佐野泰成 2015年入社

MEMBER

Consulting Div. マネージャー 佐野泰成
筑波大学情報学群卒
2015年新人王に1年目で選出され、 2018年年間Best Manager賞を獲得、 現在はConsulting Div. マネージャー。

現在の仕事

使命はより良いデジタルマーケティングの施策を行うこと。

クライントのweb上における集客課題を解決するための、デジタル広告を使った戦略構築・運用改善が主な仕事です。
やっている内容は少しわかりにくいかもしれませんが、簡単にいうとGoogle、Yahoo!、Youtube、LINE、Facebook、twitterなどWeb上にあるサービスを使って、集客のためにこれらを戦略的に組み合わせ、最適な集客方法を導き出していきます。 また、集客したサイトのデザイン、導線設計、KPIの構築もお手伝いすることが多いです。

現在私はConsulting div.に所属しており、お客様の窓口・相談相手として、現状の目標や課題、悩みを把握し、具体的な戦略に落とし込む役割を担っています。
コンサルタントは各分野のスペシャリストと連携し、より良いデジタルマーケティング施策を行っていくことを使命としています。

目指すは良き”相談相手”

自分がコンサルタントと名乗る以上はクライアントの良き”相談相手”であるべきだと思っています。 優秀な相談相手となるためには適切なコミュニケーションと、なにより広く深いデジタルマーケティング領域への知識と経験が必須になってくるので、日々の勉強だけは欠かさないようにようにしています。
元々、Consulting div. の前にAdstrategy div. という広告の戦略構築・効果改善を担う部署に所属しており、広告のスペシャリストとしての基礎知識・経験が今の自分の強みになっていると考えています。その強みを生かして、今はセミナー講師からサイト解析のアナリスト業務まで活躍の場所を広げることができています。

社内制度を利用し、自己成長を加速

デジタルアイデンティティの独自の制度として、コミット&チャレンジ(通称:コミチャレ)制度が挙げられます。

『コミチャレ』とは一定期間(通常であれば半年間ほど)、チャレンジを行う職種や目標を決めて、それに対してどこまでコミットできるかを社長・役員陣に精査、判断をしてもらう精度で、自らの役職や立場を大幅にステップアップさせて(例:通常社員→マネージャー、通常社員→マーケティングスペシャリスト)自己成長をいっきに加速させることができる制度です。

私は2年目にコミチャレを行い、新人社員からいっきにAdstrategy div.のマネージャーに昇進することができました。これにより、自らを責任ある立場とすることで、さらに目線が上がり、自己成長と会社の成長をよりつなげて考えられるようになりました。

今後は会社経営の中核を担う人材に

今年で新卒としてデジタルアイデンティティに入社し5年目となります。会社が若いので、年齢的にも5年目ですでに中堅ポジションとなっていますが(笑)、初心を忘れずさらに会社経営の中核を担っていけるように精進していきます。また、上記の通りまだまだ若く未熟な会社なので、会社の文化や制度を一緒に創り、成長していける仲間をお待ちしています!

関連記事

カテゴリー

アーカイブ