悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

WEB広告の考え方~カスタマージャーニー編~

広告素材

はじめまして
デジタルアイデンティティのささこと申します。
このたび弊社では新たにWEB広告ブログを開設しました。
WEB広告業界についての最新知識や弊社での
最新事例を発信していきます。

記念すべき第1回目は弊社の独自メソッドである
アイデンティティ設計についてカスタマージャーニーを
絡めてご紹介していきます。

そもそもカスタマージャーニーとは

カスタマージャーニー Customer Journey 、直訳すると「顧客の旅」。
顧客がどのように商品やブランドとの接点を持って認知し、関心を持ち、
購入や登録に至るのか、というプロセスを指します。
顧客を可視化し、マーケティングを最適化することが
現在のデジタル社会では必須となっています。
船

なぜ可視化する必要があるのか

・ブランド・商品と顧客のあらゆるタッチポイントにおいて、
・どのようにしてブランドや商品と接触し、
・その時にどういう体験をして、
・どのような心理変化を起こすのか
・その時の潜在ニーズは何か、
・最終的に何がトリガーになって購入に至ったのか、
といったことが定まることで顧客へどうアプローチするのが最適なのかが見えてくるからです。

カスタマージャーニーの可視化に必要なこと

弊社ではカスタマージャーニーの可視化のために
「アイデンティティ設計」という考え方を使って
広告配信設計を行っています。
ターゲットを明確にし、各ニーズ・行動に適した媒体の選定・広告クリエイティブ制作を
企画・運用・開発していくことでレスポンスの効率が見込まれます。それぞれのユーザーステータスに
適したwebプロモーションを行うことで最適な効果を導くことが可能となるのです。

アイデンティティ設計の具体的な設計の仕方に
ついては別の機会に説明していきます!

関連記事