悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

マーケティングにおいてペルソナ設定がとても重要!!ペルソナ設定とは何か、方法まで詳しく解説

7720BDFB-E36F-409A-946F-FF6E7A88549E

皆さんは、ペルソナ設定という言葉を聞いたことがありますか?
マーケティングを行う際のポイントは、顧客を絞り、その顧客に対してアプローチを行うことです。
そこで重要になってくる工程が、今回ご紹介する「ペルソナ設定」です。

この記事では、ペルソナ設定の基礎知識やメリット、設定方法などをご紹介いたします。

ペルソナ設定の基礎知識

ペルソナ設定はマーケティングを行う際、とても重要になります。
ここでは、ターゲットとペルソナの違いやペルソナを使用するタイミングなどについてご紹介します。

ペルソナ設定とは?

ペルソナとはマーケティング用語で、「商品・サービスを買ってくれる、架空の典型的ユーザー像」のことです。
そのため、ペルソナ設定は、商品やサービスの企画から販売まで一貫したマーケティング戦略を練るために、架空ユーザーを設定することを指します。

ターゲットとペルソナの違い

ペルソナとよく混同されがちな「ターゲット」という用語があります。
とても似ているのですが、この2つは「詳細さ」に大きな違いがあります。
ターゲットでは、「30代女性」など、ざっくりとした消費者グループを意味することが多いです。
ターゲットについては以下の記事で詳しく解説しています。

マーケティング戦略に欠かせないSTP分析!その内容と活用の方法とは?

30代女性といっても、アウトドア、インドアなど様々な人が含まれています。
これでは、詳細なイメージを描くことができません。
それに対して、ペルソナは、ユーザーの人となりを詳細に作り込みます。
例えば、名前は〇〇で、年齢35歳、独身、のような感じです。
なので、ペルソナ設定を行うことにより、そのペルソナに近い人々により深く刺さる商品やサービスを作ることができます。

では、どのような時にペルソナ設定を行うのでしょうか?

どのような時に使用されるか

ペルソナは、商品やサービスを新しく開発したり、既存の製品を改善したりする際に作成されることが多いです。
例えば、若い男性向けの化粧品ブランドを作るケースをここでは考えてみましょう。
ペルソナの例は、以下の4つです。

  • 鈴木さん
  • 25歳男性
  • 営業職
  • 趣味はマラソン

この男性は、営業職ということもあり、身だしなみに気を使うと考えられます。
また、趣味などで、日焼けや肌荒れ、汗などに悩んでいるかもしれません。

単純に20代男性向けの化粧品という括りで考えるよりも、このようにペルソナを設定したほうが顧客に対するアプローチを考えやすくなります。

ペルソナを設定する利点

ここでは、ペルソナ設定を行うメリットをご紹介いたします。
以下の3つが主なメリットになります。

  • ペルソナの共通認識が生まれる
  • ユーザー視点で考えられる
  • ユーザーの性格などを反映することができる

それぞれ詳しくみていきましょう。

開発の際、ペルソナの共通認識が生まれる

例えば、新商品開発のターゲットを「40代男性」と設定したとします。
このような曖昧なターゲットだとプロジェクトメンバーの頭に浮かぶ対象は、バラバラになってしまいます。
ペルソナ設定を作成することで、プロジェクトメンバー間でターゲットのズレや認識違いを防ぐことができ、スムーズに打ち合わせを進めることが可能になります。

ユーザー視点に立てる

ペルソナを設定することで、クライアントや制作者の好みや都合ではなく、ユーザーの気持ちになって議論や意思決定ができるようになります。
また、実際のユーザーにも刺さりやすい商品・サービス開発が行えます。

ユーザーの性格などを反映することができる

人物像がはっきりすることで、生活やライフスタイルに合わせた製品・サービス開発が可能になります。
加えて、どのようなアプローチが好まれるか、いつ情報を発信すればユーザーに届きやすいか、なども想定しやすくなります。

それでは、ペルソナ設定はどのような手順で行うのでしょうか?

ペルソナの設定方法

ここではペルソナ設定の方法をお話したいと思います。
以下の手順で行います。

  1. ペルソナにする人物の情報収集を行う
  2. 情報の整理をする
  3. ペルソナを完成させる

それぞれ詳しくみていきましょう。

ペルソナにする人物の情報収集を行う

まず人物像を作るために必要な情報を収集します。
具体的な方法は、以下の5つが挙げられます。

  • ユーザーへのインタビュー、アンケート
  • 営業担当者へのインタビュー
  • 社内データの分析
  • 政府やシンクタンクのデータ利用
  • 検索エンジンやSNSでの反応調査

ユーザーの生の声は貴重なデータです。積極的に集めましょう。

情報の整理をする

データが集まったら、情報を整理します。
集まった膨大なデータを分類・取捨選択し、必要な情報を絞っていきます。

ペルソナを完成させる

最後に、整理されたデータを元に、ペルソナを完成させます。
理想は、その人の顔が見えるようにすることです。
ペルソナを決める時は、以下の項目を考えることで、具体的な人物像が描けます。

  • 年齢
  • 性別
  • 住んでいるところ
  • 職業
  • 収入
  • ライフスタイル
  • 性格
  • 趣味
  • インターネット利用状況
  • 所持するデバイスの種類

では、設定する際の注意点は何でしょうか?

ペルソナを設定する際の注意点

以下の4つのポイントに気をつける必要があります。

  • 理想のユーザー像にしない
  • 先入観などを入れない
  • キーワード選びをしっかりと行う
  • 定期的にペルソナを見直す

それぞれ詳しくみていきましょう。

理想のユーザー像にしない

もっともやりがちな失敗は、ペルソナを自分達にとって都合のいい理想のユーザー像にしてしまうことです。
ペルソナは、あくまでも企業の理想ではなく、顧客の現実をベースに考えるという点を忘れないでください。

先入観などを入れない

〇〇なら△△だ!という思い込みは、視野を狭め、ニーズを見逃してしまう原因となります。
先入観を避けるためには、第三者による客観的なデータを活用するといいでしょう。

定期的にペルソナを見直す

ペルソナは、一度作ればそれで終わりというわけにはいきません。
時間が経てば、ユーザー像も少しずつ変わってきます。
ですので、定期的にペルソナを見直し、変化に対応しましょう。

まとめ

ペルソナ設定、つまり架空のユーザー像を設定することで、マーケティングやSEO施策においてとても重要な働きをします。
開発の際に共通認識が生まれるだけでなく、ユーザーにとって魅力的な商品・サービスを提供することができます。是非マーケティングを行う際は、この記事を参考にペルソナ設定をやってみてください。

当サイトではこの他にもWebに関するお役立ち情報を多数ご紹介しています。
Web担当者の方、デジタルマーケティングに興味がある方はぜひご覧ください。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

関連記事