西村潤哉 2015年入社

MESSAGE 社員メッセージ

早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒。2015年にデジタルアイデンティティ入社。 2016年に新人王を受賞。2年目で史上最年少マネージャーに抜擢される。 現在はコンサルティング部門のマネージャーを担当しながら、新卒育成や採用プロジェクトに関わっている。

入社の決め手は”ポジション”と”人”

就活初めは大手思考だった

もともと私は超大手志向の人間で、 就職活動も大手しか見ておりませんでした。
最終的にM&Aを得意とする世界シェア第4位の 某大手企業に内定をいただき、就職活動を終えました。

超有名企業に内定をいただき、周りからも「勝ち組」扱いを受け、
かなり浮かれておりました(笑)

しかし次第に、人生残り40年ほど働くにあたって 果たしてこの生き方は楽しい人生なのかと思うようになりました。

「入口」で勝ち負けが決まる価値観に疑問。

早稲田大学に入学し、「早稲田」ブランドを手に入れたことで 色々な恩恵を受けた一方、何も成し遂げることができなかった、 夢すら持てない自分で、つまらない生活を送っている自覚がありました。

大企業に入ることで、幸せな人生を歩める人も多いと思います。
私は自分が弱い人間であると自覚しておりましたし、このままだと 大企業の看板にしがみつき、どんなに仕事がつまらなくても、 その看板を手放せず、無駄な「名誉とかプライド」を捨てきれずに ただただ時を過ごすことになる、そう思い就職活動をやり直すことに決めました。

就活再スタート!そんな中で出会ったデジタルアイデンティティ

再就職活動の軸として「自分を必要とし、活躍できるポジションが空いている環境」 と置き、就職活動をしているなかでデジタルアイデンティティという会社に出会いました。

当時はまだ未上場で、まだまだポジションはがら空き状態、 私のような赤い炎を燃やす人間が社内にはあまりおらず、ぜひ入社して活躍してほしい という話をいただきました。(※どちらかというと、目には見えないが内に秘める熱いものを持っている青い炎の人間が多いという話を当時してもらったのを記憶しております)
私は、必ずしも社内に切磋琢磨できる人間、優秀な先輩方が必要であると考えておりませんでした。 これまで多くの成功や失敗を経験してきた経営者の間近で働ける環境であれば、社内の人間に優秀な人がおらずとも、その経営者から直接学び取り、他人よりも大幅に成長できると考えておりました。
中でもデジタルアイデンティティは、ベンチャー企業によくあるワンマン社長系の会社ではなく、CEOが外資金融畑出身の堅実な人で、COOが総合代理店出身の勢いのある人で、 お互いがそれぞれ足りない部分を補い合っているという自覚を持った共同創業者でした。
そういった「人」としての姿勢に惚れ、さらに両者の良いところも学べる環境がここにはあると思い、入社を決意しました。

デジタルアイデンティティで成し遂げたいこと、それは次期社長

まずはデジタルアイデンティティの社長になりたいと考えております。

私が入社した時はまだ会社が未上場でしたが、現在は1部上場までしております。
1部上場企業で経営者を経験することは誰もができることではないので、このチャンスを是が非でも掴みにいこうと思っております。
また、私自身が後継者となることで、現在の取締役陣が他の新規事業に手を広げられ、会社としても更なる成長を見込むことができ、それが今の会社にできる最大限の貢献であるとも考えております。

 

就活生のみなさんへ

デジタルアイデンティティは1部上場している会社にはなりますが、まだまだ未成熟な組織です。
新卒が半分以上占める環境ですし、まだまだたくさんのポストが空いております。 そんな環境をチャンスととらえて楽しむことができる仲間と私は一緒に働きたいと思っております。


是非、選考でお会いできることを楽しみにしております。

 

ENTRYはこちら