悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

Google、AI「人工知能」ベースのRankBrainアルゴリズムを導入

Google、AI「人工知能」ベースのRankBrainアルゴリズムを導入

Google、AI「人工知能」ベースのRankBrainアルゴリズムを導入Googleの検索システムエンジニアのグレッグ・コラード氏はBloombergのインタビューの中で、Googleは、AI (Artificial Intelligence: 人工知能) をベースにしたアルゴリズムを数か月前から導入している事を明らかにしました!

以前より人工知能会社を買収したりと、注目が集まっていた部分ですが、既に導入され、よりユーザーにマッチした検索結果を表示させるために動いているようですね。

参考URL:http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-10-26/google-turning-its-lucrative-web-search-over-to-ai-machines

RankBrainアルゴリズムの概要

RankBrainアルゴリズムでは、検索クエリがはっきりと決まっていない状況で、あいまいな表現、口語表現であっても、それらの情報を組み合わせ、内容に近い情報を検索したり、過去の検索やクエリを参照したりしながら、ユーザーが求める内容を表示することができるとのことです。

RankBrainはAI(人工知能)をベースとした新しいアルゴリズムで、RankBrainの導入により、言語やクエリの持つ意味、ユーザーの検索意図欲求を瞬時に理解し、検索エンジンアルゴリズムを自動的に書き換え検索結果に影響を与えるとの事。

Google検索では1秒間に数百万回のクエリが発生し、その中でも15%が新規クエリであり、これらの大半をRankBrainが処理していると話しています。

口語表現に関しては、ハミングバードの段階である程度ブラッシュアップされたようですが、そこから更に学習機能がついたイメージですね。

RankBrainの導入でSEO対策に変化はあるか?

RankBrainの導入でSEO対策に変化はあるか?

アルゴリズムが変更されると、よく聞かれるSEO対策の変化ですが、RankBrainはクエリの意図欲求を解釈するシステムであり、ページの評価に関わっているものではないと考えられるため、特に対応する必要はないです。

又、たとえページの評価に関わっていたとしても、ユーザーが求める有益な情報を提供していくという点がメインとなっている現状においては、SEO対策に変わりはないでしょう。

Googleの検索エンジンの目指す所はRankBrain導入後も変わらず、ユーザーの検索体験の向上にほかなりません。検索エンジンのアルゴリズムアップデートや新しいシステムの導入も、全てはこの目的を達成するため行うものです。
それを考えれば、今後もSEO対策が大きく変わることはなく、下記のような流れで、これまでどおりのSEO対策が重要です。

  • 貴社のビジネスにおいて獲得したいユーザー層の関心やニーズを把握する
  • ユーザーのニーズや関心にマッチ(対応)する有用なコンテンツを用意する
  • それらのコンテンツを検索エンジンにより認識され易く(評価され易く)する

関連記事