悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

コピペチェックの重要性と確認に使えるおすすめツール5選

私がご紹介します

Tanaka Yuta

TanakaYuta SEO Div. コンサルタント

現在までに100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードで上位表示を実現。薬機法管理者の資格を有しているいること、SEOライターとして自身でもライティングができることから、広告表現が難しい医療・美容・健康を得意領域としている。「成分名」や「〇〇 効果」などの難関キーワードでの上位表示実績多数。SNSでの情報発信にも力を入れており、約10,000名のフォロワーを獲得している。

執筆者の投稿をみる

コピペチェックはWebサイトに記事を投稿する前に行う大切な作業の1つです。しかし、コピペの問題点や具体的な対策について今一つわからない人もいるのではないでしょうか。コピペチェックを怠ることでペナルティの対象になり、Googleの検索結果に表示されなくなることもあります。

この記事では、コピペチェックの概要やおすすめのツール、コピペを見つけた場合の対処法まで解説します。

コピペチェックとは

コピペチェックとは、これから投稿する記事がコピーアンドペーストで作られていないか確認することです。

ネット上の文章を一文一句残らず貼り付けることだけではなく、表現の語尾や語順を少し変えただけのものも、コピペとしてみなされます。

近年ではコピペチェックツールの精度も高まってきているため、無料のツールであっても、作成した記事が簡単にコピペかどうかチェックできるようになりました。WordPressであれば、コピペをチェックできるプラグインも存在します。

コピペだとみなされた場合、著作権の侵害に該当するのはもちろんのこと、SEO上にもマイナスの影響があります。そのため、コピペチェックは記事を投稿する前に行うべき重要な作業だといえるでしょう。

コピペチェックはSEOにおいて非常に重要

コピペチェックを行い、コピペになっていないかどうか確認することは、SEO対策を行う上で非常に重要です。コピペされたWebサイトの運営元から、著作権侵害によって損害賠償を求められる可能性があります。さらに、Googleからペナルティを受け、作成した記事が検索圏外になってしまうこともあります。

コピペせずに記事を作成した場合でも、コピペチェックツールに引っかかる可能性は0ではありません。コピペチェックツールは文章が全て一致するかだけではなく、テキスト間の表現が似ていないかまで調べられるものもあります。

そのため、意図していない場合でも、他のサイトと表現が似通ってしまった結果、コピペと判断されることもあります。「どこまでがコピペかわからない」という場合は、記事作成後に安心して記事を投稿できるよう、必ずツールを用いてコピチェックすることが大切です。

代表的なコピペチェックツール5選

ここでは一般的に利用されることが多いコピペチェックツールを、5つ厳選して紹介します。どのようなツールを使えば良いか分からない場合、まずはこれらのツールを試してみましょう。

こぴらん

こぴらん

こぴらんは、無料で手軽に使用できるコピペチェックツールです。調査したい文章を貼り付けて、1クリックで検索できる他、対象の文章と類似しているWebサイトも一覧で表示されます。

実際に、チェックページで内容を確認することも可能です。回数制限もなく、無料で使用できるため、まず導入しておきたいツールだと言えます。

こぴらん

Copy Content Detector

Copy Content Detector

Copy Content Detectorは、無料かつ回数無制限で利用できるコピペチェックツールです。最大4,000文字までチェックでき、コピペしたのではないかと疑われるサイトを詳細で確認できます。

ただし、検索結果上にあるWebサイトが対象になるため、非公開記事をコピペチェックすることはできません。ユーザー登録をしておくことで、過去にコピペチェックをしたデータをすべて蓄積させておくことも可能です。

Copy Content Detector

sujiko.jp

sujiko.jp

sujiko.jpは、比較したい2つのURLを入力することでコピペチェックができるツールです。
こちらは、公開済みの記事をコピペチェックする時に活用できます。

利用回数は5回までと制限がありますが、ツールを提供するdevoにお客様登録をすることで無制限になります。

sujiko.jp

chiyo-co

chiyo-co

chiyo-coはインターフェースが視覚的に見やすくなっており、文章の中でも特徴的な表現から、細かい文脈の比較を行えます。

文章の類似度の比較や、テキスト、ワードなどのデータをチェックすることも可能です。

1,000文字1カウント、月10カウントまで無料で利用できます。それ以上の場合は、有料プランに加入して利用しましょう。

chiyo-co

コピペリン

コピペリン

コピペリンは、年間6,000円で利用できるツールです。有料ツールですが、その分性能は高く、導入ユーザー数も5,000を超えています。ファイル間でのコピペチェックも容易で、記事同士のコピペまで調べられます。有料ツールだけあって、無料ツールではできない細かい点までチェックできる点が魅力です。

コピペリン

その他の便利なコピペチェックツール

上記以外にも、使いやすいコピペチェックツールは複数存在します。ここでは、上記では紹介できなかったものの、使いやすいコピペチェックツールをご紹介します。

コピペルナー

コピペルナーは、大学生のレポートや論文のコピペを防止するために作成されたものです。ネット上の文章や他の文章ファイルからコピペが行われていないかチェックできます。

コピペルナー

剽窃チェッカー

剽窃チェッカー

剽窃チェッカーは、Yahoo!やリアルタイム検索、GoogleBooksからの剽窃文を検索できるサービスです。無料で何回でも利用できますが、2,000文字までしか検索できません。文字数が2,000文字を超える記事の場合は使いにくさを感じるでしょう。

Webライティングの場合、このツールのみでコピペをチェックするには不十分ですが、結果が出るスピードが早いため、簡易的なチェックを行いたい場合に便利なツールです。

剽窃チェッカー

コピペチェックを行うべきケースとは

コピペとみなされた場合、著作権の侵害・SEOにおいてペナルティを課せられるなど、取り返しがつかない自体になる可能性があります。ここでは、こういった事態を防ぐため、特にコピペチェックを行ったほうが良いケースをご紹介します。

競合Webサイトの情報が少ない場合

競合Webサイトに十分な情報がない場合、コピーコンテンツとみなされやすい傾向にあります。

情報ソースが限られ、その分野での知識が不十分だと、どうしても表現が重複しやすくなります。そのため、高度な専門知識が必要な場合や、競合Webサイトの情報が限られる場合には、必ずチェックする癖を付けるようにしましょう。

外注ライターに依頼した場合

外注ライターに依頼する場合、コピペチェックは欠かせません。特に、信用がおけるのかはっきりしていないライターの場合、コピペを行っている可能性も否定できません。また、初心者ライターの場合は「コピペの重要性」を理解していないことも少なくありません。

ライターにコピペチェックを行わせ、結果を提出させるなどの対策も有効です。

ライティングスキルの向上を図りたい場合

コピペチェックを行うことで、ライティングでどのような表現が重複しやすいのか、コピペとみなされやすい文章はどのようなものなのか、把握できるようになります。

そのため、ライティングスキルを向上させたい場合にコピペチェックを行うのは非常におすすめです。無料で利用できるツールもあるため、効率よくスキルアップしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

コピペチェックツールで一致率が高くなる原因

コピペチェックツールで一致率が高くなってしまう原因には、以下の理由があります。

  • コンテンツのジャンルが高くなりやすいものを選んでいる
  • コンテンツ内でのオリジナル要素が少ない
  • 競合サイトをコピペまたはリライトしている

コンテンツのジャンルが高くなりやすいものを選んでいる

普通にライティングしているだけで、コピペの一致率が高くなってしまいがちなジャンルがあります。

  • 法律関連の記事
  • 金融商品やクレジットカード
  • 人気の商品の紹介やサービスの申し込み方法・使用方法・退会方法

法律を解説する記事は使用するキーワードや、解説する時に使う用語が限られており、一致率が高い傾向にあります。

金融商品やクレジットカード、人気の商品の紹介やサービスの申し込み方法・使用方法・退会方法は執筆されている記事数自体が多いため、どのような言い回しをしてもすでに使われていることが多く、一致率が高くなってしまうでしょう。

コンテンツ内でのオリジナル要素が少ない

コンテンツ内にそのページならではのオリジナル要素が少ないと、一致率が高くなります。

全体の文字数や単語などを判断しているため、同じ内容のことしか書かれていなければ当然一致率は高くなります。

同じ商品やサービスの紹介でも、基本的な内容だけでは一致率が高くなります。感想や口コミ、どこで安く購入できるか、どんな人におすすめなのかが書かれていれば低くなるでしょう。

競合サイトを参考・リライトしている

前提知識やノウハウがないジャンルのコンテンツを作成する場合、Googleで検索して上位に表示されている記事をリライトしたり、参考にしながら作成する方もいるでしょう。

この方法の場合、元の記事構成やコンテンツの順番などもそのまま使ってしまう可能性が高く、その分一致率が高くなるリスクがあります。

知識やノウハウをある程度つけた段階で、自分で構成を一から作成し自身の言葉を使ってライティングすることで一致率を低くすることができるでしょう。

コピペが見つかった際の適切な対処法

コピーコンテンツとみなされないように記事を制作しても、どうしても競合記事と情報が似通ってしまうことがあります。こういったケースでもコピペとみなされてしまう可能性があるため、場合によっては「キーワードを変更する」などの対処をしましょう。

もしくは、既に自社のWebサイトで公開している記事の中で、似ているキーワードがある場合は、記事を統合するという方法もあります。

検索エンジンからコピーコンテンツとみなされると、最悪の場合はWebサイト全体が検索結果から除外されてしまう可能性があります。それほどコピペには危険な部分が隠れているため、まずは1記事ずつ必ずコピペチェックを行うことが重要です。

コピペチェックツールで独自性を担保しましょう

コピペチェックを行う理由や、おすすめのコピペチェックツール・コピペチェックを行うべき場面や見つけた場合の対処法について解説しました。

コピペされた記事がインデックスされてしまうと、著作権の問題だけではなく、SEOにもマイナスの影響があるため、最大限の注意を払う必要があります。意図せずコピペだとみなされることもあるため、しっかりとした対策が欠かせません。

弊社では「SEO診断サービス」を提供しており、コピペ対策を含めたSEO運用の方法をごご提案いたします。効率的かつ無駄のないSEO対策にご興味のある方は、下記ページにてサービス内容をご確認ください。

【無料】SEOセミナー開催中!1対1で自社のSEO課題にフォーカス!

株式会社デジタルアイデンティティでは、無料のSEOセミナーを開催しています。

経験豊富なSEOコンサルタントが1対1の形式で貴社サイトのSEO課題に徹底フォーカス!
キーワード選定、内部施策、競合状況など、気になるポイントを分析し、改善施策のご提案まで行います!

こんなお悩みはありませんか?

  • SEO対策をどこから始めればいいかわからない…
  • 自社でSEO対策をしているが思うように順位が上がらない…
  • 他社にSEO対策を依頼しているがセカンドオピニオンが欲しい…
  • なぜ競合サイトの検索順位が高いのか知りたい…
  • 現在のSEO対策が正しいのか確認したい…

他社の方が入らないので、自社の課題をお話ししていただきやすいセミナーです。
開催日程についても、ご希望に合わせられますので、ぜひお気軽にお申し込みください。

【無料】SEOセミナーお申し込みはこちら

関連記事

Keywords

無料!プロに相談する 無料!SEO対策のご相談はこちら

SEOコンサルティングって何してくれるの?