悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

【LINE Ads Platform】新メニュー「LINE Ads Platform CPF」をリリース。広告を通じてLINEアカウントの「友だち」を獲得!

lapnewlogo

こんにちは。広告運用を担当しております増田です。

先日、LINE Ads Platformにおきまして、
新メニュー「LINE Ads Platform CPF(Cost Per Friend)」がリリースされました。

↓↓↓↓↓ LINE社のリリース情報 ↓↓↓↓↓
【LINE】新メニュー「LINE Ads Platform CPF」の提供を開始 「LINE Ads Platform」を通じてLINEアカウントの「友だち」を獲得

こちらのアップデート内容に関して解説していきます!

>>LINEの活用で売上◯倍!?最新のLINE活用術について無料セミナー開催中!

そもそもLINE Ads Platformとは??

「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォームです。
現在はLINEアプリのニュース面やタイムライン面だけでなく、「LINEマンガ」や「LINE BLOG」上でも配信されており、2018年1月末時点で約4,000の企業・ブランドに利用されています。
日本国内におけるMAUは7,100万以上(2017年9月末時点)と、
生活インフラとして定着したメディアといえます。
母数が多いだけでなく、幅広い年齢層に利用されており、web広告を展開する上で外せない媒体の一つです。
FireShot Capture 260 - - http___www.uniad.co.jp_wp_wp-content_uploads_mediaguide_LINE_2018_01_03
FireShot Capture 261 - - http___www.uniad.co.jp_wp_wp-content_uploads_mediaguide_LINE_2018_01_03

LINE Ads Platform CPFとは??

「LINE Ads Platform CPF」とは、「LINE Ads Platform」を通じて法人向けLINEアカウントの友だち追加を促進できるメニューです。
企業・ブランドなどの法人が、アカウントとの友達追加を促進する施策として、LINEスタンプの獲得をインセンティブとしたキャンペーンを実施するなどの方法があります。
しかし、LINE Ads Platform CPFはノンインセンティブで「友だち」追加を促す施策であるため、
よりロイヤリティの高い「友だち」獲得が見込めると同時に、
「友だち」追加後のブロック率の低減も実現できます。
CPF
※配信面はタイムラインのみ、配信フォーマットは静止画のみ
※既存の友だちも広告配信対象
ダミーアカウントは配信不可
ダミーアカウントを認証済LINE@アカウントへ付け替える場合は、
同一商材・サービスにおいてダミーアカウントと認証済みLINE@アカウントを
両方保有することはできないため、ダミーアカウントをLINE@へ昇格する手続きを行います

>>LINEの活用で売上◯倍!?最新のLINE活用術について無料セミナー開催中!

課金形態は…

「LINE Ads Platform CPF」は友だちに登録された時のみ費用が発生する 「友だち追加課金型」です。
そのため、LINEスタンプを活用したキャンペーン施策よりも低コストで開始することができ、
企業・ブランドはより柔軟にプロモーション活動を展開することが可能になります。

CPFの設定方法

キャンペーン設定

無題
①キャンペーン名を入力
②配信タイプでCPF ADを選択
③入札種別は静止画(CPF課金)は固定
④自動入札金額調整を利用する場合は自動最適化(CPF)固定に金額を入力
⑤月次予算と日次予算を入力
⑥配信期間を選択
⑦目標KPIはCPF or なしを選択
⑧ステータスを選択して保存

広告グループ設定

無題2
①広告グループ名を入力
②配信メディアはLINEで固定
※ 実際にはTimelineにのみ掲載されます。
③配信対象を選択
※ iOS用とAndroid用を分けて二つのAd groupを作成する必要がある
④セグメントを選択
⑤ステータスを選択して保存

広告設定

無題1
① 入札金額(50円以上)を設定
② クリエイティブを選択
③ アクションは友だち追加で固定
④ ステータスを選択して保存

最後に…

LINEアカウントの友だち獲得がネックで、LINE@を利用していなかった法人様も多々いらっしゃると思います。
今回のリリースにより、「LINE Ads Platform CPF」を通じて友だちを獲得し、
LINE公式アカウントやLINE@を通じて日々のコミュニケーションでカスタマーを育成する
という図式ができあがったのではないでしょうか。
コミュニケーションインフラとしての可能性が、より広がったアップデートといえるでしょう。

>>LINEの活用で売上◯倍!?最新のLINE活用術について無料セミナー開催中!


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

kazuki.masuda

デジタルアイデンティティ内でもトップクラスの規模の案件に複数ジョイン。
担当案件の商材は英会話、リフォーム、電力会社、化粧品、健食系等と幅広く展開。
また、Googleプロダクトチームの一員として弊社アカウント改善に奔走中。
デジタルアイデンティティの中でも有数の体育会系。

関連記事

適切な運用・対策できてますか? 無料診断5点セット Google広告アカウント Yahoo!広告アカウント SEO webサイト LP 申し込みはこちら