悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

デジタルアイデンティティのインターン生に色々聞いてみた:臼田 隼矢さん

intern1-1

こんにちは、デジタルアイデンティティの齊藤です。
暖かくなったり寒くなったりと安定しない、季節の変わり目ですね。
学生さんはいよいよ正式に解禁される「就職活動」に、どきどきしている時期だと思います。

情報収集のため、既に就活を終えた先輩に話を聞いた、または聞く予定がある!という方も多いのではないでしょうか?
どのように就活を進めたのか、そして内定を勝ち取った今どのような気持ちなのか…とても気になりますよね。

そこで今回は、デジタルアイデンティティで内定者インターンとして働いている、
臼田 隼矢(うすだ じゅんや)さんにインタビューしました!

intern1-4

臼田さんはデジタルアイデンティティへ内定後、自主的に「インターン生」として出社し、先輩社員に囲まれながら日々頑張ってくれています。
そんな臼田さんに、就活のことやインターンのことを詳しくインタビューしてみました!

学生時代は主にどんなことをしていましたか?

学生時代は長期休暇によく海外に行ってました。何カ国も行ったわけではないんですが、とにかく自分のやりたいことをやりたいように自由にやっていました。
サークルにも所属していたんですがほとんど行ってなかったので、友達も少なかったですし、大学生らしい遊びはあまりしなかったです(笑)
幸い、親もいい意味での放任主義だったので、特に何かを言われたりということもなかったです。そんな生活を送っていたんですが、なにか物足りないというか、もっと今しかできないことをやりたいと思うようになって、休学を考え始めました。

そんな時、幸運なことに当時アルバイトをしていた飲食店がカンボジアで学校建設をするために資金を集め始めたんです。
なので大学4年になる前に休学して、約1年間現地スタッフとしてカンボジアで生活し、帰国後も現地で繋がった人たちとやり取りをして、学校建設を無事成し遂げることができました。
学生時代の内容は薄いものではなかったな、と思っています。

intern1-5

デジタルマーケティングに興味を持ったきっかけについて教えてください

この業界を選んだきっかけは?

社会学部だったということもあり、もともとマーケティングとか広告系に興味を持っていました。
どうにかして人の心を動かしたいなと。そんな軽い気持ちでその業界を主として、就職活動を行っていたんですが、次第に5年後10年後のことを考え始めるようになりました。

その中で、デジタルやWeb領域で仕事をしよう!と思った理由は?

市場価値の高い人間になるという目標があったので、そのためにはなにが必要なのかなと。そこで出てきたのが、やはりデジタルの知識を持つということでした。パソコンなどの機械系は得意ではなかったんですが好きでしたし。
それでもともと興味のあったマーケティングとデジタルを掛け合わせて、デジタルマーケティング業界に就職しようと決めました。

デジタルアイデンティティを選んだ理由は?

理由は主に3つです。
1つ目は、何と言っても急激な成長を遂げていることです。このいま現在成長中の会社に身を置いたら、会社と一緒に自分も成長できる、同世代に負けないような自分になれると思ったからです。
2つ目は、業務の幅が広いことです。デジタルマーケティング業界で勤めたいとは思っていたんですが、具体的に何がしたいとかは全くなかったんで、業務の幅が広いこの会社で自分の本当にやりたいことや得意なことを見つけたいと思いました。
最後は代表や役員の方々の第一印象ですね。皆さんすごく話しやすくてすぐに風通しの良い会社なんだなと思いました。インターンとして働いている今となってはその第一印象そのままの会社だなって思っています。(笑)

intern1-6

インターンでの過ごし方について教えてください

インターンでは、どんなことをしていますか?

主に先輩方のサポートです。
レポートを作成してみたり、広告文を考えてみたりと。あとは資格取得のための勉強とかも行っています。(入社前ですが、Google AdWords 認定資格に合格しました!)

インターンをしていて大変なことはありますか?

とにかく覚えることが多すぎて、本当に苦労しています。毎日頭パンクしそうです。
でも、先輩方は質問に丁寧に答えてくれますし、実際に学生時代にインターンをやっていた先輩方もいるので、こちらの気持ちもすごく理解してくれます。
あとは、先輩の往訪に同行させていただいたりもしています。まだ何もできないので、必死に話を聞いて雰囲気を掴むということくらいしかできないのですが、往訪は先輩方との距離がグッと近くなる気がして結構好きですね(笑)
そんな感じでありがたいことに、とにかく多くのことを経験させてもらっています。

intern1-2
▲インターン生とはいえ、先輩社員と机を並べて働くので、入社前に会社の雰囲気を知ることができます。

インターン中に得た発見や学びはありますか?

今のところほぼ毎日新しい発見や学びがあるのですが、一番の発見は働くって楽しいと思えたことですかね。
さっきも書いたんですが、本当に毎日頭パンクしそうなんですけど、その分やっぱりやりがいはありますし、やっていて楽しいです。最近はだんだんとやることも増えてきて、気持ちはかなり高ぶっているんですが、それに知識が追いついていない状態が続いて悶々としています。

ただ、それをなんとか乗り越えた時にどんな気持ちになるのか、考えただけでワクワクしますね。学びとしては、努力すればするほど成長できるということです。
知識をどれだけ持っているかで、その人の市場価値が大きくなる業界だと学んだので、努力して知識を蓄えれば若手でも大いに活躍できると思っています。
実際に社会人1年目や2年目の先輩で活躍している人も多いですし。こんなに面白い業界は他にあるのだろうかと思うほど、いろんな意味で面白いですね。(笑)

3年後、どのような仕事をしていたいですか?

どんな仕事をしていたいかと聞かれると、明確なものがないので難しいんですが、3年後までには必ず、プロジェクトのフロントに立って仕事ができるようになっていたいです。
ただ、それ以上にチームを引っ張っていけるような人間になりたいとも思っています。実績的にも人柄的にも。
この会社ではそのチャンスが大いにあると思っているので、チャンスがあるからにはそこを狙わない手はないかなと思っています。
幸いにもこの会社には1年目2年目で活躍している目標となるような先輩方がたくさんいるので、モチベーションを保つことには困りそうにないです。(笑)

intern1-3

最後に、インターンに興味のある学生へ一言

インターンは、自分の将来について考えられる良い機会だと思っています。絶対にやった方がいいとは言いませんが、やって損はないと思います。お金がもらえるのであればなおさら。(笑)
僕の場合は内定者インターンという形ですが、インターンをやろうと決意したきっかけは、せっかく東京に住んでいてインターンができる環境だからということが大きかったです。
できない人もいる中で、自分はできる環境にいるのだから、やるしかないしやるべきだと思いました。

ただ、インターンを始めるとインターン第一になってしまいがちですが、それで留年したら元も子もないので、そこだけは気をつけてください。
参考になったかどうかはわかりませんが、どのような決断であれ皆さんの背中を少しでも押せたのであれば嬉しく思います。がんばってください!

Web広告業界に興味がある方へ

デジタルアイデンティティでは、新たな仲間を募集しています。
日々変化し続けるインターネットの最先端に身を置きたい、Web広告でクライアントの問題を解決し、多くの人に情報を届けたい、自分で会社のしくみを作ってみたい…。
そんな熱意をお持ちの方は、ぜひデジタルアイデンティティの説明会・イベントへご参加ください!

新卒採用はこちら
▲デジタルアイデンティティへのエントリーはこちらから!

関連記事