悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

デジタルアイデンティティ社員紹介:マーケティング-樋上達哉さん

デジタルアイデンティティ社員紹介:マーケティング-樋上達哉さん

こんにちは、デジタルアイデンティティの齊藤です。

就職活動をしていて、「マーケティング」という単語を目にする機会が非常に多いと思います。
Webや広告に限らず注目される「マーケティング」ですが、実際にどういった仕事で何をしているのかしっかりと把握している人は、意外と少ないのではないでしょうか?
また、マーケティングを仕事にするとどんなことを担当するのか、具体的に知りたい方も多いと思います。

interview8-2

そこで今回は、デジタルアイデンティティのマーケティング Div.に所属する樋上達哉(ひのうえ たつや)さんにインタビューしました!
樋上さんは新卒でまずWeb広告チームに所属し、途中からマーケティング Div.に異動した経歴の持ち主。
様々な観点から、マーケティングという仕事やWeb業界、デジタルアイデンティティについて聞いてみます。

普段どんなお仕事をしているんですか?

主にウェブ解析と社内向けツールの開発をしています。
ウェブ解析ではクライアントのサイトに関して、サイトへの流入から商品購入などの目標達成までの流れを分析し、報告しています。
また、JavaScriptなどを使って計測環境を整えたり、レポートの自動作成などをしています。
社内向けツールとしては、ルーティン化されているタスクをプログラミングを使い自動化させることを目標としています。

マーケティングDivのお仕事について詳しく知りたいです

interview8-3

マーケティングDivはデジタルアイデンティティの他部署の事業(デジタル広告、SEO、デジタルクリエイティブ)以外のもの全てを担当する部署と社内外で説明しています(笑)。
主に解析業務を行っています。
メンバーはそれぞれ、アクセス解析ツール・統計学・プログラミングなどの知識を利用し、詳細な分析を提供しています。

また、解析を中心にデジタルアイデンティティのサービス領域を拡大する役割を担っています。
そのため、自分の中に目標とするマーケター像がある人や仕事を通してやりたいことに向けて進んでいく自走力のある方が所属しています。

マネージャーからはその方向性が会社の利益となるかの調整や客観的なレビューをいただいておりますが、自分で仕事における課題に対して答えを見つけることが必要になります。

元々広告運用メインの部署にいた樋上さん、今の部署に移った経緯とは?

新卒1年目の4月からは弊社の主軸となっているネット広告の部署で分析、運用業務をしていました。
同年の9月に声をかけていただき、マーケ部署に移りました。

弊社の中でも歴史がある広告の部署では、広告の知識に留まらず、業務の進め方や弊社が大事にしている「アイデンティティ設計」と呼ばれるユーザー分析などを学ぶことができました。
マーケの部署では、ウェブ解析、プログラミングの技術を使い、マーケティングを幅広い視野から見ています。

入社前から広告にとどまらずデジタル領域全体での分析がしたいと思っていたので、今自分のやりたいことができる環境にいられてうれしいです。

DIの業務効率化のために樋上さんが取り組んでいることとは?

interview8-4

私のタスクの一つに社内で行われている繰り返しのタスクをプログラミングで代用させるというものがあります。
具体的には、手作業で行っているオフィスの作業のマクロでの効率化、スクレイピングによるウェブサイトからの情報収集などを今までしてきました。

前者に関しては、エクセルにある表やグラフなどをパワーポイントにサイズや位置を調整して張り付けるものやエクセル間での数値を受け渡しなどのプログラムを作りました。
後者に関しては、自分が情報を取りたいサイトに対してbotを送り、定期的にその中の要素やキャプチャ画像を送るような仕組みを作りました。

実はこれらは広告の部署にいた時から自分が繰り返してきた作業で、なんとか楽にならないかなと思ってきていた部分なので、自分自身が一番楽になっています。
今後の展望としてはそれらのツールをウェブアプリケーションとして一元管理したいなと考えています。

短期インターンシップの運営メンバーでもある樋上さん、イベントについて詳しく教えてください!

interview8-6

弊社では月に1回を目安に短期のインターンシップを開催しています。
インターンシップでは弊社で行っているユーザー分析を4,5人ずつの班に分かれ、学生の皆さんに体験していただいています。
社員はグループワークの説明や班の進行を監督します。自分は主に監督として参加しています。

学生の方には社会人と触れ合ういい機会だと思います。
本格的な採用試験の前に、グループワークの練習にもなるかと思います。個人的には本格的な採用活動におけるグループワークを監督した若手社員が感じるであろうものをフィードバックしようとしています。
これを読んでいる皆さんも学年に制限はないので、よかったら応募してください。
私も待っています!

あなたにとって「成長」とは何ですか?

interview8-5

強く意識しているものです。自分の目指すデジタルマーケター像は日々の積み重ねなしにはなしえないものだと思っているので、インプットは絶やさないように意識しています。
そのために、ネットや本だけでなく、プログラミング関連の勉強会にも積極的に参加するようにしています。

また、マーケティングの部署では自分の目標を実現あるいは目標へ近づくようなタスクができているので、タスクの中でも成長を感じることができます。

最後に、就職活動中の学生さんに向けて一言

社会人になると利害関係が生まれてしまうため、話せる情報が制限されてしまうことも増えてしまいます。
一方学生という立場だとそういうしがらみがなくお話ができるので、今のうちに興味がある業種・職種の人と積極的に接触してみてください。
その中で自分のしたいこと、できること、好きなことなども見えてくると思います。

あと、就活に当たっては最低限の準備はしましょう。
筆記試験のパターンは限られてますし、面接でよく聞かれる質問もググれば見つかります。
そんなちょっとのことで、行きたい会社に行けないのはもったいないので。

不合格通知をもらうと心がくじけそうになるかと思いますが、頑張ってください!!

Web広告業界に興味がある方へ

デジタルアイデンティティでは、新たな仲間を募集しています。
日々変化し続けるインターネットの最先端に身を置きたい、Web広告でクライアントの問題を解決し、多くの人に情報を届けたい、自分で会社のしくみを作ってみたい…。
そんな熱意をお持ちの方は、ぜひデジタルアイデンティティの説明会・イベントへご参加ください!

新卒採用はこちら
▲デジタルアイデンティティへのエントリーはこちらから!

齊藤 優衣

株式会社デジタルアイデンティティ SEO Div. リーダー。
2016年よりSEO Div.所属。SEOのことがまったく分からない!という方でもわかりやすい、やさしい記事を発信していきます。
また、就職・転職活動中の方に向けて、デジタルアイデンティティの内側をお見せするコンテンツを随時更新中です。「どんな会社なんだろう」「どんな雰囲気なんだろう」というギモンや不安をどんどん解消!ぜひご覧ください。

関連記事