悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

【Google】2020年8月11日の大幅な順位変動について!インデックスシステムの問題が検出

2020年8月のGoogleによる順位変動について

2020年8月11日早朝からGoogle検索にて大きな順位変動が見られました。

これまでにはない順位変動に、アップデートやバグの可能性など様々な憶測がされましたが、Google Webmaster公式Twitterのアナウンスにより、Googleのインデックスシステムの問題であったことが判明しました。

本記事では時系列に沿った詳細な情報や現在の状況、これらを踏まえ今後注意するべきことをまとめています。

>>【大好評】課題を可視化する独自のSEO診断!具体的な施策について知りたい方はこちら

【8月11日早朝】大きな順位変動

8月10日~11日にかけて、Google検索による大きな順位変動が見られていました。

11日の時点でGoogleからの公式発表はまだなく、大規模な検索バグなのかアルゴリズムアップデートなのかというところは、はっきりしていない状況でした。

弊社では各のようなものが確認されています。

  • 指名キーワード(ブランドワード)で順位が下落する(Wikipedia等に負けてしまっている)
    ※現在(8/11 12:00現在)では修正されている模様
  • 検索結果において今まで出現しなかったようなサイトが上位にランクインしている
  • 大規模サイトや権威の高いドメインにおいて優遇されるキーワードが見られる
  • トップページでランクインしていたキーワードでも、下層のページがランクインする

2020年8月11日15時頃にはほとんどのキーワードで順位が戻っていることを確認しました。

【8月11日14時頃】GoogleスタッフのJohn Muellerのツイート

2020年8月11日14時頃、GoogleスタッフであるJohn Muellerが下記のようにリプライしました。
この時点で今回の大幅な順位変動はバグだったと考えられました。

和訳
詳細はまだわかりませんが、これは私たちの問題であり、修正されたようです。
誰かが他の2020の問題を修正できれば、それは素晴らしいことです。

【8月12日】Google公式からのアナウンス

Google Webmasterの公式Twitter

2020年8月12日にGoogle Webmasterの公式Twitterより前日の順位変動について下記のようにアナウンスがありました。

和訳
月曜日に、Googleの検索結果に影響を与えるインデックスシステムの問題を検出しました。問題が特定されると、サイトの信頼性エンジニアによってすぐに修正され、現在は軽減されています。
お待ちいただいてありがとうございます!

ここでは、インデックスのシステムの問題であったとあります。

Gary Illyesのツイート

GoogleのスタッフであるGary Illyesからは下記のような詳細な情報がアナウンスされています。

和訳
インデックス作成システムであるカフェインは複数のことを行います。
1. fetchlogを取り込む、
2.取得したデータをレンダリングして変換します。
3.リンク、メタデータ、構造化データを抽出します。
4.いくつかの信号を抽出して計算し、
5.新しいクロールをスケジュールします。
6.サービスにプッシュされるインデックスを作成します。

和訳
想定されているほとんどの処理で問題が発生した場合は、何らかの形でダウンストリームが表示されます。スケジュールがうまくいかない場合、クロールが遅くなることがあります。レンダリングがうまくいかないと、ページが誤解される可能性があります。インデックスの構築がうまくいかない場合、ランキングと配信に影響する可能性があります

和訳
検索を単純化しすぎないでください。単純ではありません。何千もの相互接続されたシステムが連携してユーザーに高品質で適切な結果を提供します。機械に砂粒を投げると、昨日と同じように停止します。

問い合わせへのGoogleからの返答

キュレーションサイト「ねとらぼ」では、今回の順位変動についてGoogleへ問い合わせを行っております。

編集部がGoogleに問い合わせたところ、「バグであり現在修正中です。アルゴリズムの変更ではありません」との回答。
引用元:「Googleの検索順位に大変動」と騒然 変更ではなくバグ、Googleは「修正中」| ねとらぼ

今回の問題に対する今後の考えと対策

上記のことから、2020年8月11日おきた大幅な順位変動はGoogleのインデックス問題によるバグであったことがわかりました。

Gary Illyesのツイートにもある通り、Googleのシステム不具合・バグが発生する可能性は十分にあり、異常な順位変動等が発生した場合には慌てず、経過を観測することが大切です。
1年ほど前にもインデックス問題が発生|ウェブマスター向け公式ブログ

また、Googleはユーザーがより快適かつ迅速に、正確で有益な情報に辿り着ける検索エンジンを目指しています。
日頃からユーザーに対して優れたコンテンツを提供できているかを意識し、コアアルゴリズムアップデートやバグが発生した場合にも冷静に対処できるようにしておきましょう。

>>【大好評】課題を可視化する独自のSEO診断!具体的な施策について知りたい方はこちら

当サイトではこの他にもWebに関するお役立ち情報を多数ご紹介しています。
Web担当者の方、デジタルマーケティングに興味がある方はぜひご覧ください。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

関連記事