悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

ダイナミック広告とは?配信メリットや媒体ごとの特徴を徹底解説

ダイナミック広告

ダイナミック広告は、多くの企業が使用しているデジタル広告の一つです。
この記事では、ダイナミック広告の基礎知識を始め、配信メリットや特徴、スタティック広告との違いなどを詳しく解説します。
ダイナミック広告についての正しい知識をつけて、デジタル広告の配信や運用に活かしてみてください。

>>広告運用に関するお悩み・ご相談はこちらからお問い合わせください

ダイナミック広告とは

ダイナミック広告とは、各ユーザーに合わせて最適なクリエイティブを自動的に生成して広告配信をおこなうことです。

スタティック(静的)広告との違い

スタティック広告は、どのユーザーに対してもあらかじめ決められたクリエイティブで、広告配信をおこなうことです。

ユーザーの興味関心に合ったクリエイティブを表示したいならダイナミック広告、ユーザーを問わず表示させ興味を持ってもらうならスタティック広告、といった使い分けになるでしょう。

ダイナミック広告の仕組み

「どうやってユーザーが興味を示しているのかわかるの?」などの疑問を解決するために、ダイナミック広告の仕組みについて解説していきます。

ダイナミック広告の仕組みは、例えばあるユーザーAがアパレルECサイトに訪れてシャツBのページを閲覧すると、媒体側に「ユーザーAがシャツBを閲覧した」という情報が流れます。
その後ユーザーAがアパレルECサイトを離れ、他のWebサイトに訪れた際にユーザーが閲覧したアパレルECサイトのシャツBやシャツBに類似したシャツが広告として配信されるというものです。
この仕組みを可能にしているのがタグとデータフィードです。

重要な役割を担うタグとデータフィード

タグは、各ユーザーがWebサイト内でどのような行動をしたのかを記録するために欠かせないものです。Webサイト内のHTMLのコードにタグを設置することで媒体側にユーザーの情報が送られます。この情報をもとにユーザーに適したクリエイティブを生成できるようになります。

例えば、下図のようなタグを設置することによりユーザーが商品ページにアクセスした際に媒体側にユーザーが商品ページにアクセスしたことが記録されます。
この場合、媒体側はこのユーザーは商品に興味があるということを認識できます。
このようにタグを設置することでWebサイト内でのユーザーの行動が媒体側に送られ、ユーザーに適した広告配信ができるのです。

イベント名 説明
view_seatch_results ユーザーが検索結果ページにアクセスしたタイミングを測定します。
view_item_list ユーザーがカテゴリページにアクセスしたタイミングを測定します。
view_item ユーザーが商品ページにアクセスしたタイミングを測定します。
add_to_cart ユーザーがショッピングカートに商品を追加したタイミングを測定します。
purchase 購入について測定します。

引用元:動的リマーケティングのイベントとパラメータ

データフィードは、Webサイトで記載されている商品やサービスの情報データのことです。あらかじめデータフィードを媒体側に設定することで、媒体側がWebサイトにどのような商品やサービスがあるのかを把握・理解できます。

タグを設置することで媒体側にユーザーの情報が送られてくるので、その情報とデータフィードの情報を照らし合わせユーザーが見ていた商品や類似商品の広告をユーザーに向けて配信できます。

ダイナミック広告配信のメリット

ここからは、ダイナミック広告のメリットについて解説していきます。

パーソナライズされた広告を配信できる

タグを設置することにより各ユーザーがどのページを閲覧したのかがわかり、各ユーザーの興味があるものを広告として配信できます。よって、各ユーザーのニーズに適した広告配信が可能になります。

より確度の高いリターゲティングが可能

ユーザーが比較検討段階の場合、何度かWebサイトを訪れ、悩むことは多くあるのではないでしょうか。そういった確度の高いユーザーに対して商品や類似商品を広告として配信できるため、CVにつながりやすいといえるでしょう。

最適なリーチができ新規顧客の発見に有効

実はサイトに訪れていないユーザーに対してもダイナミック広告は配信できます。新規ユーザーと似た属性のユーザーに配信する広告を、新規ユーザーにも広告を配信するという仕組みです。
似た属性のユーザーに広告を配信するので、興味を持ってもらえる確率は高くなるでしょう。

>>デジタルマーケティングに関するお悩み・ご相談はこちらからお問い合わせください

 

ダイナミック広告の媒体ごとの種類

ここでは、ダイナミック広告の媒体ごとの種類や特徴について解説します。
媒体によっては名前が異なるので注意が必要です。

Google広告

多くの人が使用しているGoogle広告でもダイナミック広告を使用できます。
名前がダイナミック広告ではなく「動的ディスプレイ広告」になるので注意が必要です。

名称 動的ディスプレイ広告
動的リマーケティング
動的プロスペクティング
配信面 Googleアドセンスで発行された広告枠
ライブドアブログ
教えてgoo
食べログ
ピクシブ など
特徴 200万以上のwebサイトに配信できるため、より多くのユーザーに対して広告配信をおこなうことができるため、CVにつながる可能性が高まります。

参照元:Google広告ヘルプ

Yahoo!広告

Yahoo!広告でも名前がダイナミック広告ではなく「動的ディスプレイ広告」になるので注意が必要です。

名称 動的ディスプレイ広告
配信面 Yahoo!サービスサイト
Yahoo!ディスプレイアドネットワークのWebサイトやアプリ
特徴 Yahoo!ニュースや知恵袋などのYahoo!サービスを頻繁に使用しているユーザーに広告を配信することができます。

参照元:Yahoo!広告ヘルプ

Facebook広告

FacebookやInstagramを合わせると、国内だけで約6000万人のMAU(月間アクティブユーザー)がいます。FacebookやInstagramにダイナミック広告を配信することできます。

名称 Facebookダイナミック広告
配信面 Facebook
Instagram
Audience Network
特徴 シングル画像広告、カルーセル広告、ストーリーズ広告、コレクション広告といったさまざまな広告フォーマットで配信することができます。

参照元:Facebook for Business

LINE広告

LINEは、国内だけで約8600万人のMAUがいます。日本で一番使われているSNSとも言われており、幅広い年齢層に利用されています。

名称 LINEダイナミック広告
配信面 タイムライン
LINEニュース
LINEマンガ
LINE BLOG
LINEポイント
LINEショッピング
LINEウォレット
LINEチラシ
特徴 配信面が多く、使用している人が多いためユーザーの情報を蓄積しやすいです。
そのため、購入意欲の高いユーザーに類似した属性を持つユーザーへ広告配信できるため、新規顧客獲得に活用できます。

参照元:LINE for Business 

Criteo

Criteoは1日の広告配信数は40億と言われており、多くの人にリーチできる媒体として有名です。また、Yahoo!サイトにも第三者媒体として広告配信が可能です。

名称 Criteoダイナミックリターゲティング
Criteo Customer Acquisition
Criteo Audience Match
配信面 SSP
Yahoo!サイト
特徴 Criteoは大量のデータ、および月間25億人にも上る買い物客に関するインサイトをもとに広告を配信しているため、デバイス、アプリ、Web関係なく多くの人にリーチすることが可能です。

参照元:CRITEO

Logicad

ソニーの傘下にあるLogicadはソニーの高い技術力を活かしたDSP(広告配信最適化プラットフォーム)です。

名称 ダイナミッククリエイティブ
配信面 SSP
特徴 ビックデータと人工知能による高い技術をもとに、高度な分析を可能とするアルゴリズムと優秀なレコメンドエンジンを搭載しているため、よりユーザーに対して最適な広告を配信することができます。

参照元:Logicard

RTB HOUSE

2018年、RTB Houseはアルゴリズムの100%にディープラーニングを導入しました。それにより潜在的なユーザーを明確にし、パーソナライズされた広告を配信することが可能になりました。

名称 ダイナミックリターゲティング広告
配信面 Google
国内外のSSP
特徴 RTBHouseエンジンはディープラーニングアルゴリズムを搭載されているため、標準の機械学習よりもさらにユーザーに対して適切な広告を配信することができます。

参照元:RTBHOUSE

ダイナミック広告の運用・改善のポイント

ここでは、タグとデータフィードの注意点を解説します。

適切なタグ設定をおこなう

各ユーザーのWebサイト内の行動は、すべてタグを通して媒体側に情報がわたります。そのため、どのページにユーザーが遷移したのかを適切に知るためには、ページごとに適切なタグを設置する必要があります。違うページを閲覧しているのにタグが同一であった場合では正しく計測できません。また、TOPページ、商品詳細ページなど各階層にあったタグを設置することが適切にユーザーを把握するためには必要です。

最適なデータフィードの構築

誤ったデータフィード情報が登録されていると、ユーザーの興味関心に合わない広告を配信してしまったり、広告の商品の在庫がない場合はサイトに訪れたユーザーが離脱してしまったりすることが起こりえます。
そのため、データフィードの情報を常に最新にしておく必要があります。新商品の発売や在庫・価格情報といったことを更新することで、ユーザーに適切な広告を配信できます。

まとめ

今回は、ダイナミック広告の仕組みや媒体などを解説しました。
タグやデータフィードを設置する必要があるため時間をようしますが、確度の高いユーザーに対して広告を配信できるため、広告費用対効果を高められます。ぜひ本記事を参考にダイナミック広告を活用してみてください。

>>広告運用に関するお悩み・ご相談はこちらからお問い合わせください

 
当サイトではこの他にもWebに関するお役立ち情報を多数ご紹介しています。
Web担当者の方、デジタルマーケティングに興味がある方はぜひご覧ください。


広告運用やSEO、解析・Web製作など、当社はWebに関わるベストソリューションをご提供しています。お悩み・ご相談も受け付けておりますので下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

関連記事

適切な運用・対策できてますか? 無料診断5点セット Google広告アカウント Yahoo!広告アカウント SEO webサイト LP 申し込みはこちら