悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

ページランクとは?SEOにもたらす効果を解説!

私がご紹介します

Tanaka Yuta

TanakaYuta SEO Div. コンサルタント

現在までに100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードで上位表示を実現。薬機法管理者の資格を有しているいること、SEOライターとして自身でもライティングができることから、広告表現が難しい医療・美容・健康を得意領域としている。「成分名」や「〇〇 効果」などの難関キーワードでの上位表示実績多数。SNSでの情報発信にも力を入れており、約10,000名のフォロワーを獲得している。

執筆者の投稿をみる

SEOに大きく影響すると言われる要素として「ページランク」というものがあります。

ページランクを向上させるための対策を各社が打ち出し実践してきましたが、近年ではSEOにおけるページランクの重要性が疑われてきています。

ここではページランクとSEOとの関係性や、これからのページランクの考え方についてご説明していきます。

ページランクとは

Googleの検索エンジンがウェブサイトの重要度を決めるうえでの指標となるものを、ページランクといいます。

ページランクは該当のウェブサイトに対して送られているリンク(被リンク)の数と質によって決められ、その評価は「0」から「10」までの11段階で表されます。

特徴

ページランクという指標は、「リンクが集まっているページは重要だ」という考えからGoogleによって開発されました。

ちなみにページランクの「ページ」はGoogleの共同創業者・Larry Page(ラリー・ペイジ)の名が由来とされています。

ページランクがSEOにもたらす効果

ページランクがSEOに影響を与えることは確かですが、それはあくまでGoogleのランキングアルゴリズムの一つとして考えられます。

このランキングアルゴリズムは200以上あり、それぞれが多少なりともSEOへの影響力を持っているため、単純に「ページランクを上げれば検索順位も上がる」というわけではありません。

とはいえ、ページランクが高いことにはメリットはあってもデメリットはありません。SEO施策として最優先で取り組むべきことではありませんが、ページランクを上げる意味は少なからずあるでしょう。

ページランクは非公開になった

2016年3月にアメリカのSEOメディアで、それまでページランクを確認する手段であった「Googleツールバー」の「ページランク取得機能」が機能していないということが発表されました。

その後、同じくアメリカのSEOメディアにて、「Googleツールバー」をはじめどのような手段を使ってもページランクの確認ができなくなっていることが報じられています。

ページランクの歴史

今やGoogleは世界最大の検索エンジンとなっていますが、実は検索エンジンという業界の中ではかなり後発でした。Googleが登場するまで、既存の検索エンジンのアルゴリズムはとても単純なもので、検索されたキーワードに対してそのキーワードの量が多いサイトから上位表示していました。

そこにGoogleが、該当サイトに送られている外部リンクの質と量を重視した「ページランク」という概念を持って登場したのです。

あるキーワードを検索したユーザーに対して、より信頼されているページ(外部リンクはつまり他薦と捉えられる)を上位表示させることで、Googleの検索エンジンの品質は広く認められ、現在も世界でトップシェアを誇っています。

しかしページランクの概念は今も有効!?

ページランクが非公開になったものの、実はページランクという概念は現在も存在していることがわかっています。

これまでと変わらず検索順位を決める重要な要因として検索エンジン側で機能していることが、正式に発表されているのです。

PageRank は今日でも使われていますが、現在ではより大きなシステムの一部となっています。

Google Japan Blogから引用

現在のページランクを知る方法

現在、ページランクは公式にはブラックボックス化し、確認することができなくなっています。

しかし、確実とまでは言えませんが、代替となる調査方法も存在しています。

以下に、現在ページランクを知ることができる方法をご紹介します。

参考ツール

ツール 提供 URL
OSE(Open Site Explorer) MOZ https://moz.com/researchtools/ose/
ASE(Ahrefs Site Explorer) Ahref https://ahrefs.com/ja/site-explorer

これからのページランクの考え方

ページランクの正式な確認ができなくなった現在でも、被リンクはSEOにおいて最も重要な要素になっています。実際にGoogleもそう明言しているため、事実であることは間違いありません。

Googleによると、検索順位が決まるうえで最も大きな要因となるのが被リンクとコンテンツの2つなのだそうです。

ページランクが数値として見えなくなった今、SEO施策する者が意識すべきは、検索エンジンへ向けた対策ではなく、ユーザー目線に立った対策なのではないかと思われます。

Googleの目的はあくまでユーザーに価値のある検索結果の提供です。これからも検索エンジンのアルゴリズムが進化していくことを考えると、ユーザーが満足できるコンテンツの提供と被リンクの質と量の向上は上位表示への近道と言えるのではないでしょうか。

関連記事▼
ナチュラルリンクとは?特徴やSEO効果について

まとめ

一時は「絶滅」と言われたページランクですが、実際には現在もSEOにおいて大きな意味を持っています。被リンクの質と量が結果に直結するページランクは、必然的に上位表示の大きな要因になるんですね。被リンク、コンテンツの対策がこれからもSEOにおける大きな課題と言えそうです。

【無料】SEOセミナー開催中!SEOでわからないことはプロに相談!

株式会社デジタルアイデンティティでは、無料のSEOセミナーを開催しています。

セミナーでは、SEO対策の基礎・基本はもちろん、質疑応答時間をたっぷりとご用意していますので、自社のSEO対策のお悩み、直近のアルゴリズムのトレンドなど、お気軽にご質問いただけます。

こんなお悩みはありませんか?

  • SEO対策をどこから始めればいいかわからない…
  • 自社でSEO対策をしているが思うように順位が上がらない…
  • 他社にSEO対策を依頼しているがセカンドオピニオンが欲しい…
  • なぜ競合サイトの検索順位が高いのか知りたい…
  • 現在のSEO対策が正しいのか確認したい…

開催日程についても、ご希望に合わせられますので、ぜひお気軽にお申し込みください。

【無料】SEOセミナーお申し込みはこちら

関連記事

Keywords

無料!プロに相談する 無料!SEO対策のご相談はこちら

SEOコンサルティングって何してくれるの?