手法の比較

既存サイトのスマートフォン対応の手法

既存のウェブサイトをスマートフォンに最適化する場合、主に3つの方法があります

専用サイト制作 HTML・CSS編集 コンバータツールの利用
最もスマートフォンに最適な掲載項目、レイアウトを実現できるが、更新時にPC・スマートフォンの2枚のHTMLを修正しなくてはならない。 PC用HTMLを作り直す。次回更新を行う際、PCスマートフォン同時に反映されるが、情報の優先順位や掲載項目をコントロールできない。 導入は簡単だが月額ランニングコストが発生。 金額はPVによって変動。 また、自動で変換されるので、希望通りに改善されない可能性がある。
レイアウトや掲載コンテンツ選択の自由度 低~中
制作における必要コスト・期間・原稿準備等の作業負荷
ページの更新の際の作業負荷
コンバージョン・成果の獲得効率
直帰率
今後、スマートフォンSEOの独自進化における対応性 低~中

※CMS(コンテンツマネジメントシステム・コンテンツの管理に特化したサイトプラットフォーム)を導入し、スマートフォン専用テンプレを用意して掲載内容はPCスマフォ共通で生成するのが運用・閲覧UI的にも最適化されたサイト