松島樹 2019年入社

MEMBER

2019年に新卒6期生としてデジタルアイデンティティに入社。
入社後クリエイティブチームでディレクション業務を担当後、2019年7月より、新規事業部、AD Creative Div.のディレクション業務を担当。
AD Creative Div.として、役員直下で複数プロジェクトの広告効果改善に取り組みながら、東京本社の学生インターンの業務管理や、インバウンドマーケティングプロジェクトに関わっている。

新卒一年目から新規事業部に、その経緯は?

入社直後、未経験でWEBディレクターに

2019年4月に入社し、WEBサイト制作を中心に行うCreative Div.に配属になりました。
WEB制作領域に関して完全に未経験の状態でしたが、経験豊富な先輩ディレクターにサポートしていただきながら広告用のランディングページ制作のディレクション業務を中心に行ってきました。
当初、全く知見がない中でWEBディレクターが務まるのか?という不安はありましたが、先輩がしっかりサポートしてくださり、気軽に質問できる環境があったので日々成長を感じながら働くことが出来ました。

一年目で新規事業に立ち上げ。不安もあったがチャンスだと思った。

徐々に仕事に慣れ始めてきた入社3か月後の2019年7月に新規部署であるAD Creative Div.への異動の話をいただきました。
当初、仕事に徐々に慣れてきたとはいえ、同期と比べて自分だけが戦力化出来ていないのではないか?という漠然とした不安があったので、大きなチャンスを貰った!と感じました。
しかし、それと同時に今のデジタルアイデンティティにないプロダクトを新卒1年目の自分がメインで回していけるのか?という不安の方が大きかったです。

自分の成長がリアルに実感でき、素直に楽しい。

実際に新規部署で働き始めたら、最初に感じていた不安を忘れるほどに楽しさを感じました。
以前の部署とは違い、先輩に相談したらすべて解決するような環境ではないからこそ、自分の成長が素直に実感でき、それが純粋に楽しいと感じるようになりました。
それからはAD Creative業務以外でも自分がやりたいことや、会社から求められている業務に関わるチャンスがあれば、積極的に手を上げるマインドになりました。
大変なことも多いですが、その分達成感や充実感は以前の比にならないほど高くなりました。
また、役員直下の事業部ならではの仕事に対する質の高いフィードバックをもとに、自分の仕事のやり方や考え方をブラッシュアップするために自分で考える時間が作れるようになりました。
1年目からこの環境で働けることはかなり幸せだと感じています。

今後は新たな事業柱として、育てたい。

AD Creative事業は社内外からニーズある事業なのでしっかりとした体制を整えて、デジタルアイデンティティの新たな柱となるような事業部にしていきます。
現状、自分の成長が事業部の成長に直結する環境なので、圧倒的にスキルアップし、クライアントや社内での貢献度を可視化し、人員を増やすためにアピールしていくことが不可欠だと考えています。
個として成長したうえで役員に相談しながら強いチームを作っていくことを目標としています。

最後に学生のみなさんへ

就職活動を開始している皆さんの中にやりたいことが明確に決まってない方もいると思います。
私自身、学生時代はやりたい仕事が全く見つかっていない状態でした。
その中で「将来どういう人間になりたいか」という軸で就職活動を行ってきて、どんな形でもいいから会社だけではなく、社会に必要とされる市場価値の高い人間になりたいと考えていました。
ここだけ切り取ったら大層なことをいっている気がするのですが突き詰めるとカッコいい大人になりたかったんです。
やりたい仕事が決まっている人でも入社してからなにか違う、と感じて早くにやめてしまう人もいます。
なので職種で選ぶというより環境で選ぶことをおすすめします。
例えば「人に何かを教えられる人間」になりたい人は教師になっても企業の教育担当になっても自分のビジョンに近づけるのではないでしょうか。
大事なのは自分で考え抜いて自分で決めることだと思うので、皆さんの選択が今後の人生の良い選択になることを願っています。
デジタルアイデンティティは1年目からでも新しいことが出来るチャンスが転がっている会社です。
1年目から裁量がある仕事がやりたい方や、新しいことにチャレンジすることが好きな方にはすごくマッチしていると思います。
そんな方と一緒に働けることを楽しみにしています!

関連記事

カテゴリー

アーカイブ