ホームからサービスからウェブ動画マーケティングからウェブ動画が果たす役割

サービス

ウェブ動画マーケティング

ウェブ動画が果たす役割

新規顧客獲得メディアとの連動による効果最大化

WEB動画の公表成果数字

テレビCM、チラシ、DM、カタログ、新聞など各種媒体によって興味関心を喚起し、ウェブに流入してきたユーザーに対してウェブ動画で理解とモチベーションを高め、スムーズに行動へ誘導する一連の流れを構築することで、マーケティング効果を最大化することができます。

商品・サービスへの理解・共感を促進

テキスト情報や写真・イラストだけでは伝えきれない映像の強みを活かして、欲求を刺激します。 (例)肉の焼ける音→食べたい、ビールの泡立ち→飲みたい テキスト情報や写真・イラストだけでは伝えきれない映像の強みを活かして、欲求を刺激します。 (例)肉の焼ける音→食べたい、ビールの泡立ち→飲みたい

またテキストだけでは理解が難解な専門的な情報や研究開発の話を、ウェブ動画を使うことで誰にも分かりやすく伝えることができ、さらに動画の演出によっては理屈ではない感情へのアピールを実現することができます。

リアリティある映像による臨場感・信頼性の向上

現場の臨場感をそのまま伝えることで商品の魅力と理解を向上させることができます。
また利用者の体験談や効果実証を、リアリティとともに伝えることができ、ユーザーの行動を促進することができます。

WEB動画の公表成果数字

商品動画を用意することで、商品動画のない場合とくらべて、
  • ・85%購入する可能性が高くなる(オンラインゴルフ・ドット・コム)
  • ・平均にして2分間も長くサイトに留まり、さらに64%購入する可能性が高くなる。(コムスクエア調べ、2010年8月)
  • ・オンライン販売のコンバージョンが44%増加する。(シューライン・ドット・コム)
  • ・オンライン販売の売上が6~30%上昇する。(ザッポス、2009年12月)
  • ・電話による問合せ負荷が5%減少する。(デル)
  • ・電話による問合せ負荷が14%減少するという見込みが立っている(バージンモバイル、2011年)
  • ・検索結果の最初のページに登場する確率が53倍高くなるというSEO効果があり、集客数の増加が期待できる(フォレスターリサーチ社)

お問い合わせ

関連サービス

Services & Solutions

Official Account

プレミア Google Partner