていました。
ですが、ページひとつにつきひとつ出るようになったのは今回が初めてです。
更に、ページごとに異なるキーワードが表示される仕様となっています。キーワードについては後述します。

これまでの「他の人はこちらも検索」

従来の形式では、キーワードとサムネイル画像がセットになって表示されます。
主に人名や地名、観光地などに表示されています。
検索するキーワードによっては面白いものが表示されるということで、ネタ的に注目されていました。

other_sample03
PC版の表示です。右側に表示されています。
PCでは新しい形式の「他の人は~」は実装されていないようです。

other_sample06
クリックすると、このように検索結果上部にカルーセルが表示されます。
更にこのカルーセルをクリックすると、カルーセル以下が切り替わる仕組み。

other_sample06-2
複数の関連キーワードを、いちいち更新を挟まずにスピーディーに検索できます。
上のように、観光地などを検索しているときにとても便利です。

other_sample04
モバイルからだと一番下に表示。横にスライドさせてもっと見ることができます。
この一番下の表示に追加する形で、今回の割り込み形式が実装されたようです。

従来の表示と新しい表示、どちらも表示される

では、今までの形式は撤廃されて新しい形式に取って変わったのでしょうか?
other_sample04-2
いいえ、今まで従来の形式で「他の人はこちらも検索」が表示されていたキーワードでは、新しい割り込み形式も一緒に出ます。
現時点では、旧形式が新形式に取って変わったということではなく、検索キーワードに紐づく「他の人はこちらも検索」は旧型式ページに紐づく「他の人はこちらも検索」は新形式で表示されるようです。
(今後変更になる可能性もあります)

今まではPCでもモバイルでもあまり目立つ表示ではなかったため、見落としていた人が多いのではないでしょうか。
今回の変更で一気に認知度が上がりそうな「他の人はこちらも検索」。
更に先述した通り、ページによって表示されるキーワードが異なります。

表示されるキーワードはどうやって選ばれている?

ページごとに関連キーワードが表示されるようになって、気になるのはキーワードの選定基準。
次に、「他の人はこちらも検索」のキーワードについて見ていきましょう。

other_sample02

Wikipediaの東京オリンピックページには「開会式」や「聖火ランナー」など、過去の東京オリンピックの内容に関するキーワード。
東京オリンピックの競技大会組織委員会ページには「ボランティア」や「エンブレム」のように、2020年に開催される東京オリンピックに向けたキーワードが表示されています。

現在、どのような基準でキーワードが選ばれているかは明確にされていませんが、
ページと関連性が強いキーワードページを見た後に検索されているキーワードが表示されているのではないかと考えられます。

すべての検索結果に出る訳ではない?表示されないページもある

other_sample05

この表示、すべての検索結果の下に出るものかと思いきや、出ないものもあります。
メディアや情報サイトなどでは比較的出やすい傾向にあるように感じました。
一方、企業の公式サイトやブランドサイトなどでは出るものと出ないものが半々、といった感触です。
こちらも、順次出るよう調整しているのか、ページによって出る出ないがあるのかなどの詳細は発表されていません。

まとめ

Googleでは以前より、キーワードを単なる文字列としてではなく、意味を持つ単語として認識する動きが高まっていました。
それが、今回の表示変更でかなり目立つ形で私たちに提示されたように感じます。
ユーザーがクリックした結果をもとに、ユーザーが求めている情報を瞬時に提示する…Googleの理念にぴったりと添う機能です。

今回の変更はテスト段階であり、今後さらに変更が加えられる可能性があります。
Googleから公式に発表があったり、機能に変化があった場合は随時更新していきます!

【無料プレゼント】基礎からわかる!SEOの教科書
ダウンロードはこちらから!
また、弊社では無料のSEO個別セミナーを実施しております!
事前にサイトを診断した結果に基づく個別セミナーなので大好評!詳細は下記URLから
https://digitalidentity.co.jp/service/seo/seminar.html

関連記事