悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

初めてのDMCA申請。パクられた著作物を検索結果から消す方法

Hacker stealing personal data from home computer

SEO Div.の松本です。

皆さんはDMCAをご存知でしょうか?
DMCAとは、デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)の略称で、デジタルコンテンツ上の著作権に関する法律のことです。もともとは米国にて、デジタルコンテンツにおいての著作権のあり方などを規定する法律として2000年10月に施行されました。

GoogleはDMCAに基づき、著作権侵害をしているコンテンツに対しては慎重に審査を行い検索結果から排除するなどの対応をしています。
これにより、オリジナルのコンテンツを無断でコピーされた場合「著作権侵害を申し立て」を行い、著作権侵害と認められるとコピーページ(サイト)を検索結果から排除することが可能になりました。

今回なぜDMCAについて取り上げているかというと、実はこの「デジタルマーケティングブログ」の記事が無断で使われており、コピーコンテンツがオリジナルよりも上位表示されてしまっていたからです。

私は日本から、…いや、世界から悪質なコピーサイトを排除したい!そんな気持ちでこの記事を書きました!
同じようにコンテンツの盗用に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

盗用されるとどうなるの?

自分のサイトにあるコンテンツを他のサイトにコピーされると、下記のような弊害が生じます。

  • コンテンツの重複扱いとなり、オリジナルであるこちらのサイトが検索結果画面から消えてしまう可能性もある。
  • コピーしたサイトの方が検索エンジンにより高く評価された場合、自身のサイトより上位に表示されてしまい、流入の損失につながる。
  • 被リンクや検索エンジンからの評価がコピーしたサイトの方に集まってしまい、自分のサイトの評価向上につながらない。

などなど…。

これまでに対処の仕方が分からず、泣き寝入りした運営者もいるのではないでしょうか。
ですが、諦める必要はありません!

GoogleではDMCAに基づき、著作権を侵害しているサイトを検索結果から排除しています。
この仕組みを使えば、コピーサイトではなく自分のサイトが評価されるようになるのです!

昔はコンテンツやサイトの著作権が侵害された場合、サイトの運営者に直接連絡し、削除要請を出して対応してもらうしかありませんでした。
ネット上におけるコピーコンテンツの台頭という問題を受けて、デジタルコンテンツに関する著作権保護の基準となる法律が2000年にアメリカ連邦法として成立し、今ではDMCAに基づきコピーコンテンツやコピーサイト、インデックスの削除依頼をGoogleでも受け付けるようになりました。

削除依頼をする方法

削除の依頼方法は簡単です。大まかな流れは以下の通り。

  1. 「著作権侵害による削除」ページから削除申請を行う
  2. 権利侵害申請を行う。
  3. 「宣誓供述書」を確認する
  4. 結果がダッシュボードに届く

【1】「著作権侵害による削除」ページから削除申請を行う

まず、こちらの「書作権侵害による削除」ページから削除申請を行います。

サーチコンソールへのログインが必要です

著作権侵害に関する詳細を記述する前にまずは連絡先情報を記述しなければいけません。


著作権侵害による削除

  • 名前(名)(必須)
  • 名前(性)(必須)
  • 会社名(任意)
  • 自分が代理を務める著作権所有者(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • 国/地域(必須)

以上の赤枠で囲まれている項目を記述します。

デジタルマーケティングブログは会社の所有物であり、私個人で管理しているものではありませんが今回は担当である私自身の名前を記述しました。(※サイト運営元によって名義の記述方針が変わると思うので、メディア毎に適切な担当者名を記載しましょう。)

会社名は自社名を記載。(※会社名記入は必須ではありません。)

そして「自分が代理を務める著作権所有者」に関しては自身や自社で運営しているサイトであればデフォルトで設定されている「本人」で問題ありません。

自分が代理を務める著作権所有者

(※申請者が著作権所有者の法的な代理人の場合は「自分が代理を務める著作権所有者を追加」を選択し、著作権所有者の名前を追加します。)

【2】権利侵害申請を行う

そして次はメインである「権利侵害申請」です。
行う内容としては下記に関する情報を記述します。

  • 著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明
  • 当該著作物が許可を受けて掲載されている場所
  • 権利を侵害している著作物の場所

「著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明」は何の画像か、どこのテキストか、など無断で盗用されている著作権対象物がどのように著作権侵害されているかを記述します。

「当該著作物が許可を受けて掲載されている場所」は自身のコピーされたサイト・ページURLを記述します。

「権利を侵害している著作物の場所」はコピーした悪質なサイト・ページURLを記述します。

まずは著作権を持つコンテンツがどのような理由で侵害されているのかを報告するために「著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明」を記述します。

著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明

ちなみに私が記述した内容はこちらです。

参考例

今回は、コンテンツを丸々コピーされたり、一部の文章をそのままコピーされていたりだったため削除内容は簡潔な記載で済んでいますが、侵害された内容によっては詳しく記載しないと認可されず再度申請するという手間がかかるので丁寧に記載するように心がけましょう。

次に「当該著作物が許可を受けて掲載されている場所」と「権利を侵害している著作物の場所」を記述します。
堅苦しい言い回しですが、盗用されたページ(サイト)URLと盗用した悪質なページ(サイト)URLを記述してね!ということです。

URL記述

対象URLを入力していきます。
実は最初100行ずつ記載して申請をしたのですが、説明が簡易的すぎたせいか正しく伝わらず認可されませんでした…。

申請するURLが多い場合は、オリジナルページがどれで、どのページに対して侵害されているかなど細かく記載するか、「新しいグループを追加」を選択し数ページずつ申請を行う必要があります。

結局審査するのは、「機械」ではなく「人」が行っているので「分かりやすい内容で送る」ことが大事だということです。

【3】「宣誓供述書」を確認する

記述が終わったら、後は「宣誓供述書」を確認し、チェックを入れます。

入力項目

そして「署名」項目の署名日を記述し、署名を記述します。

最後に「私はロボットではありません」を選択し「送信」を押して終了です。

【4】結果がダッシュボードに届く

数時間~数日すると削除完了報告が「著作権侵害による削除」の削除用ダッシュボードに届きます。

削除完了報告

ほとんどのURLは承認されていますが、拒否されたURLもありました。中身を確認すると「当該コンテンツが見つかりませんでした」と表示されました。

承認例

拒否されたURLはコンテンツ内の一部分の文章が盗用されたページでした。
コンテンツ内のどの箇所が盗用され、著作権を侵害しているページのどの箇所にそれがあるのかを詳細に記述していなかったせいか、適切に内容が伝わらず盗用部分のコンテンツを見つけてもらえず拒否された可能性があります。

このような場合は、一度で諦めずに具体的に説明を記述し、再申請を行うようにしましょう。

侵害が認められると検索結果画面はどうなるの?

承認されたURLをGoogleで検索すると、検索結果画面下部には下記のようなテキストが表示されていました。
これが表示されるということは検索エンジンから悪質な盗用ページが削除されているという証拠です。

承認結果

今回削除を行ったとしても、もしかしたら明日盗用されてしまう可能性があります。

悪質な盗用に関しては常に気を張り確認しなければいけないため、面倒になってしまい後回しにしがちです。
ですが、自分のサイトが得られるはずの利益だったり権利を守るためには著作権侵害報告は必要不可欠なことなので、負けずに対応していきましょう!!

関連記事