悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

【マーケター必見】VSEOとは?メリットや対策のポイントをご紹介!

VSEO メリットや対策のポイント

近年、スマーフォンやPC、ウェアラブルデバイスの増加や5Gの導入など、インターネットの普及にともない、動画市場は急速に拡大しています。動画がより身近なものになってくると同時に、ニーズも増え検索結果に動画コンテンツが表示されるようになりました。そこで生まれたのが、動画コンテンツの検索エンジン最適化「VSEO」です。

オーガニック検索の上位に自社サイトを表示させるためのSEO対策は、数多くの企業で取り入れられていますが、動画コンテンツに特化したVSEOは取り入れている企業はまだまだ少ない状況です。

マーケターの方は、VSEOの重要性や対策のポイントについて理解し、他社との差別化を図ってみてはいかがでしょうか。

>>【大好評】SEOの課題を可視化する独自の診断実施中!無料SEO診断はこちらから

VSEOとは?

VSEOとは「Video Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、動画コンテンツの検索エンジン最適化という意味です

SEOは「検索エンジン最適化」という意味で、オーガニック検索においてWebサイトを検索エンジンに評価してもらいオーガニック検索の枠でなるべく高い順位に掲載させることを指します。

現在は検索結果のオーガニック検索の枠にYouTubeの動画コンテンツも表示されるようになりました。
そのため、動画コンテンツを検索結果の上位に表示させるために行うSEO対策である「VSEO」が注目を集めています。

今VSEOが重要な理由

注目を集めているVSEOですが、重要視されている理由とは何でしょうか。ここでは現在の動画市場や動画コンテンツのメリットを踏まえ、VSEOの重要性について解説します。

動画コンテンツの普及

VSEOが注目されはじめた一番の理由は、動画コンテンツの普及です。スマートフォンの普及、さらには5Gの導入により動画の需要は高まっています。YouTubeはもちろん、ショートムービーを投稿するSNS「TikTok」やサイト内の動画広告も広く普及しています。

動画市場は益々伸びていくことが予想されるため、その動画を広く認知してもらうためのひとつの手法として、VSEOは重要であるといえます。

競合他社が少ない

動画コンテンツの普及により、YouTubeを始めたり、動画広告を作成している企業は着々と増えていますが、VSEOを本格的に取り入れている企業はまだ少ない状況です。

動画コンテンツを作成しYoutubeにアップする場合には、早くからVSEOを意識することで、動画コンテンツからサイトへの流入やCVといった効果が期待できます。

VSEOのメリット

VSEO、つまり、動画コンテンツの検索エンジン最適化を今始めるメリットについて、下記3点に注目してみましょう。

  • YouTubeの上位表示
  • 見られやすく、CVR・拡散力が高い
  • コスパがよく費用対効果に期待できる

YouTubeの上位表示

動画コンテンツが多くアップされている場所といえばYouTubeです。Googleの検索結果で動画コンテンツが表示される多くの場合は、YouTubeのコンテンツが表示されます。

YouTubeの検索アルゴリズムはGoogle検索ほど細かくなっていないため、最低限のVSEO対策で上位表示を獲得できる場合が多く見受けられます。

最近では情報を動画解説で調べるため、YouTubeを検索エンジンとするユーザーも増えています。YouTubeで上位表示されることは、動画コンテンツに一定の流入を保つために必須といっても良いでしょう

見られやすく、CVR・拡散力が高い

動画コンテンツはテキストにくらべ、ユーザーが気軽に見やすいというメリットがあります。また、短い時間の中に多くの情報を盛り込むこともできます。そのため、視覚や聴覚、動画のストーリー性など様々な要素を工夫することができ、ユーザーをCVやサイトまで誘導しやすくなります

さらに、興味を引くコンテンツであればSNS等での拡散力も期待できます。
このようにユーザーが動画コンテンツを気軽に見られる環境があるだけでなく、CVRや拡散力の高さからも、検索結果に動画コンテンツが表示されるメリットは大きいといえます。

コスパがよく費用対効果に期待できる

動画を作成するのにはお金がかかるのでは?という疑問もあるのではないでしょうか。もちろん動画を作成するにはそれなりのコストがかかりますが、動画の普及により動画作成ツールが多くでてきています。

上記で説明したCVRや拡散力に加え、成長途中にある動画市場ではコストよりも良いリターンが期待できると考えても良いでしょう

>>【大好評】SEOの課題を可視化する独自の診断実施中!無料SEO診断はこちらから

VSEO対策のポイント

ここまでVSEOの重要性やメリットをご紹介してきましたが、具体的にどのようにVSEO対策を行えばよいのでしょうか。
ここでは大きく4つのポイントに分けて解説します。

目的の明確化

VSEOで最も重要なことは、目的(KPI)を明確化しておくことです。どのキーワードで上位表示を狙うのか、サイトへの流入を増やすのか、CVを獲得するのかなど、目的を明確化しておきましょう。
これはVSEOという枠に限らず、動画コンテンツを作成するうえでも大切なポイントとなります。

タイトル・説明文キーワードを含める

SEOでも広く知られている「対象キーワード」をタイトルと説明文に含めます。
ただ闇雲にキーワードを詰め込めばいいわけではありません。ユーザーニーズを加味したキーワードの選定はもちろん、ユーザーの目を惹くタイトル・説明文の作成も重要です。
タイトルと説明文は、検索エンジンがそのコンテンツがどのような内容のものかを判断するための重要な要素であるため、キーワードを含めるのは忘れないようにしましょう。

タグの最適化

YouTubeを中心とする動画コンテンツを配信する媒体では、タグによって動画をカテゴライズすることができます。
タイトルや説明文などと同様に、選定したキーワードのタグを付けるのはもちろんのこと、関連のあるタグも付けておくといいでしょう。
また関連する複数の動画をタグでまとめておくことで、連続視聴してもらいやすくなります。

動画最後にはユーザーのアクションを

VSEOというよりは動画作成のポイントに近いですが、動画の最後にはユーザーにとってほしいアクションの誘導を挿入しましょう。

サイトへの集客が目的であればサイトへの導線設置、CVが目的であれば購買への誘導の設置、他の動画をみてほしい場合には関連動画の設置などがあげられます。
VSEO対策をし上位表示が獲得できたとしても、動画見たユーザーが何のアクションも起こさなければ意味がありません。そのため、ユーザーが次の行動をしやすいような導線を設置することは非常に重要です。

まとめ

VSEOは「動画コンテンツの検索エンジン最適化」です。動画市場は年々広がっており、動画コンテンツを作成する企業は増えています。

動画コンテンツを作成するだけでなく、できるだけ多くのユーザーに動画を見てもらうためにVSEO対策をはやくから取り入れていきましょう。

>>【大好評】SEOの課題を可視化する独自の診断実施中!無料SEO診断はこちらから

当サイトではこの他にもWebに関するお役立ち情報を多数ご紹介しています。
Web担当者の方、デジタルマーケティングに興味がある方はぜひご覧ください。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

関連記事

資料請求はこちら! 3分でサービス内容がわかる!デジタルマーケティングの端から端まで支援します!・3分で読める・事例付き・支援内容を網羅 ダウンロードはこちら