−−決め手はさまざま!DIを選んだ理由。

大植:裁量が大きいですね。就活では自分が日々成長できるかを軸にしていて、大企業に入るより、ベンチャーに入ったほうが、自分の仕事の裁量が増えてスキルが上がると思いました。

手嶋:僕は仕事もプライベートも全力で楽しみたかった。DIは仕事内容に打ち込めることはもちろん、社員のみんなが全力で仕事に打ち込んでいて、その部分に魅かれましたね。

信田:冬の1dayインターンに参加した際、社員さんの雰囲気がとても良かったから、ここに決めました!

大植:信田さんは他の会社のインターンも行ったって聞いたけど、他の会社は合わなかったの?

信田:合わなかったというより、DIがめっちゃ合ってたって感じかな笑 特に、馴れ合いじゃない仲の良さで、お互い切磋琢磨し合える関係性が素敵だと思った。

筒井:僕はどんなに忙しくても心が死なない会社がいいと思っていました。僕が就活で見た会社の中でDIの社員さんはとても生き生きと、楽しそうに働いていて、一緒に働きたいと思ったのが決め手です。

松島:僕は内定者のレベルが高いという点と働くイメージがつきやすかったという点ですね。特に後者は、DIは現場社員が面接するから実際の仕事内容や社風を聞きやすかったです。

−−実際、社風ってどうなの?満場一致で“良い人が多い”。

松島:新卒の教育は一人一人タイプに合わせて行っているなと思いました。あと、社員全員仲が良くて、自分とタイプが違う人であってもそれを尊重できる雰囲気がある。たまに、大学の同級生と話す機会があるんですが、嫌いな人や、馬が合わない同僚の話は頻繁に出る。そういう話を聞いて、うちはそういうのないなって感じてますね。

大植:僕が胸を張って言えるのは、DIは嫌味を言う人が一人もいないということですかね笑

手嶋:それはめっちゃ思う笑 あえて一言で表すなら、意識の高いお人好し集団って感じ笑

筒井:それは褒めてるのか……?笑 僕も大植くんと同じで嫌味を言う人は本当にいないと感じます。

信田:DIは社員さんが良い人なんだよね。一週間遅くまで仕事をやっていると同じチームじゃない人でも声をかけてくれて、私のこと見てくれてるんだって思える。手伝おうか?と言ってくれる人もいて、その心遣いでさらに頑張れる!

松島:じゃあ、印象としては優しい人が多いなって感じかな?

全員:まぁ、ざっくりいうと……笑

−−入社後辛かったこと。ベンチャーと覚悟していても、辛さはある(笑)

大植:もちろんベンチャーということで覚悟して入社したんですが、入社後すぐはプライベートと仕事の境目が分からなく(見えなくなった)なった時があって、その時はキツかったです。

手嶋:僕は学生から社会人になってアクセルを一気にかける時に、そこに順応するのに時間がかかりましたね。

筒井:僕も入社後すぐは辛かった。広告はとにかく知識が必要な業界で、かつDIはベンチャーで研修が完璧に整っている状態ではないので、最初は調べるために遅くまで残ったりしてました。知識がない時は結構しんどかったです。

松島:僕は、19卒は即戦力採用だったにも関わらず、自分自身が戦力化できてないなと感じていた時は精神的に辛かったです。

信田:私はSEO部署に配属された当初ですかね。私元々、人と話すのが好きじゃないんです。でもSEOってセミナーするし、クライアント先に行ってお話しもするから最初は苦しかった。でも、数をこなしていくうちに話すのにも慣れてきて最近は辛く無くなってきてる笑

−−会社に入ってよかったこと。それは成長実感と自由さ。

松島:僕は、嫌な人が一人もいないところと、日々成長実感が味わえるところですね。人間関係でストレスを感じることはほとんどないし、周りのレベルが高くて切磋琢磨し合えるのは本当に素晴らしいことだと思う。

筒井:僕はみんなが自由に働いているということと、その一方で個々の能力がしっかりしてて、きちんと自分のパフォーマンスが発揮できているところです!

手嶋:僕は今生活が充実していることです笑 というのも仕事も全力で打ち込めていて、プライベートも真剣に楽しめているから。大学ではこれという目標がなかったけど、今は与えられた目標に対して真剣に向き合って、そこから成長実感や達成感を感じることができていて、大学時代には得られなかった充実感を得られてますね。

大植:僕は一重に成長実感ですね。それ以上でもそれ以下でもない。

信田:早く金曜日になれって思う社会人になるのが嫌だったけど、今は会社に行くことに何の抵抗感もないので、そういう意味ではこの会社を選んで良かったなと思ってます。クライアント先に行くのはまだあまり乗り気ではないですが…笑

−−大学生のうちに必要なスキルってある?

松島:知識面に関しては実務をやりながらの方が身に付くし、特に大学生のうちにやることはないのかなと。仕事の効率化に関しては、エクセルやパワーポイント、タイピングの最低限のスキルはあった方が良かったかなと思ってます。

大植:自分も九州でAOさん(レポート作成要員)をしていて、そこで一日中エクセルを作ってたんで、その知識やスキルは役立ちましたね。

手嶋:僕は報連相ですね。自分でも報連相があまり得意ではなかった部分もあるんですが、チームで連携をする仕事が多い中で報連相のスキルはとても重要だなと思いました。このスキルは普段の心がけで身につけることができると思うので、今すぐでも実践して欲しい。

信田:私も報連相は重要だと思います。特にSEOはクライアントさんと連絡を取りつつ、サイトの施策を進めることが多いので、これができないとそもそも仕事が進まないんです。なので早め早めの連絡は日々心がけています。

筒井:僕は知識ベースのことは大学時代に身に着ける必要はないと思っていて、それよりは時間を使ってできることをやったほうがいいと思ってます。その時しかできない、サークルやバイトをした方がいいと思います。あと、社会人になって必要だなって感じたことは二つあって、一つはロジカルシンキング、もう一つはセルフマネジメントスキル。この二つは仕事をしている中で重要だと感じるし、人生に置いても重要だと思う。

松島:僕もセルフマネジメントスキルは大事だと思う。仕事において失敗はつきものだけれど、その時に自分の中でしっかりと区切りをつけれるかつけれないかはその後の仕事のパフォーマンスに関わってくるからね。

−−最後に就活生のみんなにメッセージをお願い!

大植:就職はゴールではないと思うので、自分の人生をどう色付けしていきたいのかを念頭に、企業を選んで欲しいと思います。後悔しない就活を!

手嶋:就活は自分を見つめ直すいい機会だと思います。就活を通してこれから自分の人生をどう歩んでいきたいかをじっくり考えて欲しいです。そして、考えた上で環境選びをすることが大事だと思います。

筒井:たとえ50社落ちようが、100社落ちようが自分にとって最高の1社に受かれば就活は勝ちです。僕も50社以上落ちてます。落ちた上で就活は総じてよかったなと思えています。結局、大学生のうちに見えているものはとても矮小なもので、就活は人生のたった一部分にしか過ぎません。就活で人生は終わりませんし、今の時代いくらでもやり直せます。思いつめすぎることなく、頑張ってください。

信田:私は就活で広告業界を見ていましたが、今実際に行っている業務は広告ではありません。それでも満足して働けているのは社員みなさんのおかげです。何をしたいかではなく、誰と働きたいか、それが重要だと思っています。会社選びをするときは何をやりたいかも、もちろん重要ですが、誰と働きたいかという視点も大事だと思います。就活頑張ってください!

松島:僕は紆余曲折あってこの会社を選びましたが、就活に関してはあまり迷いませんでした。就活していく中で、みんな言うことは違うし、やってることも違う。結局自分がその言葉や行動をどう噛み砕くかが重要だと思います。やりたいことよりも、なりたい姿を意識して就活を進めていってほしいと思います。

全員:おあとがよろしいようで!笑