悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

エリアマーケティング調査とは?調査でわかることや調査の活用例も紹介

docomo_アイキャッチ画像

「この地域で売れるようなマーケティングを行いたい」というとき、地域特性を分析して戦略立案・実行に落とし込むエリアマーケティングは非常に有効な手段となります。
そこでここでは、エリアマーケティング調査によって得られる効果、調査結果の活用例についてご説明します。

エリアマーケティング調査でわかること

まずはじめに、エリアマーケティング調査によってわかること、およびエリアマーケティングが注目される理由についてご説明します。

エリアマーケティングとは

エリアマーケティングとは「地域戦略」を指す言葉です。
対象とする地域のマーケットを分析し、その特性に合わせた商品販売の体制を整えます。施策の種類は多数ありますが、いずれも地域・ターゲットの特性を詳細まで洗い出したうえでピンポイントに商品やサービスの利用を促すものです。

調査でわかること

エリアマーケティングを実行するにあたり対象地域の事前調査は不可欠です。リサーチによって以下の情報を洗い出すことによって、エリアマーケティングの効果は初めて最大化されます。

調査対象となる要素 調査内容の一例
地域の特性 人口の推移、性別や世代の分布
顧客の特性 顧客層の価値感、趣味嗜好
競合の特性 競合他社の数、顧客へのアプローチ

むしろ、これらの要素を調査しないまま戦略を立案しても仮説通りの効果を得られず、失敗に終わる懸念があります。コストや時間を浪費しないためにも、エリアマーケティング調査は不可欠です。

エリアマーケティングが注目される理由

エリアマーケティングが注目される理由は、近年伸びつつある「スマートフォンの保有率」に関係しています。
以下は、総務省が公表している情報通信機器の世帯保有率です。

ドコモブログ内画像
出所:総務省「令和元年版 情報通信白書」

画像のうち、赤いグラフはスマートフォンの保有率を示しています。2010年時点で10%に満たなかったスマートフォンの保有率は2018年の時点で80%に迫る水準となっており、飛躍的な拡大を遂げました。
このスマートフォンの保有率上昇は、インターネットにアクセスする層の増加に直結しています。こういった状況がエリアマーケティングの施策の幅を広げるきっかけとなり、注目を集める理由となっているのです。

エリアマーケティングの手法

エリアマーケティングは以前から存在していた分析方法ですが、その内容は時代にあわせて常にアップデートされています。この章では、エリアマーケティングの変遷と、主流となっているエリアマーケティングの方法についてご説明します。

エリアマーケティングの昔と今

ひと昔前に行われていたエリアマーケティングは、公的機関が公表する人口統計や世帯収入など、「デモグラフィックデータ」と呼ばれる情報をもとに進められていました。
一方、現在はWebサービスやアプリといったデジタルな媒体を通じて消費者の性格や価値観をあらわす「サイコグラフィックデータ」の収集によるエリアマーケティングが盛んになっています。
また、対象地域の顧客ニーズに応じた情報をインターネットを通じて顧客のスマートフォンに直接配信できるようになったことも、エリアマーケティングを進化させる要因となりました。

これらの背景を活用している代表例が、「オムニチャネルマーケティング」や「O2Oマーケティング」と呼ばれるものです。

オムニチャネルマーケティング

オムニチャネルマーケティングは、オンライン・オフラインを問わずに顧客との接点を用意し、ターゲットを囲い込むように総合的な販売チャネルを作る施策です。つまり、Webサイトや実店舗といった経路を問わず「どの経路でも購入できる」という点が意識されたマーケティングの仕組みであり、シームレスな販売体制やストレスのない購買環境を整えることで顧客のファン化に効果を発揮します。

O2Oマーケティング

O2Oマーケティングは、Webサイトやアプリといったオンラインのフィールドから、実店舗に誘導する施策。O2Oは「Online to Offline」の略です。
近年、スマートフォンの利用者が増加しており、ターゲットとする顧客層のオンライン滞在時間が長くなっていることから、O2Oマーケティングの有用性は高まっています。具体例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • Webサイトを通じてクーポンを配布
  • 専用アプリをもちいた手軽な予約機能を実現
  • SNSのハッシュタグを利用してキャンペーンを実施

このように、オフラインに誘導する意図が強く販売チャネルを固定しないオムニチャネルマーケティングとは、明確な違いがあります。

エリアマーケティング調査の活用例

エリアマーケティング調査はどういった点で効果を発揮するのか、いくつかの具体例をご紹介します。

分析・予測・シミュレーション

市場の規模感、顧客層の特性、競合他社などの分析を行うことにより、対象地域における有効な戦略立案に欠かせないデータを収集。事業売上の予測・シミュレーションを実施することで、コスト削減や新規店舗の出店リスク軽減に活用できます。

Web実査・オフライン実査

来店客の消費動向をアンケートにより調査することで顧客層のニーズを明確化。定期的に実行することでターゲットの消費行動の変化をいち早く察知し、半年後や次年度以降における事業計画の材料の洗い出しに活用します。

統計データ提供

公的機関による調査ではカバーできない小さな地域単位でのデータを取得。マーケティングを始め、あらゆる場面に活かせる統計データの入手方法として利用できます。

エリアマーケティング成功のコツ

エリアマーケティングのセオリーは、多くの過去事例から体系化されてきました。この章では、エリアマーケティングを成功させるためのコツをご説明します。

ニーズを把握する

エリアマーケティングで結果を出すためには、まず対象地域におけるターゲットのニーズを把握することから始めます。

  • どのような場所なのか
  • どのような人がいるのか
  • どのような競合が存在するのか

などにおいて、実態にもとづいたデータから仮説を立てていきます。

仮説を立てて検証する

用意した仮説を実行し、仮説が正しいか否かを検証します。想定通りの効果を得られなかった場合には、仮説を立てる際にもちいた場所・人・競合のうち、どの部分に対する理解が誤っていたのかを探ることが必要です。これを想定通りの効果を得られるまで繰り返し、仮説と現実のギャップを埋める作業を行います。

収集したデータを有効活用する

仮説検証の過程で収集したすべてのデータは、エリアマーケティングを実行するうえでの要となります。オムニチャネル・O2Oマーケティングを始め、商品設計や既存事業の方向修正など、1つの領域にとどめず広域的な有効活用します。

エリアマーケティングの調査に役立つ「モバイル空間統計」

ここまで、エリアマーケティング調査の手法やその効果について紹介して参りましたが、このエリアマーケティング調査をより有効に実行するサービスとしておすすめなのが、NTTドコモが提供する「モバイル空間統計」です。NTTドコモの携帯電話ネットワークをもとにして、時間帯別に誰がどこへ移動しているのか把握できるサービスです。
まさに、エリアマーケティングの調査として有力な選択肢であり、新規出店プロモーションやイベント来客者の属性分析など、すでにマーケティングの分野で多数の活用例があります。
1時間単位での人口動態がわかるほか、dポイントクラブアンケートの基本属性をもちいることで興味関心や居住形態など詳細な分析にも対応できます。エリアマーケティング調査の導入を検討の際には、ぜひチェックしてみてください。

エリアマーケティングの分析ならモバイル空間統計

【PR】株式会社NTTドコモ

関連記事