ユーザービリティ研究

アイデンティティ設計(ターゲットユーザー設計)

対象ユーザを明確にするためのアイデンティティ設計

広告で集客した際に、ウェブサイトとユーザのミスマッチを回避するために、対象ユーザーのニーズや心理状況、行動特性を分析し、「アイデンティティ設計」を行うことでユーザー層を具体化します。

ユーザーをニーズごとに分類し、商品認知の状況やアクションへの距離などを軸に整理した上で、ターゲットの選定や優先付けを行います。対象として選定したユーザーに対してニーズや状況ごとに流入してくる経路やコンテンツ内での情報の提示の仕方、サイト内の行動導線を考慮し、サイトの設計を行います。

ユーザービリティ研究 アイデンティティ設計(ターゲットユーザー設計)

定性調査・定量調査、両面の知見を生かした設計

実際にターゲット属性にマッチしたユーザーに来訪して頂き、プロトタイプ・サイトを触ってもらうことで、改善ポイントを明確化する定性調査プロジェクトへの参加や協力進行の経験が多数あります。またこれまでのウェブ広告の運用やアクセス解析に関連して、ユーザーがどう流れるのかを分析する定量調査を多く行ってきた実績があります。両方の観点から改善点を導き出し、設計を企画します。

ユーザービリティ研究 定性調査・定量調査、両面の知見を生かした設計

ヒューリスティック調査

熟練者によるサイトチェックから問題点を見つける
ユーザビリティ知識の豊富な熟練者による、サイト調査を実施します。サイトの抱える問題点、改善点、重要度を報告・提案します。実際にユーザーを呼ぶテストは実施しませんが、経験値に基づいた分析をすることで、短時間に問題を把握し、有効な改善方法を明らかにすることができます。
こんなケースにおすすめ
  • サイトの現状が分からない
  • リニューアル前にサイトの課題を知っておきたい
  • ユーザビリティテストを実施する時間をかけられない
  • 低コストで実施したい
問題点・改善案のリストアップ、重要問題個所の図解・詳細説明、重要問題個所の改善画面設計、競合調査なご要望に応じた調査報告が可能です。

ユーザービリティ研究 ヒューリスティック調査

ユーザビリティを殺さないデザイン

ユーザービリティの観点から、画面設計・導線設計を行った上で、デザイン作業に入ります。 デザインをするときには、ユーザービリティの留意点を考慮して、デザインすることでユーザービリティの力をさらに引き出すことができます。

一方で、商材にそぐわないトーン&マナー、ボタンなどのデザインとサイト機能や意味の整合性の欠如、視認性の低い配色、などが起こってしまうと、ページの設計が効率的であっても、その効果を阻害してしまいます。

デザインやシステムの動作なども含めて、ユーザービリティ設計を行います。

ユーザービリティ研究 ユーザビリティを殺さないデザイン

SEO効果の高いHTMLコーディング

制作時にSEO効果を考慮することで、サイト内すべてのページを受け口とするマルチエントランスサイトにすることができます。

  • すべてのページを入り口することによる集客力が高まる
  • ニーズにあったページが入り口になるようコントロールできる
といった効果が期待できます。

ユーザービリティ研究 SEO効果の高いHTMLコーディング

プラン サイト全体の制作以外にもいくつかのプランをご提供しております。
  • サイト制作またはリニューアル
  • 画面設計の作成
  • 画面設計+デザイン
  • 画面設計+SEO施工
  • 画面設計+制作進行管理
  • ユーザービリティ観点での現状サイト評価や競合他社サイト評価レポートの作成
など
見積 対象ページボリュームによって変動します。
まずはお気兼ねなくお問い合わせくださいませ。