悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

2018年1月|広告媒体・SEO・制作アップデート・リリース

スライド1

弊社ではリリースノートと称して、毎月デジタルマーケティングにまつわる最新情報をお届けしております。
本記事では、2018年1月分の抜粋したリリース情報を掲載しております。デジタルマーケティングにまつわるリリース情報にご関心のある方は、下記のフォームから登録ください。

トレンド情報

[Google] 人生の節目にあわせてアプローチできる、Google アドワーズのライフイベントターゲティング

Gmail広告とYouTubeの動画キャンペーンにおいて、ライフイベントターゲティングという形で利用できるようになりました。
現状の設定では、「大学卒」「引っ越し」「結婚」が選択可能であり、それぞれ「~予定」のユーザーと「最近~した」ユーザーの現状を指定できます。同時に複数のオーディエンスを選択して、さらに絞り込むことができるため、施策の方向性に応じてカスタマイズすることが可能です。

参考:オーディエンス ターゲティングについて – Google 広告 ヘルプ

このトピックによる影響や対策
ライフイベントに対してアプローチすることが可能になりました。

Google

ユーザーの行動を測定するための Google アナリティクスの新機能

Google では、複雑なカスタマー ジャーニーのすべてをより正確に測定できるよう、Google アナリティクスの機能改善に継続的に取り組んでいます。

  1. 最新の標準レポートではセッション数を確認できるだけでなく、有料検索からサイトを訪れているユーザーの数などもすぐに把握することができるようになりました。
  2. ユーザー エクスプローラでもユーザー単位で分析することができ、全期間を対象としたユーザー単位の指標とディメンションが新機能として追加されました。
  3. アナリティクスの新しいレポートにユーザーリストを公開するオプションが追加され、すべてのユーザーリストのデータをより簡単に確認できるようになりました。新しいユーザー レポートには、アナリティクスで作成したユーザーリストがチャネルを問わず表示されます。
  4. 今回、新たに「コンバージョンの可能性」という指標も追加されました。この可能性は過去に取引のあったユーザーの情報に基づく機械学習モデルを使って算出されます。レポートも新たに追加されるため、チャネルなどの重要なディメンションを使って、すべてのユーザーの「コンバージョンの可能性」を確認できます。

参考:Google アナリティクスでユーザー行動を把握する – アナリティクス ヘルプ

このトピックによる影響や対策
ユーザーに対して適切にアプローチすることができるようになりました。

Yahoo!

スポンサードサーチ、コンバージョン測定機能を改善

Yahoo!スポンサードサーチは、従来のCookie情報に加えてログイン情報も用いてコンバージョンを測定するようになると発表しました。
これにより、パソコンで広告をクリックした後にスマートフォンで購入するなどのデバイス(端末)をまたいだコンバージョンの測定が可能になります。

参考:コンバージョン測定の補完機能について – ヘルプ – Yahoo!広告

このトピックによる影響や対策
いままで広告寄与によるコンバージョンとして測定できていなかった件数が可視化され、獲得単価(CPA)の減少、運用の最適化が行われると考えられます。

Facebook

ランディングページビュー最適化機能をリリース

Facebookは、広告配信の最適化対象に「ランディングページビュー最適化」機能をリリースしました。
これにより、広告をクリックするだけではなく、ランディングページにもアクセスする可能性が高いユーザーに広告配信を最適化することが可能となりました。

リンクのクリック最適化の場合、Facebook上に一定数存在するクリッカーや、ページの読み込みに時間がかかり途中で離脱してしまうユーザーに配信を最適化してしまう可能性があるので非推奨です。
ランディングページビュー最適化で、ランディングページにアクセスする可能性の高いユーザーに対して最適化をかけることを推奨します。

参考:ランディングページビューの最適化について | Facebook Businessヘルプセンター

このトピックによる影響や対策
「ランディングページ最適化」を設定することでより質の高いユーザーをウェブサイトへ誘導することが可能になります。

Webマーケティング調査

2016年度のMA市場規模は前年度比6割増となる108億円

2017年10月~12月、ITR社はマーケティングオートメーションを提供するベンダー26社に対して対面調査を実施しました。
2015年度の市場規模が67億円であったのに対し、2016年度の市場規模はその6割増となる108億円という結果となりました。

調査を行ったITR社はこの原因を同製品・サービスを導入した企業の成功事例が増えたことで、ベンダーの訴求力が高まったためとしており、同社は今後についてもマーケティングオートメーション市場の拡大を予測しています。

MA市場2018
参考:ITRが統合型マーケティング支援市場規模推移および予測を発表 | ITR

SEO

Search Consoleのベータ版を発表

Googleは1月9日より、Search Consoleのベータを発表した。順次既存のアカウントに公開されていく模様です。
デザインやUI/UXの大幅な変更の他、一部新しい機能も追加されています。

2018searchconsoleベータ版
ベータ版の変更点

  • デザインやUI/UXの変更
  • 検索アナリティクスの期間が最大16か月に延長
  • インデックス登録URLのステータスコード等の状態を一気に確認、申請できるように

参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : 新しい Search Console をご紹介します

このトピックによる影響や対策

検索アナリティクスの期間延長や新しいレポートなど今までできなかったことができるようになりました。また今後ベータ版にすべて移行することも考えられるため、ベータ版に慣れていく必要があります

SEO

モバイルページ速度をランキング要因にすることを発表

Googleは2018年7月より、モバイルページ速度をランキング要因とする「Speed Update(スピード アップデート)」を発表しました。
MFI(モバイルファーストインデックス)に向けた動きの一つであると考えられます。
影響範囲は著しく速度の遅いページに限られます。

Googleからの発表内容 導入は2018年7月を予定

  • 著しくページ速度の遅いページのみが対象
  • 影響のあるクエリがごくわずかな見込み
  • すべてのページに同じ基準が適用される
  • 優れたコンテンツは遅いページでも上位表示する

参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

このトピックによる影響や対策
現状、ページ速度における具体的な評価ポイントは示されていません。
モバイルサイトのページ速度の改善がwebマスターに求められるようになります。

弊社リリースノートのご紹介

弊社では、デジタルマーケティングのアップデートやリリースを「リリースノート」と称して毎月お届けしています。

広告媒体社からのリリースはもちろん、SEOや制作、MA/CRMなどの情報や実績・事例を毎月ご覧頂けいます。
下記ボタンのよりダウンロード・お申し込み頂けます。

関連記事

適切な運用・対策できてますか? 無料診断5点セット Google広告アカウント Yahoo!広告アカウント SEO webサイト LP 申し込みはこちら