ホームからサービスからFacebook広告からFacebook広告の特長と活用ポイント

サービス

Facebook広告

Facebook広告の特長と活用ポイント

広告の種類

スポンサー広告
地域、年齢や性別、好きなものと趣味・関心、Facebook上のつながりなど、
様々な属性ターゲティングに広告掲載ができるクリック課金/表示数課金の入札競争型の広告です。
スポンサー記事
友人がFacebookページに対して、下記 ① ② ③ いづれかの行動をとった際に、
①ページに「いいね!」  ②投稿に「いいね!」  ③ページに投稿
「あなたの友人Aがこのページにいいね!と言っています。」という広告が表示される入札競争型の広告です。

※米国ではフィード内にスポンサー記事を配信するなどの実験も行っており、国によって広告フォーマットが異なります。日本国内でも仕様は常に変わっていく可能性があります。

ソーシャルグラフを介したアプローチ

広告上に友達の名前が表示されるため、友達が友達を呼び、人のつながりを介したアプローチが可能です。

ユーザーからのフィードバックも広告品質に加味される

ユーザーは、これ以上見たくない広告があれば、任意に削除することが出来ます。
広告の右上にマウスを置くと、その広告を削除できる[×]ボタンが表示されます。これをクリックすると、該当の広告が削除され、削除した理由をフィードバックできる画面が表示されます。
フィードバックの内容にネガティブな反応が多い場合、広告の品質が低いものと判断され、配信頻度が下がるなどの影響があるため、クリエイティブ内容や配信設定を決める際に注意が必要です。

Facebook広告トレンド:クリック単価に落ち着き

Facebook広告の開始以降、クリック単価は上昇の一途をたどってきましたが、主要各国に置いては2011年、クリック単価の上昇が停まりつつあるようです。

Facebook広告トレンド2:業界別のクリック率

広告表示回数のシェアが多い主要業種のうち、クリック率が特に高い業種は、エンターテイメント、フード&ドリンク、ビューティ&フィットネスとなります。

お問い合わせ

関連サービス

Services & Solutions

Official Account

プレミア Google Partner