悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

5G時代の動画広告とは?動画マーケティングを成功させるポイントをご紹介

5G

2020年、ついに日本で次世代通信規格5Gのサービスが本格的に始まります。
動画広告の市場は、スマートフォンの普及や、それに伴う動画SNSの増加によって順調に拡大を続けてきましたが、この「5G」の解禁によりさらに超高速・大容量の通信が可能になります。
そのため、動画市場および動画広告市場はこれまでよりさらに急激な成長を遂げることが予想されています。
今回は5G時代における動画広告市場の変化と動画広告の改善方法をご紹介します!

>>実績多数のコンサルが語る動画の戦略設計とPDCAの考え方!無料セミナー開催中!

5Gとは

5Gとは第5世代(5th generation)のことで主に第5世代移動通信システムのことを指します。
世界中で注目されている5G、一体これまでの通信システムと何が違うのでしょうか?
5Gには下記3つの特徴があります。

  • 多数同時接続
  • 超低遅延
  • 超高速、大容量

それぞれ詳しく見てきましょう。

多数同時接続

5Gでは、1平方kmあたりに100万台の端末へ接続することが可能になります。
これは、4Gの約10倍の台数を指します。
また、家電や車などのあらゆるモノがインターネットに繋がる「IoT」の発展にも繋がるでしょう。

超低遅延

「超低遅延」は、通信を行う際の遅延、いわゆるタイムラグを極めて小さく抑えられるというもので、通信の遅延は4Gの約10分の1になります。
身近な例ではリモートワークでのテレビ会議やリモート飲み会、ライブ配信などで時差が短くなります。
ビジネスの例では、ロボットによる「遠隔医療」と車の「自動運転」などの高い安全性が求められる技術でも「超低遅延」の特徴が活かされます。
遠隔医療では医師が手術中の映像を確認しながら手術ロボットを操作する必要がありますが、この時に通信にタイムラグがあると命取りになってしまうことも考えられます。
また、車の自動運転でも同様に通信にタイムラグがあると交通事故を引き起こす危険があります。
そのため、「超低遅延」であることは私たちの生活の安全を守るために重要と言えます。

超高速、大容量

5Gの「超高速」という特徴は通信速度が格段に改善され、読み込みや送信といったデータのやり取りが現在の4Gよりさらに快適に行えます。
4Gの通信速度は最大で1Gbpsですが、5Gでは最大10~20Gbpsになると言われており、つまり10倍から20倍も速くなるとされています。
これによりYouTubeやTikTokなどの動画SNSの勢いが増すことが予想されています。
さらに「大容量」であることにより、大きなデータでも瞬時に届けられるため、4Kや8Kといった高画質で動画を視聴することが手軽になり、クオリティの高い動画を楽しむことが可能になります。

動画広告の種類

前述したように、5Gにより動画視聴が快適になることで動画広告市場はさらに急成長を遂げると予想されています。
では、動画広告にはどういった種類があるのでしょうか。
動画広告には大きく分けて、下記の3つの種類があります。

  • インストリーム広告
  • インバナー広告
  • インリード広告

インストリーム広告

インストリーム広告とは、YouTubeなどの動画サイトでの動画再生時に表示される動画広告を指します。
主にブランディング目的やテレビCMとの連動施策に用いられることが多いフォーマットです。
バナー広告よりも大画面に表示される場合が多く、音や文字、映像を活用して商品やサービスの魅力を効果的にユーザーに伝えることが可能です。

インストリーム広告の中でも、広告が配信されるタイミングが異なり以下3つの種類があります。

  • プレロール広告:ユーザーが動画を再生する前に配信
  • ミッドロール広告:ユーザーが動画を再生している最中に配信
  • ポストロール広告:動画が終了した後に配信

さらにそれぞれ動画広告はユーザーがスキップできるスキッパブル広告と、最後まで必ず視聴させるノンスキッパブル広告に分かれています。

尺は平均15秒程度ですが、中には1分程の動画も見られ、尺が長い動画広告は主にブランディング目的に用いられいます。

インバナー広告

インバナー広告は別名インディスプレイ広告とも呼ばれ、バナー広告枠の中に流れる動画広告のことを指します。
インバナー広告は、動画コンテンツの前後や途中で表示されるインストリーム広告とは異なり、動画コンテンツ外のウェブサイトやアプリ広告内枠に配信されるアウトストリーム広告と呼ばれています。

インリード広告

インリード広告とは、3種類の動画広告の中で最も新しいフォーマットです。
ユーザーが画面をスクロールして動画広告が画面に表示されると動画が再生されます。
動画サイトだけでなく、記事系コンテンツのフィードの中にもよく見られます。

動画広告のメリットとデメリット

ここではバナー広告と比較した動画広告のメリットとデメリットについて紹介します。

メリット

動画広告のメリットは下記の3つが挙げられます。

  • 画像だけの広告より印象に残りやすい
  • 具体的なイメージが伝わりやすく購買に繋がりやすい
  • SNSの親和性が高い

画像だけの広告より印象に残りやすい

静止画であるバナー広告より映像で表示される動画広告の方が印象に残りやすいというメリットがあります。
バナー広告よりも動画広告の方が1.65倍も記憶に残りやすいという調査結果もあり、より商品やサービスの印象をユーザーに残したい場合には動画広告が効果的です。

具体的なイメージが伝わりやすく購買に繋がりやすい

動画広告では静止画に比べ多くの情報を短時間で伝えることが可能です。
また、動画広告では実際に商品を使用している様子を見せて、より具体的なイメージをユーザーに伝えることも可能なため、購買意欲が湧きやすいというメリットがあります。

SNSの親和性が高い

前述したように、SNSでの動画の活用は進んでおり、動画広告のサービス自体も増えているためSNSと動画広告は相性が非常に良いと言えます。
ユーザーの興味を引く動画広告を作成することができれば、SNS上でシェアされて話題になる場合もあります。

デメリット

メリットが多い動画広告ですが、バナー広告に比べて

  • 制作費が高い
  • 最初の5秒でユーザーに興味を持ってもらう必要がある

という点がデメリットになります。

制作費が高い

動画広告を作成する際には、動画の素材撮影や構成を考えるなど一定の工数がかかるため、外部の制作会社に依頼する場合にはバナー広告よりもコストがかかることが多いです。

最初の5秒でユーザーに興味を持ってもらう必要がある

動画広告のフォーマットのうち最も活用されているインストリーム広告ではユーザーがスキップ可能なものが多く、最初の5秒でユーザーに興味を持ってもらえなければスキップされてしまう可能性が高いです。
そのため、最初の5秒でいかにユーザーの心を掴めるかが肝心になり、精巧な構成や見せ方の工夫が必要なため、バナー広告に比べ作成に手間がかかることが多いです。

動画マーケティングを成功させるためには

適切なSNSで配信する

SNSによって利用しているユーザーの性別や年齢に差があるため、動画広告を配信する上では適切なSNSを選定することがとても重要です。

例えばfacebookは30~50代の利用ユーザーが多い一方、Twitterは10~40代までの幅広いユーザーが利用しています。
ターゲットとするユーザーが多い適切なSNSを選択しましょう。

また、YouTubeは再生される際に音声が流れますが、facebookやTwitterは基本的に音声がOFFのまま再生されるため、音声がない状態でも伝わる動画作りが必要になります。
配信するSNSによっては動画自体の構成も最適なものを作成する必要があるといえます。

クリエイティブを複数パターン配信

動画広告は効果が高い一方、SNSの増加や5Gの登場により動画利用が広がることで、同じクリエイティブを配信し続けているとすぐに疲弊して、思うように効果を得られなくなるといった場合が多くなっています。
そのため、複数クリエイティブを用意して効果を比較・分析しPDCAを回していく必要がありWebサイトと同様に「運用する」という考え方が大切になります。。

まとめ

動画広告はユーザーに商品やサービスの魅力を伝える上でとても効果的です。
一方で、5G登場で動画広告がより一般的になれば、複数クリエイティブでPDCAを回していく必要があり、これまで以上に制作にコストと手間がかかります。

少ないコストで大量のクリエイティブを作成したいという方には「ビデオブレイン」がおすすめです。
誰でも簡単に動画を量産・編集が可能で、効果検証をした際の画像やテキストの修正も簡単でスピーディーに行えます。

ビデオブレインの公式ページはこちら

>>実績多数のコンサルが語る動画の戦略設計とPDCAの考え方!無料セミナー開催中!

当サイトではこの他にもWebに関するお役立ち情報を多数ご紹介しています。
Web担当者の方、デジタルマーケティングに興味がある方はぜひご覧ください。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

関連記事

適切な運用・対策できてますか? 無料診断5点セット Google広告アカウント Yahoo!広告アカウント SEO webサイト LP 申し込みはこちら