LP運用の最適化(既存ページ改善)

複数訴求の比較調査

A/Bテストでランディングページを最適化 (LPO)
1つの広告から複数のランディングページをはき分け(スプリットラン)、それぞれの成果を把握することで、ランディングページを最適化できます。
A/Bテストでランディングページを最適化 (LPO)

同訴求内の比較調査

大きくデザインや訴求の方向性を変えたページで効果への貢献度の違いを検証します。

大きくデザインや訴求の方向性を変えたページ

次にコンテンツを並び替えて成果率が変わるかを検証し、最も有効な流れを見つけます。

コンテンツを並び替えて成果率が変わるか

アクセス解析によりサイト内の有効コンテンツの発見

アクセス解析により、成果貢献度の高いコンテンツを洗い出すことができます。
そのコンテンツ自体を飛び先ページとして使ったり、LPからそのコンテンツへのリンクを設けることで成果率が上がる場合があります。

アクセス解析によりサイト内の有効コンテンツの発見

LP運用最適化の流れ

  1. 現状の効果検証
    現在のLPに関して、集客導線とサイト内導線の両面から分析して課題点を発見します。
  2. LPO企画提案
    課題解決のための具体策をご提案させていただきます。
  3. ページ実装・集客実装
    ウェブページにおける改善策と、集客導線側の見直しとを実装して運用管理を行います。
  4. 効果分析と反映
    効果を検証して、さらにブラッシュアップしていきます。