ホームからサービスからSEOからSEOとSEMとの違い

サービス

SEO

SEOとSEMとの違い

検索エンジンマーケティングを行う上でよく聞かれる「SEO」と「SEM」という言葉の違いをご紹介します。

SEMとSEOの違い

近年、SEOやSEMといった言葉をよく耳にしますが、実際、その違いが何なのか理解していない方も多いかと思います。

SEMとは「Search Engine Marketing」の略称であり、検索エンジン上のマーケティングの総称です。リスティング広告やSEOを駆使して、ユーザを集客し、ログ解析、効果測定等のツールを利用して効果検証を行う、一連の流れを意味しています。そのため、SEOをSEMと並列した言葉だと考えている方もいるかと思いますが、それは間違いです。

SEOはSEMのマーケティング手段の1つであり、SEMはSEOやリスティング広告を含む上位的概念であると言えます。

SEOとリスティング広告の違い

SEOとリスティング広告は、ともに検索エンジン上で行うマーケティング手段ですが、それぞれ特徴があり、簡単に以下でまとめています。

費用

リスティング広告は、検索結果に表示される有料の広告枠であり、広告の出稿費用がかかり、クリックされると費用がかかります。一方、SEOはクリックされても費用はかかりませんが、サイト内改修や新規コンテンツの作成などへの費用が必要であり、現状のサイトの状態により費用が上下します。

クリック率

リスティング広告もSEOも上位に表示されればされるほど、クリックされます。ただし、ユーザーはリスティング広告よりも通常表示される検索結果を好んでクリックするため、クリック率はSEOの方がリスティング広告よりも高い傾向にあります。

コントロール性

リスティング広告では予算や入札額などの設定を変更できるため、いつでも順位をコントロールすることができます。一方、SEOでは、順位は検索エンジンのアルゴリズムによって決められるため、自ら順位をコントロールすることはできません。

細かい運用

リスティング広告はオークション制で表示位置が変わるため、競合状況によって変動します。そのため、入札額の変更など日々細かい運用が求められます。一方、SEOでは、サイト内改修を行ったからと言ってすぐに表示順位に反映されることはないため、リスティング広告のような細かい運用は必要ありませんが、競合上位サイトの状況やGoogleアナリティクス等によって得られる解析データを用いて、継続的にサイトをブラッシュアップしていく必要があります。

SEOとリスティング広告の使い分け

SEOとリスティング広告それぞれの特徴を活かして実施していくことが必要であり、通常、これらを柔軟に組み合わせて成果を最大化していくという取り組みが取られます。

細かい運用

リスティング広告は自らコントロールができ、即効性がありますが、人気キーワードなどになると特に費用がかかってしまうため、短期的な成果を求める場合に向いています。

SEOの主な使い時

SEOは施工に手間や時間がかかり、短期間ではなかなか成果はみられませんが、適切なSEO施策を行い、良質なコンテンツを作成すれば、安定して大きな成果を得られる可能性も高いため、中長期的な成果を求める場合に向いています。

お問い合わせ

関連サービス

Services & Solutions

Official Account

プレミア Google Partner