悩めるWEB担当者様のための最新ノウハウをお届け

Alipay(アリペイ)とは?中国で主流のスマホ決済システムについて

Alipay(アリペイ)とは?中国で主流のスマホ決済システムについて

こんにちは!
中国出身の洪です!今回は中国で大人気な「アリペイ」について簡単に紹介させていただきます。

1. Alipay(アリペイ)とは?

中国はスマホ決済が決済手段の主流

現在の中国では、QRコードによるスマホ決済が主流の決済手段となってます。
中国で人気な2大スマホ決済「Alipay(アリペイ)」と「Wechat Pay(微信支付/ウィーチャットペイ)」があります。
近年で、スマホ決済が安全性と便利性のために、中国で急速に普及しました。特に都市に、日常の買い物から、家賃の支払いまで、現金はほとんど目にすることがありません。代わりに、みんなスマホで決済します。ほぼすべてのを店舗で「Aliay」と「Wechat Pay」を対応をしています。

スマホ決済の普及のおかけで、中国人はますます財布を持たなくなりました。

Alipayはアリババグループ傘下のオンライン決済サービス

今度は、アリババ集団(阿里巴巴集団)の決済サービスAlipayを紹介させていただきます。

Alipay(アリペイ)は阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング)傘下のオンライン決済サービスです。

2004年に生まれて、Alipay(アリペイ)元々は中国のネット通販サイト「淘宝網」の「Paypal」みたいの決済サービスでした。
お客さんは商品を購入する時、先にAlipayに支払いします。販売業者はAlipayから支払完了通知を届いてから、商品を発送します。商品は無事に届けたら、お客さんの方で確認して、Apliayの方から販売業者に代金を振替します。

Alipayは大きくなってきたら、淘宝網から独立して、alibabaの子会社アント・フィナンシャル(Ant Financial)が運用することになりました。

現在Alipayはオンラインショッピングだけでなく、スマートフォンで実店舗でも決済方法として更に普及が進んでいます。

飲食、交通手段、病院、水光熱費など、日常的生活に「国民の電子財布」として、便利な存在です。

中国でスマホ決済Alipay(アリペイ)が普及した理由は?

何でもどこでも簡単決済!手数料も無料!

AlipayはQRコードベースの決済サービスです。お会計するとき、消費者が販売者のQRコードを読み取って、商家が消費者のAlipayのQRコードを読み取って、Alipay残高からお支払いします。手数料は全部無料です。
そのため、お釣りも出ませんし、お会計が速くできます。

現在の中国には、現金より、スマホ決済が主流です。デパートショッピング、レストラン、タクシー、映画館、ヘアーサロン、花屋、屋台まで、都市日常生活のほぼすべての決済がスマホでできます。
大都市に住んでいる人にとって、財布が不要になり、スマホだけで出かけます。なので、中国は「無現金社会」と呼ばれています。

公共料金、列車や飛行機、ホテルなどの予約・支払いも簡単にできる!

日常的な買い物以外でも、水道光熱費、家賃、携帯料金、インタネット料金やなど、交通違反の罰金支払いなど、すべて簡単にできます。
アリババグループは旅行専用プラットフォーム「Fliggy(飞猪)」(旧名称Alitrip、阿里旅行)を運用しています。Alipayのアプリに便利で列車や飛行機、ホテルの予約・支払いができます。ホテル予約なら、Fliggy(飞猪)以外の民宿サイトAirbnb(エアビーアンドビー)もアプリで予約できます。

簡単に銀行口座からチャージ

Alipayアカウントに複数のデビットカードとクレジットカードの銀行口座を紐づけられます。Alipayアカウント残高が足りない場合は、紐付けられた銀行口座から直接引き落しも可能です。
Alipayのチャージ、チャージしたお金は銀行口座に支払い戻し、複数の異なるカード間の送金でも

すべて手数料は無料です。

送金、クレジットカード返済など金融機能も充実

決済以外、個人間の送金サービスも頻繫に使われています。Alipayのユーザーの中に、無料で送金できるからです。割り勘の機能も果たしています。よくある使い方は、友達と一緒に外食するとき、別々のお会計は難しいので、一人が先に支払い、他の人はAlipayで先に支払った人に自分の分の金額を送金します。

それ以外にも、クレジットカード返済にも便利です。Alipayの残高から、または紐づけられデビットカードから、手動でクレジットカードを返済します。

利息が得られる預金サービス「余额宝(ユエバオ)」

アリペイにある預金サービス「余額宝(ユエバオ)」を使えば、チャージしておくだけで利息が貰える金融機能があります。
現在多くの中国人はお金に余裕がある場合は銀行預金ではなくて、Alipayに預金してしまいます。

理由は銀行の預金よりAlipayの中にある「余额宝」(ユエバオ)の利息が高いからです。
「余额宝」はアプリ内のある投資信託預金のような金融商品。普通にAlipayにチャージしたら、チャージした金額は自動で(設定であれば)余額宝という金融商品に変換されますが、この時に実質的には余額宝に投資したことになります。
消費者にとって、買い物と送金などに便利だし、預金した金額から毎日利息が得られます。

余額宝以外の投資商品もあります。
余额宝から、株、民間保険、基金購入など投資行動もできます。個人と家庭財富管理の意識が高い利用者は、単純な銀行預金より、より良い財富投資組み合わせを求めています。オンライン金融サービスは特に若者の中に人気があります。
Apliayは様々な投資行動をできるし、単純な決済ツールではなく、利用者にとって、便利な財富管理ツールです。

家族の代わりに支払う:親密付

Alipayは家族の代わりに支払いを行う機能があります。
配偶者、子供、両親、兄弟姉妹のAlipayアカウントと繋がって、相手の銀行口座が持っていなくてもAlipayアカウント同士の残高から引き落とします。
毎月の「親密付」限度額設定や通知メールが来る設定などができます。

支払い状況などから信用度を算出する社会信用スコア「芝麻信用」

芝麻信用はApliayの個人の信用状況を評価されている信用スコアです。
Alipayは消費偏好、人とのソーシャル活動、クレジットカード返済などのデータを分析して、「身分特質」「履約能力」「信用歴史」「人脈関係」「行為偏好」の5項目について、個人の点数を算出し、総合信用程度を評価しています。

オンラインクレジット払いサービスである「花唄」(ホア・ベイ)

サイトショッピング淘宝網(タオバオ)で買物をする際には、「花唄」決済を選択できます。買いた商品が届いた時の翌月に決済するということです。決済限度額は「芝麻信用」スコアによって、「芝麻信用」スコアが高いユーザーはがより高い決済限度額が使えます。

花唄(ホア・ベイ)はクレジットカードと同じく、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月分割払いの機能もあります。
花唄は自動返済機能があります。返済期日に自動でAlipayアカウント残高、銀行口座、余额宝から引落します。返済期日に残高足りない場合は、翌日にまだ自動で引落します。

Alipay(アリペイ)とWechat pay(微信支付)の違い

WeChat Pay(微信支付)とは、中国大手IT企業「テンセント」が運営している決済サービスです。WeChat (微信)は中国で最も人気なメッセージアプリで、日本でいえばLINEのようなアプリです。

WeChat Pay(微信支付)はほぼすべての実店舗などでの決済ができます。それ以外、クレジットカード返済、ホテル・飛行機予約、映画チケット、他人への送金、投資信託(預金サービス)、公共料金の支払いなどほとんどがApliayと同じようにできます。ただ、WeChatのメイン機能はソーシャルとコミュニケーションツールです。Alipayの豊富な金融機能より、WeChat Payはソーシャル機能が強いというイメージです。

WeChat Payは日常決済と他の人に送金などがよく利用される用途ですが、預金と投資高額決済ならAlipayの方が多いです。

中国旅行を便利に!Alipay(アリペイ)口座を開設するには?

スマホ決済が主流になってますので、中国旅行の際にAlipay口座を開設してみませか。
アリペイ登録の際に、中国の銀行口座が必要です。中国銀行や中国工商銀行は日本にも支店があります。ID、メールアドレス、携帯電話などアカウント情報を入力して、銀行口座を紐付けたら登録します。銀行口座からAlipay口座にチャージできます。

中国旅行の際に、スマホで店頭決済はよく利用される用途です。お店により二つの方法があります。
1つ目は、自分のアリペイのQRコードを店員さんに提示して、店員さんが読み取り機で読み込むと決済完了となります。
2つ目は、お店のレジ付近にスマホ決済用のQRコードを用紙などがありますので、アプリのスキャン機能でQRコードを読み取れば決済完了です。

中国から海外へ

スマホ決済は近年に中国で爆発的に普及しました。特に都市では財布を持たなくなり、現金は目に入りません。
どこでも、いつでもスマホで一瞬で決済できるからです。
スマホ決済は中国全土を席巻し、中国はキャッシェレス社会に進んでいます。
近年中国からの訪日客増えていますので、ローソンや免税店やレストランなど多くなお店にアリペイを導入しています。
日本だけではなく、タイ、台湾、韓国、香港、ヨーロッパなどにも中国観光客利便性を高めるため、アリペイを導入してるお店もたくさんあります。

アリペイは、スマホ決済に親しみ慣れた中国観光客に伴い、中国国内から、海外へ広がっています。

SEO無料セミナー

Keywords