目指すものはDIという看板をつくることと真のデジタルマーケッターになること。

中川:今後二人はどうしていきたいと思ってるの?

西村:僕は入社理由とも重なるんだけど、看板を作りたい。
DIという看板で勝負できるようにしたい。

確かに個人の名前で戦えるのはDIのいいところかもしれないけど、
会社としてみた時に、看板として勝負できる会社じゃないと勝てない。

そして、僕は社内の人材の課題を解決したいと思ってる。
というのも、僕らに続く人たちがまだいない。
もし謙司さん(代表)が引退した際に俺らが率いていきますってなった時に
「右腕、左腕なし」みたいなことになってしまう。

第二の西村、第二の佐野、もしくは新しいタイプでも
中心になる人材を育てていかないといけない。
そこに向き合わないといけないと思っている。

佐野:DIの良いところってデジタルマーケティング全体を学べることだと思う。
大学で言うと全部履修して良いよって言う環境だね。
それ故、単位を取る事が難しくもあるし、履修の幅も広げないといけない。
そこが僕は面白いと思っていて、もっと極めていきたいなと思ってる。

中川:ソリューションの幅が広いっていうことかな?

佐野:それもあるけど僕は、真のデジタルマーケッターを作っていきたい。

佐野:デジマってソリューションの数が多くなりすぎているから、
リスティング広告、SEO、サイト制作だけみたいな、切り売りが多い。

切り売りはお客さんのためにならないし、
デジタルマーケ自体の質を落としてしまっていると思う。
研究書レベルの深掘った切り売りなら良いと思うけど、
それはデジマのとある領域でのスペシャリストですって言うのが正しい。

デジタルマーケティングのど真ん中を走りたい。
自分のレベルが上がったからこそ、そういうことを強く感じる。

なので、会社のメンバーに対しても厳しいかもしれません。
例え悪気がなかったとしても、間違った仮説を立てることは罪なので。

そういう人を正しい方向に導きたいと思っているし、そこが最終的に業界に求められていくと思っている。

学生のみなさんへ
DIは多様性が高く、挑戦させてくれる会社!

中川:最後にこれを読んでくれている学生の皆さんに一言どうぞ!

佐野:僕はこの会社で、結果を出す前提で、自分の挑戦や選択を否定されたことは、ほとんどありません。
ちゃんと信頼値が高い状態であれば、大体のトライはさせてもらえる。
こうなりたい等の明確な目標、ベンチャー精神がなくても、
一定の意識を持っている人であれば、周りがその辺を引き上げてくれる。

DIはまさに会社が育ててくれる環境だと思います。
僕自身もたくさん会社に育てられました。

西村:こんな共通項の少ない二人でも評価されるように、
DIは多様性が認められ、様々な人が様々な形で評価される。
それによって人材が一元化されていないという環境があります。
面白い会社なので、ぜひきて欲しいです!

中川:二人とも通常業務忙しい中、ありがとうねー!

DI史上最短、新卒2年目でマネージャーになった二人。
それぞれ異なる思いがありながらも、会社の中心を走り続けています!

今後の活躍にも期待大ですね!

マネージャーとしての苦悩や楽しみなども、二人に直接きいてみてください!

1 2

3