ホームからサービスからリスティング広告からリスティング広告の伸び悩み・検索規模の頭打ちへの対策

サービス

リスティング広告

リスティング広告の伸び悩み・検索規模の頭打ちへの対策

リスティング広告を中心として、主なウェブ広告における一般的な最適化は、直接的な成果獲得や集客の効率が良い広告メニュー・媒体・キーワードに集中化していき、直接効果に結びつきにくいものは精査していくという作業の繰り返しとなります。

リスティング広告で言えば、CPA(成果1件当たりにかかったコスト)の高いキーワードの入札額を落とし、その分の予算を効率の高いキーワードに寄せていくことで、全体のバランスを取っていくような流れになることが一般的です。

結果として、既存のターゲットユーザーにおける効率は最大化し、また目標とするCPAを守ることはできますが、一方で成果数の伸びに限界がきます。さらに競合他社と限られた市場内でのパイの奪い合いとなるため、成果数を毎月維持していくことも難しくなり、他社が大々的なプロモーションを実施した場合、一気にユーザーがそちらに流れてしまうことも懸念されます。

伸び悩み解決のためには、効率の最大化を図りながらも、同時に新たなターゲットの掘り起こし・ニーズの喚起に取り組んで行くことが必要になります。その為に、リスティング広告とともに下記の様な施策の導入が考えられます。

・アトリビューション分析による半潜在的ユーザーの発見
・メディア純広告、Googleディスプレイ広告、アドネットワークなどによるニーズの喚起
・指標を見直し、施策を一元管理した上でのPDCA

アトリビューション分析による半潜在的ユーザーの発見

リスティング広告のキーワード単位で言えば、「直接成果は少ないがアシスト数は多いキーワード」、「ブランド指名検索へ転換しやすいキーワード」を重視していくことで、半ば潜在的なユーザーを啓蒙していき、見込顧客化していくことができます。
またリスティング広告の中だけで判断するのではなく、施策全体で分析していくことが望ましいです。

アトリビューション分析による半潜在的ユーザーの発見

メディア純広告、Googleディスプレイ広告、アドネットワークなどによるニーズの喚起

メディア純広告、Googleディスプレイ広告、アドネットワークなどによるニーズの喚起

ニーズは抱えているが解決手段に思い至っていないユーザー(ニーズ顕在層)や、現時点ではニーズが無い・またはニーズを自覚していないユーザー(潜在層)など、リスティング広告ではアプローチが難しいユーザーの掘り起こしを行います。

指標を見直し、施策を一元管理した上でのPDCA

間接的な効果等を含めた中長期的な指標での評価レポート、各広告メニュー・媒体などを単体ではなくトータルして分析・管理する体制を構築して、運用していく必要があります

お問い合わせ

関連サービス

Services & Solutions

Official Account

プレミア Google Partner