悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

共起語とは?重要な理由や使用するメリット・検索順位への影響

私がご紹介します

Tanaka Yuta

TanakaYuta SEO Div. コンサルタント

現在までに100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードで上位表示を実現。薬機法管理者の資格を有しているいること、SEOライターとして自身でもライティングができることから、広告表現が難しい医療・美容・健康を得意領域としている。「成分名」や「〇〇 効果」などの難関キーワードでの上位表示実績多数。SNSでの情報発信にも力を入れており、約10,000名のフォロワーを獲得している。

執筆者の投稿をみる

コンテンツSEOが重要視されている現在の検索エンジンでは、共起語の概要を理解し、適切にコンテンツ内で使用することが求められています。しかし、共起語とはそもそも何か、検索順位にどのような影響を与えるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、共起語の概要や、コンテンツで使用するべき理由やメリットについて解説します。さらに、共起語を調べられるおすすめツールも3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

共起語とは?

共起語とは、あるキーワードがコンテンツ内に出現した際に、同時に出現する頻度が高いキーワードのことを指します。たとえば、「SEO対策」というキーワードを狙ってコンテンツを作成するとします。

この際、SEO対策と同時に出現しやすいキーワードは「費用・検索・ホームページ・会社」などが挙げられます。この同時に出現しやすいキーワードが共起語になります。ここまでを読んで気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、共起語は、関連キーワードやサジェストキーワードなど、ユーザーにキーワードと一緒に検索される言葉ばかりです。

つまり、コンテンツを作る際に関連キーワードやサジェストキーワードなどを調べ、それらをコンテンツに含めることで、結果的にそれらが共起語として認識されていくということです。

関連キーワードとの違い

共起語はあるキーワードと同時に出現しやすいキーワードのことですが、関連キーワードは、キーワードに関連するキーワードのことを指します。それぞれ似ているように感じるかもしれませんが、共起語は「コンテンツ内」で出現することに対して、関連キーワードは「検索結果の最下部」に出現します。

また、関連キーワードは、検索ボリュームや参考サイト・検索クエリを抽出し、自動的に表示される仕組みとなっています。そのため、検索結果の最下部に出現している関連キーワードを確認することで、ユーザーがキーワードに対して、どのような関連している情報を欲しているのかを調べられます。

つまり、共起語はコンテンツ内でよく使用される言葉のため、そこからユーザーの悩みを判断することはできません。しかし、関連キーワードではユーザーの悩みをダイレクトに調べられるため、それらを効果的に使用することで、より検索意図を満たしたコンテンツを作成することが可能になります。

サジェストキーワードとの違い

サジェストキーワードは、検索窓に表示される検索候補のことです。こちらも関連キーワードと同様に、検索ボリュームなどに応じて、自動的に表示される仕組みとなっています。

しかし、関連キーワードはユーザーによって内容が変わることはありませんが、サジェストキーワードは、ユーザーの位置情報などに応じて変化します。たとえば、銀座にいる方が「イタリアン」と検索窓に打ち込むと、「イタリアン 銀座 おすすめ」などがサジェストとして表示されます。

まとめると、共起語はキーワードと同時に出現しやすい単語、関連キーワードはキーワードに関連する言葉、サジェストは検索候補のことを指します。これらを効果的にコンテンツに含めることで、よりユーザーの検索意図を満たしたコンテンツを作成することが可能になります。

共起語が重要な理由やメリット

ここからは、共起語が重要な理由やメリットを2つご説明します。

  • 検索エンジンにコンテンツが高品質であることを伝えられる
  • ユーザーの検索意図をより深く満たすことができる

それぞれ順番に見ていきましょう。

検索エンジンにコンテンツが高品質であることを伝えられる

まず、共起語を使用することによって、検索エンジンに高品質な記事であることを伝えられます。対策したいキーワードと同時に、ユーザーの悩みや求めている答えを言語化した言葉が頻繁に出現するため、検索エンジンにユーザー目線のコンテンツであると認識させられるためです。

また、当然ながら共起語を適切に使用するためには、事前に入念なリサーチを行う必要があります。何もリサーチをせず、共起語が一切使用されていないコンテンツと、リサーチを重ねて適切に共起語を使用しているコンテンツでは、どちらのほうが検索エンジンから評価されやすいかは一目瞭然だと言えるでしょう。

ユーザーの検索意図をより深く満たすことができる

上述した理由と重複する部分はあるのですが、共起語を使用することによって、ユーザーの検索意図をより深く満たすことができます。ユーザーの知りたい情報がキーワードと同時に頻繁に出現するためです。

また、検索意図を満たすことによって、結果的に滞在時間が伸びるなどのメリットや、お問い合わせなどの成約に繋がりやすくなるメリットがあります。滞在時間が伸びることによって、検索順位が上がる可能性もあります。

つまり、共起語を使用することによって、ユーザーからの信頼を獲得でき、自社のアクセスや売上が伸びる好循環を作ることができるということです。

共起語を網羅しただけで検索順位が上がる?

結論から申し上げると、共起語の網羅=検索順位のアップという、簡単な図式は成り立ちません。なぜなら、共起語はあくまでコンテンツSEO対策の一部であり、その他にも検索順位に影響を与える重要な要因は存在するためです。

しかし、上述したように、共起語の網羅が検索順位に影響を与えることは事実です。そのため、現状検索順位に伸び悩んでしまっているWebサイトやコンテンツは、共起語を網羅するためのリライトなどを講じてみると良いでしょう。

場合によっては、そのリライトによって検索エンジンから高品質なコンテンツだと判断されるようになり、検索順位が大幅にアップする可能性にも期待ができます。

共起語を調べられるおすすめツール2選

ここまで、共起語が重要な理由やメリットなどを解説してきました。ここからは、共起語を調べられるおすすめのツールを2つ紹介します。

  • 共起語検索ツール
  • 共起語分析ツール

それぞれのツールの特徴を順番にご説明します。

共起語検索ツール

「共起語検索ツール」は、Googleの検索ワードTOP30サイトを母集団に共起語を抽出してくれるツールです。TOP30サイトで使用されている共起語の数の平均値も同時に算出してくれるため、どのようなキーワードがユーザーに求められているのかも確認できます。

使用する共起語検索ツールに迷ったら、まずはこちらのツールを使用すれば問題ないでしょう。

共起語分析ツール

「共起語分析ツール」は、調べたい共起語をマインドマップ形式で表示してくれるツールです。頻繁に出現する共起語は中心に大きく表示され、出現回数の少ない共起語は小さく表示される仕組みとなっています。

また、名詞・動詞・形容詞など、品詞別の共起語をスコア化して表示してくれるため、どの共起語をコンテンツに多く含めるべきかがひと目でわかることが特徴です。

まとめ:共起語は検索エンジンとユーザー双方に重要

共起語の概要や、使用するべき重要な理由について解説をしてきました。共起語を使用することによって、検索エンジンとユーザーの双方に質の高いコンテンツと見なされ、結果的に検索順位のアップや、アクセス・売上の増加に期待ができます

まずは、この記事で紹介した共起語検索ツールを基に、対策したいキーワードの共起語を調べることから始めてみてはいかがでしょうか。

弊社では、お客様のWebサイトの「検索クエリ」「E-E-A-T」「クローラビリティ」「ソーシャルシグナル」など、70項目の項目を調査する「SEO診断サービス」をご用意しています。Googleの方針に沿って最適なWebコンテンツを作成し、安定的なSEO運用をするためにも、まずは下記のリンクから無料で資料をダウンロードしてみてください。

SEO診断の詳しい内容はこちら

【無料】SEOセミナー開催中!SEOでわからないことはプロに相談!

株式会社デジタルアイデンティティでは、無料のSEOセミナーを開催しています。

セミナーでは、SEO対策の基礎・基本はもちろん、質疑応答時間をたっぷりとご用意していますので、自社のSEO対策のお悩み、直近のアルゴリズムのトレンドなど、お気軽にご質問いただけます。

こんなお悩みはありませんか?

  • SEO対策をどこから始めればいいかわからない…
  • 自社でSEO対策をしているが思うように順位が上がらない…
  • 他社にSEO対策を依頼しているがセカンドオピニオンが欲しい…
  • なぜ競合サイトの検索順位が高いのか知りたい…
  • 現在のSEO対策が正しいのか確認したい…

開催日程についても、ご希望に合わせられますので、ぜひお気軽にお申し込みください。

【無料】SEOセミナーお申し込みはこちら

関連記事

Keywords

無料!プロに相談する 無料!SEO対策のご相談はこちら

SEOコンサルティングって何してくれるの?