LP制作代行

LPとは検索結果や広告などをクリックしてユーザーが最初に訪れるページのことです。 LPに訪れるユーザーの目的を意識し、その目的に一致したページを制作することが重要かつ成果をあげられます。

LP制作はこのような方にオススメします

ウェブ広告など集客手段の最適化だけでは成果が伸びない
ユーザーニーズ・ユーザー行動仮説・心理分析を踏まえた設計を行う事で、成果(購入・会員登録など)の獲得効率の向上を狙います。
ウェブサイトの直帰率が高い
情報の発信の仕方が、ユーザーのニーズに合っていない可能性はありませんか。
御社が伝えたい情報が、必ずしもユーザーが知りたい情報とは限りません。またユーザーによってニーズが異なる為、当然説得の流れも変える必要があります。ユーザーのニーズに合った説得コンテンツに自然に流れる集客と一体化したサイト設計を行います。
ランディングページを作ったがだんだん効果が下がってきた
成果の高いページができて、そのページへの集客を増やしていくと、予想に反して、だんだんと効果が落ちてきた、ということがたまにあります。
  • ユーザーの「飽き」がきた
  • 情報が古い
  • ページデザインが今のトレンドに合わなくなった
といったこともありえますが、それ以上に、ニーズの異なるユーザーの比率が上がってきたことが考えられます。その結果、説得の流れに無理が出てきたり、必要情報が足りないといった要因で成果率が下がっているのでしょう。

ユーザーごとにニーズは異なる為、すべての人に対応しうるページというのはなかなか実現しません。ユーザーのニーズを洗い出し、ユーザーごとに適切なページを設けることをご提案します。

弊社が提供するLP制作代行サービスの特徴

ユーザーのニーズや、行動仮説を基にターゲットから反響を得ることができるLPを下記のフローで作成します。

対象ユーザを明確にするためのアイデンティティ設計
ユーザーがどのようなニーズを抱えているか、どのような行動を起こしうるかを洗い出して、整理します。
対象ユーザを明確にするためのアイデンティティ設計
ユーザーごとの説得フロー
ユーザーごとにページのテーマ、説得の流れ、を整理して、優先して制作すべきページをご提案します。
ユーザー行動仮説

また他社のLPの訴求を確認し、差別化や訴求の方向性を検討する場合もあります。

差別化や訴求の方向性を検討

説得フロー・コミュニケーションの流れの設計

立体的な導線設計
ページごとに流入してくるユーザーのニーズに合わせて、コンテンツの内容、画面構成、デザインを考えます。
またLPから次にどこに進ませるか、その他どのような既存ページへのリンクが必要か、といったその後のコミュニケーションの流れも含めて、ページ単体ではなく立体的な導線を設計します。
立体的な導線設計

LP制作の流れ(新規制作)

  1. アイデンティティ設計
    ウェブ上のどこにいる誰を優先して狙うのか。どういうニーズを持つユーザーか、どのような接触履歴を持つユーザーであるかを整理。
  2. ページ内容・コミュニケーションフローの企画提案
    ターゲットごとに提示する情報、コミュニケーションの流れを検討します。
  3. 画面設計
    ユーザービリティを考慮したページの設計を行います。
  4. 制作:デザイン・コーディング
    ターゲットユーザーとコミュニケーションの流れに適したデザインを考慮してページを制作します。

期間・見積・実績

見積 LP制作1枚:150,000 ~(企画設計3万+制作12万)
※ページの長さ・デザイン難度・実装機能によって変動します
※別途進行管理費15~20%
LP制作複数枚:企画設計3万+ベースデザイン制作12万+制作8万×(枚数-1)
(例)5枚制作時・・・総額47万。1枚当たり94,000 (企画設計3万+12万+制作8万×4枚)
※あまりにデザインテイストが異なる場合はページごとの御見積となります
※別途進行管理費15~20%

弊社サービスについてはこちらから