悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

MTテンプレートでSmartFormat (RSS2.0準拠) を作って、スマートニュース対応しよう!

この記事は、Digital Identity Creative Div. Advent Calendar 2020 11日目の記事です。

こんにちは、DI制作チームの能勢です。オウンドメディアやコーポレートサイトなど、さまざまなウェブサイトで利用されているCMSに、シックス・アパート社が提供するMovable Type (MT) があります。今回は、SmartNewsの媒体運営者向けに必須となる SmartFormat (RSS2.0準拠) なMTテンプレートを作ったので公開します。

SmartFormatってなに?

スマホアプリのニュースアプリ(キュレーション)といえば、スマートニュースやグノシーなどが有名です。今回は、スマートニュース向けのものです。

SmartFormatは、スマートニュースへニュースをクロールしてもらうためのファイル仕様です。フォーマットとしては、RSSやAtomがあります。SmartFormatに準拠したファイルフォーマットのファイルを準備し、スマートニュース側に申請すると、運が良ければ?スマートニュースに記事が取り上げられます。

スマートニュースが公開しているサポートサイトをみよう

スマートニュースは、媒体運営者向けにサポートサイトを公開しています。ほぼすべての情報はサポートサイトに掲載されており、しっかりと熟読しておくことをおすすめします。今回はSmartFormatなので、以下のリンク先を読んでおきましょう。

 

MTテンプレートで作るSmartFormat

作ったテンプレートは SmartFormat チェックツール でチェックを通っているので、概ね問題ないテンプレだと思います。MT6ベースで作っているので、MTBlogタグとかはバージョンに合わせて読み替えてください。

比較的かんたんなテンプレですが、SmartFormat用に作るにはいくつかポイントがあったので記載します。

日付はRFC形式で指定

日本のウェブサイトではほぼ利用しない日付形式なのですが、MTにはもともと出力が用意されているので、モディファイアで指定すればOKです。

<mt:Date format_name=”rfc822″>

HTMLの除去、エンコードはXMLで

管理画面の入力フィールドにはHTMLもかけるので、出力時にしっかりと取り除いておきましょう。また、XMLへのエンコードも用意されているので適用しておきましょう。

<$mt:EntryTitle remove_html=”1″ encode_xml=”1″$>

最後に

MTは使いやすくて便利なCMSです。案件にあったCMSを選んで、どんどん情報発信していきましょう。

MTタグやWordPressのテーマ開発ができるCMSエンジニアを募集していますので、会社をのぞいてみたい!とか、ランチで話をききたい!という方はお気軽にご相談ください!

それでは!

当サイトではこの他にもWebに関するお役立ち情報を多数ご紹介しています。
Web担当者の方、デジタルマーケティングに興味がある方はぜひご覧ください。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

 

【無料】2024年4月法改正!ウェブアクセシビリティセミナー動画、公開中!

株式会社デジタルアイデンティティでは、過去に開催したウェブアクセシビリティセミナー動画を無料公開しています。

2024年4月、障害者差別解消法の改正施行に伴い、2024年6月から一般企業にも「合理的配慮」が義務化されることで、注目されているウェブアクセシビリティ。
しかし、まだ対策の事例も少なく、Web制作会社であっても対応が難しいというケースも。

本セミナーでは法改正による義務化の範囲、ウェブアクセシビリティの基本的な対策内容、具体的な対策手順など、基本的な内容をまとめて解説しています。

こんなお悩みはありませんか?

  • ウェブアクセシビリティが何か、よくわかっていない…
  • 対応しなかった場合、罰則があるのか不安…
  • 具体的な対策の進め方を知りたい…

過去セミナーの動画ですので、いつでも自分の好きなタイミングでご視聴いただけます。
以下のリンクから、ぜひお気軽にお申し込みください!

【無料】ウェブアクセシビリティセミナーお申し込みはこちら

関連記事

Keywords

無料!プロに相談する Web制作・システム開発のご相談はこちら

Webサイトリニューアル費用はどのくらい?