悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

ドメインの取得手順とは?ドメインの種類や、仕組みまで詳しく解説!

austin-distel-goFBjlQiZFU-unsplash

Webサイトを作る際、最初に行うことがドメインの取得です。
簡単に説明するとドメインとは、インターネット上の住所のことです。

しかし、ドメインにも様々な種類があり、詳しく理解されていない方も多いのではないでしょうか?
今回は、そんなドメインの基本情報から、取得手順まで詳しく解説いたします。

そもそもドメインとは?

ドメインとは、インターネット上に存在するネットワークを識別するための名前のことです。
例えば、ホームページのURLを「https://www.○○○.com」とすると、「www」の部分をホスト名と言い、「○○○.com」の部分をドメイン名と言います。

ドメインは、メールアドレスにも使われます。
例えば、メールアドレスを「info@○○○.com」とすると、「○○○.com」の部分がドメイン名になります。
9E0F944C-1F26-43C3-A9C5-5780D1AE592D_4_5005_c
メールアドレスの場合、@の前の部分を変えるだけで、アドレスを複数持つことができます。

ドメインの種類

ドメインは、大きく分けて「ccTLDドメイン」と「gTLDドメイン」の2種類に分類できます。さらに、「ccTLDドメイン」は、「汎用JPドメイン」と「属性JPドメイン」に分けられます。
またドメインは、「独自ドメイン」と「サブドメイン」という分類もできます。
8A4A6935-ED3E-4452-9682-B1A4F787002B_1_201_a
それぞれ詳しく説明していきましょう。

gTLDとccTLD

ドメインの最後には、「.com」や「.net」、「.jp」などの文字がつき、これらを「トップレベルドメイン」と呼びます。
この時、「.com」や「.net」がついたドメインを「gTLDドメイン」と言い、カントリーコードを表す「.jp」などの2文字が最後についたドメインを「ccTLDドメイン」と言います。
まずgTLDドメインとは、世界中の誰もが使うことができるドメインです。
具体的には、以下のようなgTLDドメインがあります。

gTLDドメイン 内容
com 誰でも使うことができる「商業組織用」ドメイン
net ネット関連の事業が使うドメイン
org 非営利団体が使うドメイン
biz ビジネスを表すドメイン
info 情報の提供者を表すドメイン

それに対して、ccTLDドメインは、カントリーコードが示す国に住んでいる人しか使用することができません。例えば「.jp」の場合、日本に住んでいる人しか使うことができません。
そんなccTLDドメインは、汎用JPドメインと属性JPドメインに分類することができます。

汎用JPドメイン

汎用JPドメインは、jpの前に好きな文字列を設定することができ、「○○○.jp」のような形です。
また、ひとつの組織で複数のドメイン名を登録することが可能です。

属性JPドメイン

属性JPドメインは、jpの前にくる文字列が指定されています。
具体的には、以下のようなものがあります。

属性JPドメイン 内容
co.jp 日本国内で登録を行っている会社・企業が登録可能
or.jp 特定の法人組織が登録可能
ne.jp ネットワークサービスが登録可能
ac.jp 学校教育法などの規定による学校が登録可能
go.jp 日本の政府機関、各省庁が管轄する研究所、特殊法人が登録可能

原則、属性JPドメインはne.jpをのぞき、ひとつの組織でひとつのドメイン名しか持つことができません。しかし、特定の要件を満たす場合は、申請及び必要書類を提出することで複数の属性JPドメインを持つことが可能になります。
詳しい要件については「JPDirect」をご覧ください。

ここまで、「gTLDとccTLD」の違い、「汎用JPドメインと属性JPドメイン」の違いについて解説しました。
先に述べたように、ドメインは、独自ドメインとサブドメインという分類もできます。
例えば、「楽天」も独自ドメインとサブドメインを使い分けています。

・独自ドメイン:「楽天」 https://www.rakuten.co.jp/
・サブドメイン:「楽天トラベル」https://travel.rakuten.co.jp/

それでは、独自ドメインとサブドメインはどのような違いがあるのでしょうか?

独自ドメインとサブドメイン

サブドメインとは、母体のサイトがある独自ドメインを分割して複数のユーザーに割り振るためのドメインです。
詳しくは、以下の記事をご覧ください。

サブドメインの正しい使い方とは?サブドメインの概要、使用法を詳しく解説


ここでは、独自ドメインを取得する、メリットについて解説します。

独自ドメインを取得するメリット

独自ドメインを取得するメリットは、以下の2点です。

  • URL(ドメイン)・メールアドレスを引き継ぐことができる
  • SEO的価値が高まる

詳しく説明していきましょう。

1つ目は、URL(ドメイン)・メールアドレスを引き継ぐことができる点です。
サブドメインは、レンタルサーバーなどの会社ごとに用意されます。そのため、ドメインを別会社に移行した場合、元のドメインやメールアドレスを引き継ぐことができません。
それに対して、独自ドメインの場合はその心配がなくなります。
また、会社で独自ドメインを利用されている場合、取得可能なメールアドレス数に制限がなくなります。

2つ目は、SEO的価値が高まることです。
Googleでは、「上位1ページ目には同じドメイン内のページを2つ以上表示させない」という制限があります。独自ドメインの場合には、そのような制限を受けることがなくなり、コンテンツを多く提供することができます。
また独自ドメインを取得しておけば、サーバーを変えても同じURLのままサイト運営をすることができるので、昔からの顧客を逃しません。

ドメインの仕組み

続いて、私たちがWebサイトへアクセスする際、コンピュータとサーバー、ネットワーク内で起こっていることを解説していきます。
ドメインの仕組みを理解するためには、「IPアドレス」と「DNS」という用語を理解する必要があります。

IPアドレスとは「123.456.789.124」のようなドットで区切られた数値のことです。
これは、目的の情報がどのコンピュータのどの場所に存在しているかを示したものです。
しかし、数字の羅列ではどのブランドのサイトなのかがわかりません。そこで、英数字などを用いたドメインが必要になります。ドメインを使うことで、わざわざIPアドレスを覚えなくても、Webサイトにアクセスすることができます。

DNS(ドメインネームシステム)とは、ドメイン名、ホスト名に対するIPアドレスを教えてくれるシステムです。
そのためWebサイトへアクセスする際、以下のようなことが起こっています。
9725FFB3-9CD4-4FAA-8BBF-95FCBC5C4FDA_1_201_a

ドメインを取得する手順

最後に、ドメインを取得する流れをご紹介します。
以下のような手順で行います。

  1. ドメイン名を決める
  2. レンタルサーバー会社かドメイン専門会社で取得する
  3. ネームサーバー申請を行う
  4. ドメインの更新

それぞれ詳しく説明していきましょう。

ドメイン名を決める

まずは、URLの最後の文字列「トップレベルドメイン」を決めましょう。
法人の場合であれば、信用度の高い属性型JPドメインを取得することをオススメします。
属性型JPドメイン名にも様々な種類があるので、条件に合ったトップレベルドメインを選択しましょう。
また個人の場合、gTLDドメインか汎用JPドメインのいずれかになります。自分が住んでいる場所をもとに選択しましょう。汎用JPドメインの方が信用度は高いですが、その分維持費が高いので注意しましょう。

トップレベルドメインを決めたら、独自ドメイン名を決めましょう。
独自ドメインは自由に決められますが、サイトのコンテンツや、企業を連想させるドメイン名にすることが一般的です。基本的には、同じドメインを使い続ける方が良いので、慎重に決めましょう。
なお、ドメインに使用できる文字種は「半角英数字(A~Z,0~9)、半角ハイフン-」で、自由に決められる部分の文字数は「3文字以上63文字以下」です。

すでに使用されているドメイン名もありますので、使用できるか否かをドメイン提供元のサイトでチェックしましょう。

レンタルサーバー会社かドメイン専門会社で取得する

次に、実際にドメインを取得しましょう。

方法としては、レンタルサーバー会社でレンタルサーバー契約時にドメインを取得する方法か、ドメイン専門会社で取得するかの2択です。
レンタルサーバー会社で取得する方が、ドメイン専門会社で取得するよりも費用が高くなることが多いです。

しかし、レンタルサーバー会社では、設定全般を行ってくれる場合があり、便利です。
ドメインを取得する際、契約者の情報をwhoisというインターネットから誰もが参照できるデーターベースに公開する必要がありますが、代わりにドメイン専門会社の情報をwhoisに登録しユーザーの情報を公開しない「whois代理公開」というサービスがあります。
条件を見て、自分に合った会社を選びましょう。

ネームサーバー申請を行う

取得したドメインをレンタルサーバーで使用するために、ドメインとDNSサーバー(ネームサーバー)を紐づける「ネームサーバー申請」を行う必要があります。
レンタルサーバーごとに設定のやり方が違うので、契約したサービスのマニュアルを確認しましょう。

ドメインの更新

ドメインの契約には、期限があり、通常は1年ごとに更新となります。期限が過ぎた場合には、更新費用を支払い、権利を継続しましょう。
更新を忘れ期日を過ぎてしまった場合でも、すぐにドメイン権限が失効されるわけではありません。
猶予期間内に更新手続きを行えばドメインは復活しますが、プラスαで手数料がかかりますので注意しましょう。
またドメインによって猶予期間が違いますので、しっかりと管理しておきましょう。

まとめ

今回は、ドメインの種類や取得手順などをお話いたしました。
ドメインには様々な種類がありますが、個人または企業などの条件に照らし合わせれば、決して難しい選択ではありません。
また、取得方法も簡単です。
ドメインの管理をしっかりと行い、実際にWebサイトを作ってみましょう。

当サイトではこの他にもWebに関するお役立ち情報を多数ご紹介しています。
Web担当者の方、デジタルマーケティングに興味がある方はぜひご覧ください。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

関連記事