悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

パラメータとは何か?意味や種類、活用方法などを詳しく解説!

パラメータ_アイキャッチ

パラメータは、ECサイトで任意の色の商品を表示させたり、マーケティングオートメーションツール(MAツール)やアクセス解析ツールなどで使用されたりと、用途は多岐にわたります。今回は、その複雑なパラメータの意味や種類、使用用途について詳しく解説していきます。

パラメータについて

この項目では、パラメータの基本的な意味や役割について解説します。

パラメータとは

パラメータとは、和訳すると「変数」という意味があります。
とりわけITの世界では「ソフトウェアやシステムの挙動に影響を与える、外部から投入されるデータ(※1)」という意味で使われます。
このパラメータは、ソフトウェアやシステムを動かすのに必要不可欠なもので、様々なものに活用されています。

※参照:IT用語辞典

例えば、ウェブサイトの計測ツールを設定するときに「パラメータの入力欄」が出てきたり、
作ったウェブサイトのアクセス数を計測するときに「このサイトに埋めるタグのパラメータには何をセットしておきますか?」と聞かれたりしたことはないでしょうか?

ここで登場する「パラメータ」とは、「URLパラメータ」と呼ばれる、「URLに付随させて使用するパラメータ」を意味します。また、これのことを「クエリパラメータ」とも呼びます。

今回は、この「URLパラメータ」を例に取りながら、パラメータとは何か、について解説していきます。

URL(クエリ)パラメータって?

URLパラメータとは、URLの中の「?」以降の文字列のことです。

例 https://www.example.com?utm_mediun=bannerA

URLパラメータは、ウェブサーバー上に置かれているプログラムに対して、ウェブブラウザから引き渡されるものになります。
[パラメータ名]=[パラメータの値]でワンセットになり、パラメータが複数ある場合は&でつなぐことで設定できます。

URL(クエリ)パラメータはどんな時に活用できる?

ここでは、パラメータの活用手段について説明します。
Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールで広告の効果測定を行う
マーケティングオートメーションツールからユーザーの特定をする
1つずつ詳しく見ていきましょう。

Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールで広告の効果測定を行う

1つ目は、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールや、アドエビスなどの広告効果測定ツールでの活用です。
広告キャンペーンのリンク先URLに対してパラメータを付与しておくことで、広告経由のアクセス数やコンバージョン数を計測することができます。

例えば、複数のバナー広告を配信し、サイトのトップページにランディングさせるとします。特にパラメータを設定せずに広告を配信するだけでは、各広告ごとの成果を計測し比較することができません。

この場合、各バナー広告の成果を知るには2つの方法があります。

  • 媒体社が提供するレポートを確認する
  • バナー広告のパラメータを設定し、Googleアナリティクスなどのツールで計測する

では、パラメータを設定しておくとはどういうことでしょうか?
実際に広告を出稿するには、画像や動画などのクリエイティブと、遷移先のURLが必要です。
この時の遷移先のURLに、解析ツールで使用するパラメータを付与しておくことが「パラメータを設定する」ということになります。
実際にパラメータを設定したURLは以下のような形になります

例 https://www.example.com?utm_source=google&utm_mediun=display&utm_campaign=202005bannerA

上記URLがクリックされ、サイトに遷移してきた場合、Googleアナリティクスでは、「Google」という参照元、「display」というメディアが計測されます。そして、utm_campaignを設定することで、バナー別などの数値を計測することができます。
広告に付与するパラメータを変えることで、媒体別、広告ごとの流入数やコンバージョンなどの成果を計測できるようになります。

Googleアナリティクスにはパラメータを生成してくれるツールもあるので確認してみてください。

※参考Googleアナリティクスパラメータ生成ツール

マーケティングオートメーションツールからユーザーの特定をする

2つ目は、マーケティングオートメーションツール(以下、MAツール)での活用です。特にわかりやすいのは、メールマーケティング機能を利用する時です。
MAツールには、送信するメールに記載されているURLに、自動的にユーザーIDをパラメータとして付与する機能があります。

これにより、どのユーザーがURLをクリックしたかを特定することができます。
このときに、ブラウザのCookieにユーザーIDが書き込まれるため、以降そのユーザーがどんなWebページを閲覧しているのかという情報を、MAツールで計測することができます。

次からはパラメータの種類について解説していきます。

URL(クエリ)パラメータの種類

URLパラメータは、大きくわけて2種類あります。

アクティブパラメータ

アクティブパラメータとは、指定したパラメータの値によって表示されるウェブサイトの内容が変化するタイプのパラメータです。
ECサイトやブログなどの、動的ページに多く使用されます。

パッシブパラメータ

パッシブパラメータは、サーバー上のプログラムが内部的に使用するパラメータです。こちらはアクティブパラメータのように、パラメータの値によって表示されるコンテンツの内容が変化することはありません。
アクセス解析ツールで、トラッキングIDごとの結果を分類するような処理において、パッシブパラメータが使われます。

パラメータを付与する時の注意点

URLパラメータは、前述の通り「?」で始まり「&」でつながれてワンセットになるので、
パラメータの値に「?」「&」を使わないように注意しましょう。また、ページ内リンクで使われる、「#×××」などのアンカーリンクは、最後尾に設置しないと動作しなくなってしまうので気を付けましょう。

まとめ

今回は、ウェブサイトを効果的に運用していくうえで不可欠な、「パラメータ」について詳しく解説しました。パラメータは、広告を配信するときの効果確認や、MAツールでのメールマーケティングなどの場面で活用できることが分かったと思います。紹介した2つの場面以外でも色々な場面でも使用されているので確認してみてください。
当サイトではこの他にもWebに関するお役立ち情報を多数ご紹介しています。
Web担当者の方、デジタルマーケティングに興味がある方はぜひご覧ください。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

関連記事