悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

RankBrain(ランクブレイン)とは

私がご紹介します

Tanaka Yuta

TanakaYuta SEO Div. コンサルタント

現在までに100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードで上位表示を実現。薬機法管理者の資格を有しているいること、SEOライターとして自身でもライティングができることから、広告表現が難しい医療・美容・健康を得意領域としている。「成分名」や「〇〇 効果」などの難関キーワードでの上位表示実績多数。SNSでの情報発信にも力を入れており、約10,000名のフォロワーを獲得している。

執筆者の投稿をみる

RankBrain(ランクブレイン)とは、2015年よりGoogleが取り入れたAI(人工知能)を使用した検索アルゴリズムです。

ユーザーの検索クエリの意味を理解し、機械学習によって数十億以上あるページから最適なページを選び出して検索結果に表示させています。

ここではRankBrain(ランクブレイン)について詳しく解説します。

RankBrain(ランクブレイン)によって検索はどう変わったか?

会話型の検索が実現したことによって、人間が機械に問いかける(検索する)ことによって、機械がその意味を理解し、その答えを返す(検索表示する)ようになりました。

一例としては、「音楽が聞きたい」と入力した場合、検索結果にはYouTubeや音楽聞き放題アプリや、元気が出る曲まとめ等、検索クエリやユーザーの感情的な部分を読み取って答えを出しています。

RankBrain(ランクブレイン)が導入される以前の検索であれば、まるで辞書を引いているかのように「音楽」と「聞く」という言葉の意味等の情報が掲載されるはずです。

RankBrain(ランクブレイン)は言葉の関連性を理解し、検索意図を予測してPDCAを自動で行うシステムになります。

RankBrain(ランクブレイン)とSEO対策について

Googleは、RankBrain(ランクブレイン)が検索をランク付けする重要な3つのシグナルの内の1つであると公式が言っています。

ちなみに、残る2つについては「リンク」「コンテンツ」です。

Googleが言及している動画はこちら

ロングテール対策が重要

自然言語処理によってコンテンツの内容を機械が理解するためには、コンテンツに記述されているキーワードを読み取る必要があります。

メインで対策したいキーワードを記事のテーマにしたら、コンテンツ内にはその共起語を含み、hタグ等の見出しに関連性の高い言葉を入れなくてはなりません。

そこでロングテール対策を行うと、タイトルやhタグにキーワードを入れなくても、テキスト内の言葉を機械が判別して評価し、ランキングに表示してくれます。

また、その判別の精度については日々進化しているため、自動生成された意味のないコンテンツについてはそれを理解してスパム扱いされます

上位に表示される=ロングテールが優れているコンテンツなので、基本的にロングテール対策の答えは検索結果の上位サイトにヒントがあると言えるでしょう。

まとめ

2017年にGoogle Homeと呼ばれるスマートスピーカーが販売されましたが、これは正に自然言語処理による機械学習によって実現されました。

AIの発展とSEOは密接に関係しており、RankBrain(ランクブレイン)を理解することによってGoogleが目指す検索エンジンの将来性も見えてきます。

大切なことはSEOのためにコンテンツを改善するのではなく、ユーザーの検索意図に答えるために改善を行うということを覚えておきましょう。

【無料】SEOセミナー開催中!SEOでわからないことはプロに相談!

株式会社デジタルアイデンティティでは、無料のSEOセミナーを開催しています。

セミナーでは、SEO対策の基礎・基本はもちろん、質疑応答時間をたっぷりとご用意していますので、自社のSEO対策のお悩み、直近のアルゴリズムのトレンドなど、お気軽にご質問いただけます。

こんなお悩みはありませんか?

  • SEO対策をどこから始めればいいかわからない…
  • 自社でSEO対策をしているが思うように順位が上がらない…
  • 他社にSEO対策を依頼しているがセカンドオピニオンが欲しい…
  • なぜ競合サイトの検索順位が高いのか知りたい…
  • 現在のSEO対策が正しいのか確認したい…

開催日程についても、ご希望に合わせられますので、ぜひお気軽にお申し込みください。

【無料】SEOセミナーお申し込みはこちら

関連記事

Keywords

無料!プロに相談する 無料!SEO対策のご相談はこちら

SEOコンサルティングって何してくれるの?