リスティング広告運用代行・コンサルティング

リスティング広告とは、Yahoo!検索広告、Google広告を代表とした、検索結果ページ等に広告を掲載して集客を行うサービスです。

インターネットを利用して情報を探しているユーザの多くは、Google、Yahooに代表される検索エンジンを利用しており、これらのユーザを効率良く集客し、成果に導くための非常に効果的手法がリスティング広告です。

>>SEO・SEM・リスティング広告の違いについて

昨今ではユーザが検索を行う際の環境(デバイス)がパソコンだけではなく、スマートフォン、タブレット等が主流となっており、ユーザが利用するデバイスやキーワードをマッチさせる集客設定を行うことが成果を出す上で非常に重要となってきております。

弊社リスティング広告運用代行・コンサルティングの特長

アイデンティティ設計に基づく戦略
リスティング広告を実施する際にウェブサイトに記載されている情報からキーワードを選定することが多いのですが、弊社ではユーザの行動・心理状況を分析して作成するアイデンティティ設計を重要視しております。それにより、他の企業では導く事のできないキーワードを選定する事ができます。
アイデンティティ設計時では、ユーザの行動を軸に行います。キーワードの選定だけでは構築が難しい、リターゲティングの設定やディスプレイ広告の配信先選定にも効果を発揮します。
プロジェクトの内容や規模に応じて実施プランを作成します
リスティング広告はプロジェクトの内容や規模により戦略が大きく異なります。
プロジェクト単位で実施フローを作成し、貴社で最も効果が期待できるマーケティングプランをご提供致します。
特長

このような方にオススメします

今のリスティング広告に伸び悩みを感じている
リスティング広告の手法は日々進化しております。ユーザの検索行動も季節や外的要因(競合やニュース等)により変化するため、常に改善を行わないと成果は伸び悩んでしまいます。
リスティング広告の費用対効果が悪い
今のリスティング広告の運用にご不満をお持ちの企業様も多いかと思われます。弊社では1,000社を超えるSEM(リスティングを含む検索エンジンマーケティングの総称)の実績・ノウハウから、貴社のリスティング広告の費用対効果をどのようにすれば改善できるか最短でご提案いたします。
リスティング広告の成果は出ているのに売上が上がらない
目先の成果数を注視しすぎていて、大事な売上を伸ばすための施策ができていないケースがございます。最終成果につなげるため、より顧客単価を高めることを意識した最適化がリスティング広告では重要です。

リスティング広告運用代行・コンサルティングサービスの流れ

  1. プロジェクト設計
    現状数値や効果測定の方法、目標数値等をヒアリングし、プロジェクト成功に向けての評価指数(KGI/KPI)を設定します。
  2. アイデンティティ設計
    ウェブサイトの対象ユーザを明確にするために、ユーザの心理状況や行動仮説を分析し、「アイデンティティ設計」を作成します。
  3. 集客設定案の作成
    「アイデンティティ設計」に基づき、対象ユーザがウェブ上のどこに存在するのか、どのようなアプローチをするか、どのように成果につなげるのかを設計します。
  4. 運用管理&効果検証
    「ユーザ設計」「集客設計」に基づいて実際に集客を実施します。
    「プロジェクト設計」時の評価指数との差異を継続的に効果検証を行い、PDCAのサイクルで最適化します。

弊社の事例・実績

大手人材紹介会社様
大手ネット専業代理店を2~3社代理店移行を繰り返したが、大きな改善につながらず、CPA(1件あたりの獲得にかかるコスト)を下げつつ成果数の規模を拡大したい。
コンサルティング事例 大手人材紹介会社様
美容系サイト様
ビジネスの拡大を考えており、今の獲得コストを維持しながら、獲得規模を増加していきたい。
コンサルティング事例 美容系サイト様

広告運用に関する
お悩み・ご相談はお気軽にお問い合わせください。