左:佐野泰成 2015年入社、1年目で新人王に選出され、 2018年年間Best Manager賞を獲得。2年目で史上最年少でマネージャーに抜擢。
現在はConsulting Div. マネージャー。
右:西村潤哉 2015年入社。 2016年に新人王を受賞。
2年目で史上最年少マネージャーに抜擢される。現在はConsulting Divのマネージャー。

DI史上最短 新卒2年目でマネージャーになった
会社の成長エンジン佐野、西村マネージャーに対談してもらいました!

普段、仕事や飲み会などで関わることはもちろん多い二人ですが
真面目にお互いのことや、想いを語り合う場は、実は少なかったのではないでしょうか。

5年間走り続け、今後も会社の中心となり、引っ張っていってくれるであろう二人のガチ対談です!
ファシリテーターを私がやらせていただきましたが、
すごく面白い内容に仕上がったと思います。必見です!

タイプは全く異なる二人!
そんな二人が互いに認め合う、いいところってどこ?

中川:同期でさらに同じタイミングでマネージャーになった二人。
自ずとお互いの存在を意識してきたと思うけど、お互いの良い部分ってどんなところ?

佐野:僕から話すね。西村のいいところは愛嬌があるところ。
これは人に許容される能力とも言い換えられると思っていて、その能力がすごく高い。
特に、セルフプロモーションが上手で、人とコミュニケーションを取る時に、
お互いのバランスをみながら話を進める様子には、いつも感心する。

西村:確かに…なるほどね。
佐野は、謙司さん(代表)も良く言っている事なんだけど、
確固たるマネージャーとしての姿を貫いている部分がすごい。
辛い時もあるだろうし、自分ができないこととか、知らないこともあるんだろうけど、その姿を見せない。
そういう自分について来いというスタンスはとても尊敬する。

自分の場合は「足るを知る」みたいな感じで、自分が全てできるわけではないと思ってて、
例えば、デジマ領域だと、数学・数字が得意ではないし、エクセルも得意ではないし、
管理画面向き合うの大嫌いだし、パソコン嫌いだし…

中川:パソコン嫌いなの?笑

西村:まじで嫌い。夕方から頭痛くなるし。

西村:そういう中で、自分の考え方や立ち居振る舞いが自ずと
佐野が言ってくれたようになっていった。
正直それ自体が自分の強みだとは思ってないんだよね。笑 

俺が自分の中で強みだと思っているのは、そうした柔軟性だね。
でもこれは弱みでもあって、佐野みたいに自分の背中を見せるのは難しい。

中川:西村が自分のことについて語ってくれたので、
佐野も自身のことについて、どうぞ。

佐野:僕は自分がどうこうというより環境がそうしてくれてる部分が大きいと考えてる。
元々マネージャーをやるタイプだったっていうのは、会社に入る前は見えなかった。

この会社に入社したのも、こうなりたいみたいな最終的な目標を明確に持っていたわけではなくて、
面白そうだなとか、組織づくり楽しそうだなとかって純粋な気持ちから入ってるんだよね。

佐野:でも逆にいうと、そういう自分がどう変化していくかを楽しみにしてる。
マネージャー観に関しては、仕事の難しさを感じている中で、
自分を保つために、自分の(核となる考え方、その姿勢)を作ろうと考えたんだ。

最初のうちはその軸を意識し、
​​​​​​それからはトラブルがあった時や、どれだけ多忙でも
心をどこまでを平穏に保ち続けれるかみたいなゲームをやってます。笑
心が荒れないように。
そうすると自然といい方向に流れていった。

中川:なるほどね。。
二人とも全く異なるタイプではあるけど、
成長や成果にこだわった結果が今の在り方って感じだね!

1

2 3