悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

【2019年12月|広告媒体・SEO・制作アップデート・リリース】

スライド24

弊社ではリリースノートと称して、毎月デジタルマーケティングにまつわる最新情報をお届けしております。

本記事では、2019年12月分の抜粋したリリース情報を掲載しております。

デジタルマーケティングにまつわるリリース情報にご関心のある方は、下記のフォームから登録ください。

Google

ここではGoogleに関するリリース・アップデート情報をご紹介します。

検索広告にリードフォームを追加可能に

検索広告において、広告表示オプションに、「リードフォーム」を表示できる「リードフォーム表示オプション」が追加されました。

検索広告のリードフォームの特徴は主に2つあります。
1つ目は、 Googleアカウントにログインしていて連絡先情報を登録しているユーザーの場合、1回タップするだけでフォームに情報を入力可能です。
2つ目は、課金方式は「オプションがクリックされたタイミング」のクリック課金型をとります。
※ユーザーが実際にフォームの送信を完了したか否かではありません。

これにより、ユーザーが必要事項を入力するだけで、サイトへ遷移せずとも簡単にリードを獲得することが可能になります。

導入するメリットは2点あります。

CVRの向上
ユーザーをサイト遷移させる必要がないため、資料請求やお問い合わせがCVポイントとなる広告主ではCVRの向上が期待できます。

リード情報が獲得可能
ユーザーの名前、メールアドレス、電話番号、郵便番号等のリード情報獲得が可能です。

参考:Google広告ヘルプ/リードフォーム表示オプションを使用する

このトピックによる影響や対策
リード情報獲得までのステップが短縮したことでより多くのリード情報獲得に期待できます。

Yahoo!

ここではYahoo!に関するリリース・アップデート情報をご紹介します。

広告表示オプションによる広告効果について

Yahoo!広告表示オプションには4種類あり、導入することでより詳しい情報をリスティング広告内に掲載する事が可能です。
掲載される情報量が増えることでユーザーの商材理解が深まり、クリック率の向上に繋がる事も実証されています。

クイックリンク
表示オプション
広告タイトルとのリンク先とは異なるURLへのリンクを設置可能
ユーザーの目的に合わせて導線を変えられるのでクリック率の向上が期待できる。
カテゴリ補足オプション 商品やサービスの特性に合わせてカテゴリーに合わせた内容の語句を表示。
競合との違いをアピールすることができる。
テキスト補足オプション 広告のタイトルや説明文に記載しきれなかった情報を追加することができる
電話番号オプション 電話番号を表示できる
電話番号をタップして電話を掛けられるため、電話による申し込みやお問い合わせの促進に効果的

このトピックによる影響や対策
広告表示オプションの導入により、クリック率の向上が期待できます。

Yahoo公式ブログに掲載のお知らせ

2019年4月に維新された「Yahoo!マーケティングソリューションパートナープログラム」における「広告運用パートナー」を、認定制度の開始後から2期連続で取得しました。
広告運用のエキスパートとして正式に認定され、 Yahoo公式ブログ内でデジタルアイデンティティの紹介がされました。

参考:Yahoo公式ブログ/<Yahoo! JAPAN広告運用の特別認定パートナー> 各社メッセージのご紹介 【後編】

このトピックによる影響や対策
広告運用に関する深い知見をもとに、広告効果を最大化する運用サイクルを実現いたします。

Twitter

ここではTwitterに関するリリース・アップデート情報をご紹介します。

プロモトレンドスポットライトのご紹介

プロモトレンドスポットライトとは、Twitter上のプレミアム表示枠1社買い切り型の新しい広告プロダクトです。
人々が目を止めるとされる「動画」とTwitterの[#話題を検索]タブの「プレミアムな枠」を組み合わせています。

プロモトレンドスポットライト
画像引用元:Twitter/プロモトレンドスポットライトとは?

プロモトレンドスポットライトの特徴は主に3つあります。

注意を引く
プロモトレンドスポットライトは、ユーザーが没入できる画面幅いっぱいのクリエイティブのため、人々の注意を引きつけことが可能です。

ブランドを差別化
[#話題を検索]タブの最上部に置かれるプロモトレンドスポットライトは、情報が高度にまとめられたエディトリアルコンテンツの上部に表示することで、他のタイムライン上に配信される広告との差別化が可能です。

会話を喚起
Twitterの[話題を検索]タブ最上部で表示されることで、他のトレンドとともにブランドは会話を生み出し、議論を誘い起こす機会を持つことが可能です。

このトピックによる影響や対策
[話題を検索]タグには、利用者が今まさに起こっている出来事を見に来るため、
トレンドとともにブランドが会話を生み出し、ユーザーと繋がる機会を作ることが可能です

Webマーケティング調査

ここではウェブマーケティング調査に関するリリース・アップデート情報をご紹介します。

2020年注目のWebデザイン最新トレンドをピックアップ

2020年に流行が予想されているWebデザインの最新トレンドをピックアップしました。

  • 巨大なフォントサイズや太字のくっきりとした「タイポグラフィ」でテキストに存在感を出す
  • レトロなデザイン×デジタルのスタイリッシュさを組み合わせた「レトロモダン」
  • 親近感を与えたり直感的に情報を伝えたりできる「イラスト中心のデザイン」
  • 印刷物など何かをモチーフにした「スキューモーフィズム」の再ブーム
  • 平面的なWebサイトに表現の幅をつけた「3Dグラフィックとアニメーション」
  • デザインにアクセントとオリジナリティを与えるために「あえてデザインを崩す」

このトピックによる影響や対策
2020年は「巨大なタイポグラフィ」と「イラスト中心のデザイン」の2つの直感的な訴求が多く登場するかもしれません。2019年よりも「大胆」かつ「印象的」な表現が登場する可能性が高いです。

PANTONEと一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が、2020年の色を発表

世界的な色見本帳ブランドであるPANTONEと最新のカラートレンド情報を提供する日本流行色協会が、毎年12月(※1)に発表する「来年の色」。2020年は以下の2色がPANTONEと日本流行色協会から、トレンドカラーとして選出されました。

PANTONEからのトレンドカラーは、「Classic Blue」。テクノロジーの急速な進歩によって社会が変化する中、人々の「安定」に対する欲求を象徴する色。集中力を高める色。レーザーのような明晰さを齎す色。思慮深く、回復力を培う色などを表しています。

pantone-color-of-the-year-2020-classic-blue
画像引用元:PANTONE公式サイト/PANTONE COLOR OF THE YEAR 2020

日本流行色協会(JAFCA)からは、「Human Red」。デジタル化が加速する現在において人間らしい「豊かな感情」を表す色。環境問題や社会問題に対して、新たな「未来を創っていく人々の命(行動力)」の色。2020年の東京オリンピック開催に伴い、「日本の国旗色およびオリンピック時の人々の高揚感」を表す色などを表しています。

一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)「Human Red」
画像引用元:一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)/2020年の色ヒューマンレッド

このトピックによる影響や対策
2020年のWebデザインのトレンドカラーは「Classic Blue」と「Human Red」。相反する2色のトレンドカラーを取り入れたWebデザインにもご注目ください。

SEO

ここではSEOに関するリリース・アップデート情報をご紹介します。

構造化マークアップすることで検索結果をよりリッチに

これまでは、在庫状況はウェブ検索に表示されているだけでしたが、画像検索でも表示されるようになりました。
商品の構造化データのOfferのプロパティとしてavailabilityの項目を追加することで、在庫状況の設定が可能になります。

データ仕様 スキーマ値
in_stock [在庫あり] InStock(在庫あり)
LimitedAvailability(限定販売)
OnlineOnly(オンラインのみ)
out_of_stock [在庫なし] Discontinued(生産中止)
InStoreOnly(店舗のみ)
OutOfStock(在庫切れ)
SoldOut(完売)
preorder [予約] PreOrder(先行予約)
PreSale(先行販売)

このトピックによる影響や対策
構造化マークアップをし、商品の在庫状況などをユーザーに知らせることで、クリック率の向上が見込まれます。

弊社リリースノートのご紹介

弊社では、デジタルマーケティングのアップデートやリリースを「リリースノート」と称して毎月お届けしています。

広告媒体社からのリリースはもちろん、SEOや制作、MA/CRMなどの情報や実績・事例を毎月ご覧頂けいます。
下記ボタンのよりダウンロード・お申し込み頂けます。

関連記事

適切な運用・対策できてますか? 無料診断5点セット Google広告アカウント Yahoo!広告アカウント SEO webサイト LP 申し込みはこちら