ウェブ動画が果たす役割

web動画の公表成果数字

テレビCM、チラシ、DM、カタログ、新聞など各種媒体によって興味関心を喚起し、ウェブに流入してきたユーザーに対してウェブ動画で理解とモチベーションを高め、スムーズに行動へ誘導する一連の流れを構築することで、マーケティング効果を最大化することができます。

商品・サービスへの理解・共感を促進

テキスト情報や写真・イラストだけでは伝えきれない映像の強みを活かして、欲求を刺激します。
(例)肉の焼ける音→食べたい、ビールの泡立ち→飲みたい

またテキストだけでは理解が難解な専門的な情報や研究開発の話を、ウェブ動画を使うことで誰にでも分かりやすく伝えることができ、さらに動画の演出によっては理屈ではない感情へのアピールを実現することができます。

リアリティある映像による臨場感・信頼性の向上

現場の臨場感をそのまま伝えることで商品の魅力と理解を向上させることができます。
また利用者の体験談や効果実証を、リアリティとともに伝えることができ、ユーザーの行動を促進することができます。

web動画の公表成果数字

商品動画を用意することは、以下のような結果へとつながります。

  • 85%購入する可能性が高くなる(オンラインゴルフ・ドット・コム)
  • オンライン販売のコンバージョンが44%増加する。(シューライン・ドット・コム)
  • 検索結果の最初のページに登場する確率が53倍高くなるというSEO効果があり、集客数の増加が期待できる(フォレスターリサーチ社、2017年)
  • ビデオマーケターの80%は、ビデオが直接売り上げを伸ばしたと述べています。(Wyzowl、2020)
  • ソーシャルメディア上のビデオが原因で、93%のブランドが新規顧客を獲得しました。(Wyzowl、2020)
  • ビデオマーケターの43%は、ビデオによって受けたサポートコールの数が減ったと述べています。(Wyzowl、2020)
  • ビデオマーケターの87%は、ビデオによってWebサイトへのトラフィックが増加したと述べています。(Wyzowl、2020)

弊社サービスについてはこちらから