悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

複数の広告の効果測定ができる3PAS(第三者配信)とは?仕組みや事例をご紹介!

computer

何かのウェブサイトにアクセスするときに、そのウェブサイトのコンテンツだけでなく、複数の広告が表示されることが多くあるのではないでしょうか。

広告を出稿する際に、広告の配信時間や測定管理を行う必要があります。
そのため、複数の広告を出稿する場合、それぞれの配信時間や効果測定、それに予算配分も全て同時に管理しなければなりません。

今回は、複数の広告を出稿する際に使用する便利なツール、「3PAS(第三者配信)についてご紹介します。

3PAS(第三者配信)とは?

3PAS(第三者配信)とは、「Third Party Ad Serving」の略です。

3PASには「狭義」の意味を持つ3PAS、そして「広義」の意味を持つ3PASの二つの捉え方があります。
では、「狭義」と「広義」それぞれの3PASはどういう意味で、どのような違いがあるのでしょうか。

3PASの狭義と広義の意味の違い

  
「狭義」の3PASとは、複数媒体の広告を同時に管理し、配信や効果測定を行うアドサーバー(第三者配信アドサーバー/Third Party Ad Server)のことです。

一方、「広義」の3PASとは、媒体に直接配信をせずに、アドエクスチェンジ(Ad Exchange)やDSP(Demand Side Platform) などの第三者を通して広告を配信することです。

今回は、前者である「狭義」の3PASについてご説明します。

3PASの仕組みと特徴

not okay1

okay1

3PASとは、第三者が提供、または運用しているアドサーバーを通して広告を配信するという仕組みです。
広告主にとっては、複数の媒体社に入稿する手間がなくなり、複数のものを一括管理することができます。

広告メディアを横断した効果測定

これまでのリスティング広告やディスプレイ広告のプロセスだと、それぞれ別々に効果測定を行う必要がありました。

一方、3PASを導入することによって、 それらを一度に把握することができるため、広告のCVに貢献した媒体やそのコストを適切に評価することができます。
広告の成果を正確に把握することができれば、バランスよく調整を行うことができるようになります。

広告のクリエイティブ管理との関係

広告管理をするにあたって、クリエイティブの管理が必要となってきます。
クリエイティブとは、広告の考案や計画、そして最終的に広告として使われるコピーや画像、動画のことを指します。

3PASでは、メディア登録、配信期間や配信タグ発行など、それぞれの媒体と広告を個別で対応するのではなく、一括で変更対応と全体管理を行うことができます。

リッチメディア配信が可能に

リッチメディアとは、動画広告やインタラクティブ広告を意味し、通常のDSP (Demand Side Platform)では配信することができません。

しかし、3PASとDSPを連携させることで、 DSPで配信できなかったリッチメディアも配信できるようになる仕組みがあります。
リッチメディアは、企業のウェブ上におけるブランディングに効果的であるため、とても重要な要素となります。

3PASのメリット

一つのウェブサイトに、複数の広告を配信するには時間と手間がかかり、かつ各広告の配信後の動きやデータを管理して運用するのは簡単なことではありません。

そこで、3PASを導入することによって広告主や配信者にとってはさまざまなメリットがあります。

広告の効果測定が一括で可能

一つのウェブサイトに複数の広告を配信するだけで、いつ、どのような効果があるか、すべてを把握することはそう簡単なものではありません。

そこで、3PASのメリットとしては、複数の広告の効果測定をより短時間で行うことができる点があげられます。
広告配信後の効果を測定するために、細かく管理していたものを一括にまとめられるため、
効率よく管理することができます。

また、広告配信のために複数の媒体社に入稿する手間もなくなり、一括で簡単に管理できます。

価値のある広告が明確に

3PASのもう一つのメリットは、複数の広告のなかでどの広告に価値があるかを見分けられるようにになるということです。

日々色々なユーザーがそのウェブサイトにアクセスするだけで、様々な広告に触れて、CVに至ります。
ただし、広告を配信している側からすれば、ユーザーがCVに至るかどうか以外の数字を測定する必要がありますよね。

例えば、そのユーザーが複数の広告があるなかで、どの広告にどのように接触してCVしたか、正確に測定するのはそう簡単なものではありません。

ただし、3PASを導入することによって、 ユーザーがどの広告に対しどういった過程でCVしたのかということや、複数配信している広告の中でも価値のある広告を簡単に見分けることができるようになります。

1CVにいくらコストがかかっているかも知ることができるので、配信している側からすれば適切な予算配分を把握することができます。

ターゲットへの広告表示回数に合わせてコンテンツを変更していくことによって、ブランド認知度を判断し、CV率を高めることができます。

3PASのサービス提供事例

3PASを用いたサービスは色々とありますが、いくつかのサービスの事例をご紹介します。

AD EBiS/アドエビス

AD EBiS(アドエビス)とは、株式会社ロックオンより提供された3PASを用いた広告効果測定システムのことです。

AD EBiSの特徴としては、コンバージョンの重複解消やレポート工数管理などのウェブ施策把握するのに、すべての流入チャネルを統合し全体的に把握できるようになっているという仕組みです。また、重複しているコンバージョンを除外し、漏れなくより正確な分析数値を計測することが可能です。

AD EBiSサービスの 初期費用は0円のため、これまでこのような広告効果測定システムに触れたことのない広告主でも簡単にお試しできるようになっています。

FLEX ONE®/フレックスワン

FLEX ONE®(フレックスワン)とは、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社による3PASのサービスの一つです。

FLEX ONE®の特徴は、リッチ広告フォーマットを3PASとして提供していて、多様性のある広告を配信することができます。
広告主は、広告原稿を入稿し、発行された広告タグを広告枠に設定すれば配信が可能になると、使い方も簡単でユーザーフレンドリーです。

また、広告枠不要のアウトバウンド型広告といった、インリードビデオアドなども、 ページ内にタグを挿入するだけで配信可能です。

まとめ

今回は、3PAS(第三者配信)についてご紹介しました。

そもそも複数の広告のそれぞれの効果測定を行うのは難しく、3PASを通じてまとめて効果測定をするだけでより効率よく管理でき、広告主にとっては重要な役割を果たしています。

常に変化し続けている広告業界では、まずは広告の管理方法から重視することで、より正確に広告戦略を立てることができるので、ぜひ試してみてください。

当サイトではこの他にもWebに関するお役立ち情報を多数ご紹介しています。
Web担当者の方、デジタルマーケティングに興味がある方はぜひご覧ください。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

関連記事